新潟県高校入試社会科の傾向と対策

受験対策

この記事は3分で読めます。

昨日の台風は凄まじかったですね。
被災された方々の一日でも早い復興をお祈りします。

今日のテーマは新潟県高校入試社会科の傾向と対策です。

まず傾向ですが、全体的にまんべんなく出題されます。
これに尽きます。。
がっかりされた方が多いでしょうが、本当にこの通りなので他に表現のしようがありません。

社会科は歴史、地理、政治経済の分野から出題されます。
近代史の出題が少ないことを除けば本当にまんべんなく出題されるため、山を張るということはできません。

では対策はどうでしょうか?
これも残念ながら具体的な対策はありません。広範囲を知識の漏れがないように学習するしかありません。

じゃあ、社会科の点数を取るためのメソッドはないのでしょうか?
いえ、そんなことはありません。

メソッドと言ってよいのかはわかりませんが、勉強方法を工夫するだけで学習効率が大幅に良くなります。
その内容とは高校入試過去問10年分を単元別に取り組むことです。
これをすると、大体どういった問題が出るかわかります。

ポイントは年度別に取り組まないことです。
肝心なのは、単元別にするところにあります。
もしあなたが書店で過去問を10年分購入したなら、すぐにハサミで切って、紙にはりつけ、単元別に取り組んでください。

そうすればただやみくもに単元別に取り組むより圧倒的に高い学習効果が得られます。

佐藤塾では、過去問の傾向をまとめた独自対策プリントの作成をしています。
10月もそろそろ折り返し地点。
がんばれ受験生!

佐藤塾
長岡駅東口 徒歩1分
長岡市台町1丁目8ー21
富川ビル2階(美容室ローズ2階)
0258-88-9051

タイトルとURLをコピーしました