中3生必見!今すぐ理科の点数を上げたいならどこを勉強すれば良い?【新潟県高校入試】

新潟県高校入試

この記事は3分で読めます。

寒さが身に染みるようになってきました。
受験生たちは日に日に焦りを感じているころだろ思います。
漠然とした不安を抱え、日々悶々と生活している受験生たちに耳よりな情報を提供いたします。

その情報とは、『誰でもやればやるだけ点数が獲れる範囲』です。
本当は塾生のみに教える情報ですが、少しだけ公開します。

まず高校入試の理科

物理・化学・生物・地学の4分野からそれぞれ2問ずつ大問が出題されます。

2017年と2018年は総合問題が1題あり、物理・化学分野が2題ずつ、生物・地学分野が1題ずつとなっていましたが、2019年には従来のものに戻りました。ほぼこの法則に従って出題されます。

ちなみに物理の範囲の電流は毎年必ず出題されるので、より力を入れて取り組んでください。

その中で、必ず出る範囲とほぼ絶対出ない範囲がありますが、これは後に紹介する理科対策講座中で説明しますので、省略します。

今回紹介するのは、誰でも勉強したらしただけ点数が獲れる範囲の紹介です。
この範囲の良いところは計算問題がないところです。計算問題がある範囲は、全体的な理解が必要だったり、点数に結び付くまで一定の努力が求められます。
しかし、この範囲はやれば誰だって点数が伸びるのです。

もったい付けましたが、その範囲とはずばり『生物『地学』です。

この範囲は勉強が得意とか、苦手とか関係なく、やればやっただけ点数に繋がります。ずばりただの暗記なのです。
模試の結果で、ここの範囲の点数が低い人は反省する必要があります。単純に勉強不足です。

この2つの範囲だけはほとんど計算問題というものがありません。つまり法則や公式を理解する必要がないのです。計算がないので計算ミスもなく、単純に知識があれば解ける問題だけなのです。

佐藤塾ではeトレの利用を全教科無料にしています。また中3生は開校日はいつでも通塾自由です。
eトレで生物と地学の範囲を少なくとも2周することを推奨します。

この『生物』と『地学』にも頻出問題や、絶対出ない問題も新潟県の高校入試にはあります。
勉強する以上頻出範囲を優先的に取り組むことは重要ですよね。

ホーム画面

無料体験・お問い合わせ

佐藤塾
長岡駅東口 徒歩1分
長岡市台町1丁目8ー21
富川ビル2階(美容室ローズ2階)
0258-88-9051

タイトルとURLをコピーしました