夏休みの取り組み報告!

佐藤塾情報

この記事は4分で読めます。

夏休みも残ることわずかとなってきました。

今回は小学生から高校生までの夏休みの学習の進み具合をご紹介していきたいと思います。

【小学生】

学校の宿題をすべての子が終わらせ、新学期に向けた学習を進めています。

特に、英語では『英単語10単語覚えるまで帰れま10』で、小学6年生の子たちは、この夏休みで160個以上の英単語の読み書きを完璧に覚えました。(8/20時点)

不規則変化動詞もほぼ完ぺきに覚えたので、「中学校に進学しても1年分の貯金ができました」と英語担当講師も得意げでした。

10月には英検がありますので、小学生は準2級、中学生は2級、高校生は準1級を目標に取り組んでいきたいと思います。

【中学生】

中学1年生は数学の取り組みがとても好調です。

中学1年間の範囲をこの夏に終わらせることを目標として進めていましたが、現在は1度範囲を戻り、より発展した難問に挑戦しています。

数学担当講師より段階的にヒントを与えられ、どの段階で誰が最初に解くかを競っています。

前回の定期テストで惜しくも1問だけ間違ってしまった子は、この夏で問題文を丁寧に読むことを先生より指導され着実に実力がついているのが伺えました。

皆やる気に満ちた表情で、新しい知識をどん欲に吸収している姿には、頼もしささえ感じます。

単なる知識の詰込みだけでは、見知らぬ問題形式で出題された場合、無力ですが、中学1年生たちは答えにたどり着くプロセス、思考の流れを学習しています。

この場合、全くの初見の問題でも与えられている情報を丁寧に紐解き、答えに自力でたどり着く力が身に付きます。

そういった意味では、当塾の中学1年生たちは同学年の子たちと大きく差を広げられたと確信しています。

中学3年生は5科目が1冊にまとまったテキストを使用し、3年間の復習を進めています。

3年間の総復習をすることで、自分がどの科目のどの範囲が苦手なのか客観的に学ぶことができます。

個別指導を選択している子は、その苦手なところを重点的に復習し『穴』を少しずつ着実に埋めています。

第二回統一模試がまたありますので、それまでに前回の模試で解けなかった部分を重点的に見直すよう指導しています。

前回の模試で大問1が全問正解でなかった塾生には必ず満点の30点をとれるよう、指導しています。

一般的に学習の成果は3か月遅れで出ると言われていますが、夏休み明けの学校のテストで学習の成果は出ると確信しています。

特に英語は3年間の総復習を終え、長文読解と実戦形式の指導に移行しています。

英語は大学入試までずっと必要な科目なので、高校受験だけでなくこの先も使える骨太な基礎力を身に着けてもらえればと思います。

また中学3年生は、受験生全員でボーリング大会を8月4日開催しました。

イベントを通して塾生間の絆も深まったと感じています。

まだまだ本番の入試まで日にちはありますが、このモチベーションを保ち、合格をもぎ取ってくれればと思います。

【高校生】

数学は青チャートを中心に学習を進めました。

現高校2年生には、中学3年の高校受験以降、一貫して青チャートの取り組みを進め、その成果が如実に出ていることが確認できます。

高校レベルの定期テストでは満点を取る塾生が続出し、着実に実力をつけています。

また英語では、単語の暗記学習を中心に進め、それと並行して英検受験も指導しています。

中学校の基礎が抜けている子もいるので、基礎から着実に指導しています。

現高校2年生は大学入試制度の変わる年代なので、どんな出題形式にも対応できるよう基礎と反復学習に重きを置いた指導を進めています。

一緒に高校入試を乗り切った仲間たちと切磋琢磨、時に和気あいあいとしている姿が目に入ります。

この夏残すところ少ないですが、更なる積み重ねを期待しています。

佐藤塾
長岡駅東口 徒歩1分
長岡市台町1丁目8ー21
富川ビル2階(美容室ローズ2階)
0258-88-9051

タイトルとURLをコピーしました