お母さん、その塾危険です!~受験に強い佐藤塾~

佐藤塾情報

この記事は3分で読めます。

世の中に学習塾は数多くありますが、それぞれ種類が違います。
大きく分けると「補習塾」「進学塾」の2つです。

中学生の指導を見たときに、定期テストに向けた学習をするのは「補習塾」に当たります。
長岡市の学習塾でシェア率が高い学習塾は、ほとんどが定期テストの得点アップを目的とした学習塾です。
定期テストの点数アップを目指すメリットは、子ども自身が学校で自信を持てるようになりますし、内申点が上がるので進学に有利になります。
デメリットとしては、そういった学習塾の多くが定期テスト対策しかできず、受験で失敗することが多いという点です。

塾経営者側の思惑もあります。
世のお母さん方の関心は、「定期テスト」の点数にあります。
そういった学習塾に多いのが、定期テストだと点数が取れるが、模試など総合力を試される試験になるとぼろぼろの成績を取り、本番の入試では今までとは違うテスト形式に対応できずぼろぼろ落ちてしまいます。
しかし、塾側としては受験の結果がどうであれ、中学校卒業してしまえばお客様ではなくなるので、極端な話結果はどうでも良いのです。

更にひどい話があります。
某大手個別指導塾の講師は、ほぼすべて学生バイトを使っていますが、そのバイトは生徒の定期テストの点数が上がるとポイントがもらえ、その1ポイントに付き5,000円の報酬が支払われるのです。
例えば、数学の点数が10点上がれば1ポイント、ほかに教えている子の数学が下がればマイナス1ポイント。合計0ポイントでボーナスはなしです。
やり手なバイト講師だと10ポイント以上荒稼ぎすることもあるらしいです。

一見、バイトのモチベーションと生徒の成績アップに効果的なシステムに思えますが、ここに大きな落とし穴があります。
数学を担当しているバイトは自分の指導教科のみの点数アップを目指し、生徒にほかの科目は勉強しなくてよいというのです。
言葉巧みに受験前でも自分の指導教科だけの点数を伸ばそうとするのです。全部自分の為です。


生徒「私、理科の成績が下がってて心配」
バイト講師「理科はテスト前に自分でテキストを確認すれば良いよ。とりあえず今は数学の点数を伸ばすことに集中しようね」

と苦手科目を克服したいという生徒の要望を無視して自分の担当科目だけをやらせようとします。

それを受験当日までやられた生徒側は大変です。
定期テストの成績だけを上げれば良いと教えられて、先生の言う通りにしてきたのに、本番で点数が取れず、落ちてしまうことが多々あるのです。

もちろん定期テストの点数は重要ですので、その為の成績を上げることは間違いではありません。
しかし、中学生のゴールは高校受験合格です。
そこをはき違え、目的(受験)と手段(定期テスト)を間違えてしまうようではいけません。

しかし、世の保護者様にそれに気が付けと言うのは無理な話です。
そこに意識が行くよう、塾側も煽っているのですから、余計気が付けません。

前置きが長くなりましたが、佐藤塾は「幼・小・中・高」の大学受験を目的とした一貫指導の進学塾です。
目的は国立大学進学です。

小学生のころから後々、その子のためになることを教えます。
それは学校のテストには出なかったり、小学生なのに高校の内容だったりもします。
事実、小学生で英検準2級をとっても、学校の成績には影響ありません。中学校に入ってからの授業で役立ちますが。
とりわけ、英語の早期学習の重要性を強くプッシュしていますが、数学や理科、社会、国語も同じです。

目指すところは志望大学の合格、そしてその後の生徒の幸せです。
学ぶことの楽しさを知ってもらい、学習を通して人間形成を図ります。

もうすぐ冬期ですが、高校入試の過去問解説講座や筆答対策講座なども検討しております。
受験を通して勉強の楽しさや真髄に触れてもらえればと思います。

明日から冬期講習の準備に集中しますので、しばらくブログは不定期更新になります。

Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.
挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。
アルバート・アインシュタイン

佐藤塾
長岡駅東口 徒歩1分
長岡市台町1丁目8ー21
富川ビル2階(美容室ローズ2階)
0258-88-9051

タイトルとURLをコピーしました