成績アップの秘訣!ノートの使い方

成績アップの極意

この記事は5分で読めます。

今日から数回にわたって、ノートの使い方について解説していきたいと思います。

ノートを見れば、その子のおおよその成績がわかります。

それくらいノートの使い方と成績は直結しているのです。

ノートは、ただ板書を写すだけでは成績アップにつながりません。

多くの子どもたちが、ノートの使い方について勘違いをしていますので、この場を借りてご説明します。

まず、基本的な内容から説明していきます。

①複数の科目を同じノートに書くな!

基本中の基本ですが、これは絶対条件です。

意外と同じノートを使っている子が多いので保護者様は気を付けてください。

ノートは必ず、1冊1冊で科目を分けましょう。

②ノートは綺麗にとるな!

成績の良くない子に多いのが、板書をとにかく綺麗に書き写す子です。

ノートを綺麗に書けて、それで満足してしまう子です。

ノートを綺麗に書くこと、それ自体は良いことですが、それが目的になってしまうと本末転倒です。

ノートは、自分が覚えるために書くものです。

書いて覚える。もしくは見直すために書きます。

丁寧にカラーペンを使い、要点を整理しても、覚えなければ何の意味もありません。

繰り返しますが、ノートは自分が覚えるために書きます。

極論、授業の内容を覚えていられるならノートは書く必要がありません。

綺麗に書くことに集中して、覚えられないなら書かない方が良いくらいです。

同じようなケースで、教科書に蛍光ペンや付箋をたくさん貼って満足する人がいますが、それも良くないです。

教科書もノートもテストの時に持ち込むことはできません。

自分の頭の中のノートに書くイメージでノートを使いましょう。

③先生の発言をメモしろ!

板書はあくまで教科書の内容の延長線上にあります。

つまり良くできた参考書と一緒なのです。

板書を写しているだけでは、参考書を写しているのと同じです。

しかし、先生の発言は違います。

『神は細部に宿る』と言いますが、先生がぽろっと言った一言に、重要な情報があります。

しかし、ただ板書を写すことに集中して、先生の話をよく聞いていない子は、その重要な情報を聞き逃してしまいます。

先生が話す一見無駄に思える話もよく聞き、ノートに書いてください。

先生の青春時代の話でも、旅行の話でも、子どもの話でもつまらない話であってもノートの片隅に書いてください。

もし、それができれば、それはあなたが先生の話を集中して聞けている証拠です。

カラーペンの種類は、2色までにしろ!

よく色とりどりのカラーペンで綺麗なノートを書いている人がいますが、良くないのですぐにやめてください。

カラーペンは2色まで!

赤と黄色、もしくは青の2色で十分です。

カラーペンは、重要な個所を目立たせるために使います。

何色も使って全部派手にしてしまっては、逆効果です。

なので、カラーペンは2色に限定し、本当に重要なポイントだけ赤、次に重要だと思えるポイントを黄色でマークしてください。

次回に続きます。

ホーム画面

無料体験・お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました