公立と私立どちらがいいの?

受験対策

この記事は5分で読めます。

先日保護者様からいただいた質問に答えたいと思います。
まず大前提として都心と新潟県長岡市では事情が全く異なります。

中学校から説明しますが、長岡市には私立の中学校がありません。
中学校の偏差値的にも、附属、南、東、東北などが上位で、附属に至っては国立です。

附属に進学しない限り、地元の中学校に通う子が大部分でしょうし、それで良いと思います。

では、高校だとどうでしょうか?
新潟県内のランキングでは、新潟、新潟南、長岡、高田、新発田の順です。
そう、上位はすべて公立なのです。

特別部活動を頑張りたいなどの理由がなければ、私立の高校に進学するより、公立高校に進学した方が偏差値的に高いのです。

そのため、私は新潟県内なら迷わず公立・国立への進学を推奨しております。

では、都心ではどうでしょうか?
公立中学校はその地域の子どもたちが通う学校なのに対し、私立中学校は受験があるので、親の考え方や家庭環境、学力が似た子が通います。
新潟も高校に進学する際、受験により学力でふるいにかけられますが、都心は中学の時点でそれを経験します。

私立の方が学費が高いですが、学力が高く志がある子どもとその親が集まると考えれば、私立は良い環境と言えます。

人間は環境によって自分を変えます。
勉強をしない友人ができたら当然それに感化されます。

もちろん、人間的な度量の広さや見識を深めるのであれば、よりいろいろな人間が集まる公立の方が良いのでしょうが、そういったリスクも公立にはあります。(私立に全くないというわけではありません)

それらの理由から私は、都心では私立に通うことを推奨します。

もっとも、どんな環境でも自分をもって強く生きていけることが理想ですので、仮に都心在住であっても公立中学校に進学することもアリだと思います。

受験は子どもと親、両方に大きなストレスを課しますが、その先にあるのは自分とレベルの合う仲間たちとの出会いです。
その出会いは、その子が成長するうえでも、一生の思い出や仲間を作るうえでも重要です。
ぜひ高い目標を持って、受験に挑戦してください。

佐藤塾
長岡駅東口 徒歩1分
長岡市台町1丁目8ー21
富川ビル2階(美容室ローズ2階)
0258-88-9051

タイトルとURLをコピーしました