入試前日はこう過ごせ!~絶対やってはいけないことその②~

受験対策

この記事は3分で読めます。

今日はセンター初日ですね!
例年センター試験の日は大雪が降りますが、今年は全国的に天気が穏やかで、受験生たちはよかったですね。

前回に引き続き、入試前の過ごし方についてご紹介していきたいと思います。

受験の鉄則なので、必ず守ってください。
第二の鉄則はこれです。

入試前日は新しい勉強をしてはいけない

意外に思われた方もいるかもしれませんが、これには2つの意味があります。

まず第一に受験は受験日前日に終わっているということです。
つまり、前日までにどこまで学習できたかで勝負はすでに決まっており、いまさら新しい知識を詰め込もうとしても、ほとんど意味を成さないということです。

直前になって無理なスケジュールで学習をしようとする人がいますが、ほとんど意味がありません。

例えるなら虫歯に近いです。

日ごろから歯磨きをサボっている人が、虫歯になって歯が痛み出してから一所懸命歯磨きをしたところで、意味がほとんど無いですねよ?

親や先生に「しっかり歯を磨きなさい」「このままだと虫歯になるよ」と口をすっぱくして言われても磨かなかった子が虫歯になってから慌てて磨いても、残念ながら虫歯が治ったりしないのと一緒です。

だから、前もって備えることが何より重要なのです。

センター試験を受けたことがある人ならわかると思いますが、優秀な受験生ほど受験会場に持っていく荷物は軽いです。
逆に広辞苑のような厚さの参考書を何冊も持ってきている人は、これまで勉強してこなかった人です。

いまさら新しい知識を入れようとしても、すぐに忘れますし、もっと優先してやるべきことがあります。

第二の理由は、
これまでやってきた勉強の見直しをやる必要があるからです。

違いノートの作り方については以前のブログでご紹介しましたが、受験の前には「間違いノート」の見直し、もしくは「英単語の見直し」程度にとどめておくべきです。

理由は新しい知識を入れようとするより、一度学んだ範囲を見直すほうがずっと覚えていられる確率が高いからです。

ぜひ実践して下さい。

Flatter me, and I may not believe you.
Criticize me, and I may not like you.
Ignore me, and I may not forgive you.
Encourage me, and I will not forget you.

お世辞を言われたら,あなたのことは信じない.
批判されれば,嫌いになる.
無視されれば,許さない.
勇気づけてくれれば,忘れない

ウィリアム・アーサー・ウォード

佐藤塾
長岡駅東口 徒歩1分
長岡市台町1丁目8ー21
富川ビル2階(美容室ローズ2階)
0258-88-9051

タイトルとURLをコピーしました