子どもの叱り方『7つのルール』

子育て

この記事は2分で読めます。

今回は叱り方のルールをご紹介します。

下記のルールを守れば、間違った叱り方には絶対になりません。

相手のために言っているのに、こちらの真意が伝わらなかったり、恨まれたりしたら嫌ですよね?
ぜひ、このルールを守って、お子さんと良好な親子関係を構築して下さい。

【7つの叱り方ルール】
①怒るではなく、叱る(感情の発散ではない)
②相手のことを想って叱る(自分のためではない)
③本気で叱る(歯切れが悪かったり、にやけながら叱るなら言わない方がいい)
④声を荒げず、短い言葉で叱る(相手の目をみて、ゆっくり話す)
⑤人の居ないところで叱る(場所を変えると本気度が子どもに伝わります)
⑥褒めてから叱る(とてもお勧めです)
⑦叱ったら、その3倍褒める

いかがでしたでしょうか?
「そんなのわかっているし、もう実践しているよ!」という方は大変すばらしいので、ぜひ続けてください。

叱るという行為は、叱る側にも大きなストレスを課します。

いつも叱ってばかりだと、お互いに良くありません。

叱る回数は少ないに越したことはありません。

親子なら叱った後に抱きしめてあげることも効果的です。

言葉使いに自信がない、上手に叱る自信がないという保護者様はわが子をゆっくり抱きしめてあげてください。最初は照れ臭がったり抵抗するかも知れませんが頑張ってください。

言葉を使わないコミュニケーションは飾らない分、強烈です。

勉強するにしても何をするにしても安心感は必要です。安心できる場所があるから挑戦できるのです。

それが親まで怒っていたり叱り続けたら逃げ場を失い、少しずつ離れて行ってしまいます。

そこで抱きしめるです。親の気持ちをダイレクトに相手に伝える方法です。

ぜひ実践してみてください。

ホーム画面

無料体験・お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました