附属長岡中学校の入試を受けた君へ

小学生の問題に挑戦!

この記事は3分で読めます。

附属中学校の入試も終わり、結果はどうであれ一息ついたご家庭も多い事でしょう。
合格した君!
おめでとうございます。

その成功体験を次に生かせるよう慢心せず、入学までの期間中学校の内容をしっかり予習しましょう。
入学までの期間に数学は1次関数、英語は頻出英単語の動詞を300個(活用変化含め)を覚えることを一つの目安として取り組むことをおすすめします。

塾なら専用のテキストがありますので、どんどん自分のペースで学習を進められますが、
ご家庭で取り組む場合は薄めの中1範囲の問題集を買ってきてそれを繰り返しましょう。
間違っても厚い問題集は買わないように!

惜しくも不合格だった君!

今、君は本当の意味で試されています。

人の本質はうまくいった時ではなく、うまくいかない時に出てきます。
失敗してあきらめるのか、また挑戦するのか。

調子がいい時は誰でもうまくやれるものです。

例えば自分が幸せな時誰かを思いやることは容易いですが、つらい時誰かを思いやることは難しいです。
誰でもできることではありません。

失敗してくじけたとき、そこから立ち上がるのは勇気がいります。

しかし、立ち上がれた時、本当の強さを身に付けます。

敗れてなお、自分を卑下せず、前に進める人間はいつか本当の勝利をつかみます。

人生には苦しい事や悔しい事、納得がいかないことにあふれています。
しかし、そんなときも自分の感情に折り合いをつけ、前に進めるのであればその人の人生は実りあるものになるでしょう。

敗れてなお立ち上がった経験は
何にも代えがたい宝物です。

ぜひ顔を上げて前に進んでください。
佐藤塾では「挑戦」を何より大切にします。

安心してください。3年後、借りを返す時がちゃんとやってきます。
その時まで爪を研ぎ続けるのです。

まずは入学式までに中1の範囲を数学と英語は終わらせるのです。
大丈夫。2週間あれば終わります。
頑張ってください。
とりあえず一周することを意識してみてください。

ホーム画面

無料体験・お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました