お悩み相談Q&A 「新潟大学に行きたいけど・・・」

受験対策

この記事は5分で読めます。

下記の記事は、某質問サイトに寄せられた質問に対して佐藤塾が解答したものです。

質問者
質問者

新潟県内の大学への進学を希望しているのですが、私は生物が好きで、大学でも生物系の学科がある大学に行こうと考えています。

 

理学部の生物がある新潟大学に行きたいのですが、行けるほどの学力もなく、

指定校の推薦で新潟薬科大学の応用生命学科に行こうと思ったのでが、

調べると立地も悪く、閉ざされた環境で他校との交流もほぼなく、私が好きな遺伝子系も微妙との事でした。

今から新潟大学の理学部を目指してもほぼ無理な様な気がするけど、新潟薬科大学で興味のない環境系や食品関係の勉強をするのも気が引けます。

もし指定校にしたらほぼ確実に受かるので、新潟大学を一般で受験する事も出来ないし、でも、新潟大学を受けても奇跡が起きないかぎり受かるかわからないです。

私の尊敬する先生が新潟大学の理学部出身なのもあって、新潟大学に行けるなら行きたいと思ってます。

どっちを選ぶべきでしょうか?

ぺん藤先生
ぺん藤先生

新潟県長岡市で塾経営をしている者です。
ぜひ、自分を信じて本当に行きたいところに向かって進んで下さい。

例え話になりますが、遠くにボールを投げようとする時、あなたはどこに向かって投げますか?

1メートル先を見つめますか?
それとも遥か先、地平線を見つめますか?

そして、どちらの時のボールがより遠く飛ぶか、あなたは過去の経験から知っているはずです。
当然遠くに向かって投げた方が、よく飛びますよね?

志望校も同じです。
より高みを目指せば必ず結果はついてきます。
逆に今から目標を落としたら、その目標以下のところにしか行けないかも知れません。
90点を目指して100点は取れませんが、100点を目指せば90点は取れます。

志望校を決めるのは、センター結果が出た来年の1月でも構いません。
今はまだ夏です。

時間は多いわけではありませんが、少ないわけでもありません。
今から本気になれば届くかもしれません。
しかし、諦めたら絶対に届きません。

当塾の講師2人は新潟大学出身ですが、彼らもずっとA判定だったというわけではありません。

夏までD判定で合格するなんでザラです。
去年指導して新潟大学に合格した子も、冬までぎりぎりの成績でした。
しかし、彼らは受かりました。
共通していたのは、目標を持って、日々努力を重ねたことです。

あなたもそれが出来るはずです。
学府の門戸は、努力する人間には広く開かれています。
後悔しないよう、精一杯頑張って下さい。

そうは言っても何からやったら良いかわからなければ相談に乗りますので、よかったら相談して下さい。

 

ホーム画面

無料体験・お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました