成績アップの秘訣!ノートの使い方~数学編~

成績アップの極意

この記事は3分で読めます。

今回は数学のノートの使い方について説明していきます。

まずは下の画像を見てください。

①計算はタテにしろ!

左の画像は、計算式の=(イコール)をタテに続けて計算することについて、良い例と悪い例が記されています。

数学の教科書や問題集の解答を見ると、=(イコール)がタテに続けて書かれていることがわかります。

それが数学の計算式を書くうえでの、重要なマナーだからです。

計算は必ず、タテにします。

ヨコにすると、計算ミスのもとです。

記述式のテストなどで、ヨコに続けて計算すると減点・×になる可能性もあります。

数学が苦手な子の大部分がヨコに計算している傾向があります。

逆に数学が得意な子は、必ずタテに計算しています。

数学の計算は必ずタテにしてください。それだけで成績は上がります!

②ノートは左半分を使い、続けで右側を使え!

右の画像をご覧ください。

その画像の通りです。

左半分を使ったら、→で繋げて右半分で続きを書きます。

大学受験をした人ならわかると思いますが、これも数学のマナーであり、常識です。

記述式の試験を受ける際は、この書き方をしないと余白が足りなくなる可能性もありますし、採点者が解放の手順を確認するのにも苦労します。

これは正解共通のマナーです。小学生でも中学生でもこの書き方をしましょう。

佐藤塾
長岡駅東口 徒歩1分
長岡市台町1丁目8ー21
富川ビル2階(美容室ローズ2階)
0258-88-9051

タイトルとURLをコピーしました