できる生徒の特長3つ「これだけできれば誰でも優等生⁉」その③

成績アップの極意

この記事は4分で読めます。

「できる生徒の特長3つ」と題させていただきましたが、シリーズ最後の投稿になります。

前回までの内容は「タメ口を使わない」「素直」というものでしたが、最後はどんな特徴になるでしょう。

3つ目の特長は「人を上手に頼る」です。

聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥 ということわざがありますが、まさにその通りです。

誰かに聞くときには、気恥ずかしさを感じますがそれは一時です。

聞いた内容を理解することで、自身の知識が増え、今度は誰かに教えてあげることもできます。

しかし、最初の気恥ずかしさを乗り越えられなければ、その知識を得ることはできません。

優秀な子ほど、この気恥ずかしさを感じません。

彼らは誰かに聞くことを恥と思わないのです。

たとえ、自分より成績の悪い相手でも平然と聞きます。

それが自分のためになること、聞くことは恥ではないことを知っているからです。

塾の先生も学校の先生も生徒に聞かれたら丁寧に教えます。

もしわからないこと、説明に自信がないものがあれば、しっかり調べたうえで生徒に教えます。

みなさんはわからない言葉があったらどうしますか?

きっとスマホで検索するのではないですか?

勉強の仕方なども同じです。

私のところにお勧めの参考書を聞きにくる生徒は、全員成績が優秀な子たちでした。

上手に人を頼って自分のためになるアドバイスをもらう。そしてそれを忠実に守る。

優秀な子に多く見られる共通点です。

特にすごい子だと、お勧めの参考書を私に買えと言ってくる子もいます。買って塾に置くよういってくるのです。
後にも先にもそんな事言ってくる子は、ほかにいませんでした。
ちなみにその子にはお勧めの参考書を誕生日プレゼントで贈ってあげました。

3回に分けて優等生の習慣をお伝えしましたがどうでしたでしょうか?

この3つを実践できればあなたは間違いなく優等生になることができます。

もしこの内容に疑問があってもまずは実践してみることをお勧めします。

事前に全部理解したうえで実践する人はいません。まず実践し、体感することが肝要です。

ぜひ実践してみてください。

佐藤塾
長岡駅東口 徒歩1分
長岡市台町1丁目8ー21
富川ビル2階(美容室ローズ2階)
0258-88-9051

タイトルとURLをコピーしました