2020年8月指導報告(保護者向け)

佐藤塾情報

この記事は佐藤塾に通う塾生・保護者様向けの内容になります。
日々の学習状況をご確認いただき、ご家庭でのお子さんとの会話にご活用ください。
※個別指導分についてはプライバシーの観点から掲載しておりません。
生徒の名前はイニシャルにしております。

小学生

8/6(木) 16:10~17:00
小学生 英語
■日常英会話
■英単語作り

辞書を引きながら、たくさんの単語作りに挑戦しました。アルファベットのコマを並べながら、「あとYがあればあの単語になるのに!」など、一文字ずつ確認しながら単語を作っています。単語作りゲームは、つづりを覚える良いきっかけになっています。

8/13お盆休みのため休校

8/20(木) 16:10~17:00
小学生 英語
■日常英会話
■中1教科書理解

中1教科書本文は今回も一度で全て聞き取れました。本当に優秀です。

中1用のプリントで、単語練習をしました。つづりを覚えるのも今から慣れておけば中学入学後にとても役立ちます。皆、ギターとかバイオリンのつづりは覚えた!と達成感がありました。

8/27(木) 16:10~17:00
小学生 英語
■日常英会話
■中1教科書理解

What do you have?

What book do you have?

の違いを指導しました。

中1の教科書本文を、聞き取れるだけでなく上手に読むことができてます!

長﨑先生
長﨑先生

1つ上の先輩たちは定期テストで100点しかとっていないから、みんなもそうなれるよう今からしっかり英語の基礎を身に付けておこうね!

中学生

8/3(月) 18:45~19:35
中2 英語
■テスト範囲振り返り

テスト範囲が出ましたので、テスト範囲を完璧にすべく振り返って既習内容の確認を行ないました。単語の覚えも良く、文法事項もほぼ良く覚えていました。確認テストプリントでも大きな躓きがなく、よく出来ました!

特にSくんは宿題を一度も忘れず復習がしっかり行なわれているため、定着が素晴らしく良いです。

8/3(月) 19:45~20:35
中1 英語
■復習(一般動詞、複数形、命令文)
■月、季節

今までの内容を大まかに復習しました。理解度に多少のバラつきが見られます。宿題、宿題の再提出、復習をしっかりやりましょう。

月と季節のスペリングを短時間で集中して覚えました。「単語全部覚えるまで帰れま10」バージョンで行なったので、みんな「今日は帰れないかも、寝袋持ってこなきゃ…」と言いつつも、実際はよく覚えることができました!とてもユニークなメンバーで、楽しく競い合って取り組んでいます。

8/4(火)19:45〜20:35
中2 数学
合同

合同の証明について解説しました。2つの三角形が合同であることの証明ですが、明確なしきたりがあります。書き初めから書き終わりまで、一連の文章の流れがあります。

まずはそれを覚えて証明の正しい書き方を身に着けてほしいと思います。その後で、実際に証明に必要な条件が示されている部分を探す練習をして、正しい書き方で記すことが求められます。

証明は穴埋め問題でも必ず全文書いて練習するようにしましょう。

8/5(水) 19:45~20:35
中1 英語
■復習(動詞、形容詞、複数形、時間)
■月、季節

「単語テストをするので覚えてくる」宿題を、ちゃんと覚えてやってきていた子は単語テスト良くできました!女子ふたりは満点です。やってこなくても、結局困るのは自分ですから、自分のためにやってください。

テスト範囲の復習をすると大変良くできました!全員テストが9月初めなので、次回からもテスト対策になります。

8/5(水) 20:45~21:35
中2 英語
■there is / there are
■動名詞

テスト範囲の指導をしました。三単元や、過去形に直すことなどを間違えなければ、文法理解は素晴らしくよく出来ています。単熟語も強化して、抜けがないようにしていきます。

お互い良い意味で競い合えていて、全体的にレベルが高くなってきています。この調子でどんどん英語力がついていくようにサポートしていきます。

8/5(水) 19:45〜20:35
中2 数学
合同

合同の証明について練習しました。証明問題は、出題者側からこう書いてほしいといったテンプレが存在します。あまり意味がなさそうな細かい部分も非常に気にされます。

キーワードを意識して書き初めから、理由をつけて何が等しいかを合同条件を満たすまで書き出し、その合同条件より証明されるという流れは絶対に覚えましょう。

合同条件の「それぞれ」には注意です。

8/5(水) 20:45〜21:35
中1 数学
方程式

方程式の文章題について引き続き解説していきました。どんな内容の問題でも基本的には必ず求めたいものをxとおくことを徹底しました。

椅子に何人かずつ座らせたり、何個ずつか飴配ったりする問題ではその総量は変わらないことから等式を作ることを指導しました。

人があとから追いつく問題では、追いついたところまでのそれぞれの移動距離は等しいことを意識付けました。何が等しいかを考えることが重要です。

8/10(月) 18:45~19:35
中2 英語
■教科書本文理解

テスト範囲の教科書本文理解を行ないました。テストにもよく出てくる、この文の中のit(それ)とは、どれを指していますか?など、文章を正しく読み取れているか読解力を問う演習をしました。全体的に良くできました。Yes、Noで答える疑問文は主語を正しく見極めることが必要です。

8/10(月) 19:45~20:35
中1 英語
■月、季節
■身体の部位
■教科書本文理解

単語のつづりを多く覚える必要のある単元でした。学校の夏休み課題でも出ているので、ほぼ単語のつづりを覚えられています。どうやって覚えるかお互いにアイディアを出し合っているのが良かったです。

テスト範囲の教科書本文を正しく読めているか確認しました。よくできています!

8/11(火) 19:45〜20:35
中2 数学
合同の証明

合同であることを利用した証明について解説しました。
合同な図形の対応する辺の長さと角の大きさはそれぞれ等しいということから求められる問題です。
結局は合同を証明することと何も変わりません。ただ、どの図形とどの図形の合同を証明したらいいか自分で考える必要があります。

まだまだ証明の書き方に慣れていないようなので、穴埋めではなく全問全文書いて身につけていってほしいです。

8/12(水) 19:45〜20:35
中2 数学
合同の証明

前回に続き合同を利用した証明を行っていきました。証明を書くために、手順のどこにどんなフレーズが来るのか、書き始めから書き終わりまでの決まりきったフレーズを覚えるようにしましょう。

まだまだ合同条件とそれを満たすものが不揃いなことが多いです。

合同を証明したいのにそれが合同であることありきの内容は条件にならないので注意してください。

8/12(水)20:45〜21:35
中1 数学
方程式

物の売買による利益の問題について解説しました。

この手の問題では主に4種類の値が出てきます。仕入値、定価、売値、利益です。これらの意味についてよく理解しておくこと、それぞれどんな関係を持つか説明できるようにしておきましょう。求めるものをxと置くことはできるようになってます。

あとは問題文の言い換えです。数学的な力よりも日本語的な力を試される部分で躓いているように思いました。

8/12(水) 19:45~20:35
中1 英語
■テスト対策

テスト対策プリントで、テスト範囲を広く演習しました。文法は素晴らしくよく覚えられています。少し前の単元でも、思い出しながら良くできました。ただ、単熟語のつづりの覚えがまだまだ甘いです。時間はかかっても地道に努力しましょう。テスト一週間前にまでには完璧に!

8/12(水) 20:45~21:35
中2 英語
■テスト対策

テスト範囲であるBe動詞の過去形、過去進行形、whenを再確認しました。問題文をよく読まずに間違えるミスは本当にもったいないので、焦らずよく読む、本当に時制が合っているか?主語による動詞の変化は合っているか?つづりは合っているか?なんとなくではなく、きちんと考えて解けるようになると、もったいないミスが減るはずです。ただ、全体的に良く出来ていますのでこの調子です!

8/13~8/16お盆休みのため、休校

8/17(月) 18:45~19:35
中2 英語
■テスト対策

テスト範囲の文法事項をすべて書き出してみると思ったより多かったので、不安が残っているところがないか確認していきました。過去形、過去進行形、when、if、未来形、there is、must、think that、hope that、know thatなどです。「そういえばこれとこれの区別がイマイチわからない」と、自らの不安点があがったのでそれを解消できて良かったです。演習問題も集中して解けました!

8/17(月) 19:45~20:35
中1 英語
■テスト対策

テスト範囲をすべて書き出して確認しました。
He is、She is、何時、どこにある、曜日、教科、一般動詞、what文、複数形、いくつある、命令文などです。

テスト対策プリントを、各々のペースで行ないました。急ぎすぎて汚い字で読めなければ書き直しです。

文の途中で大文字、aが抜けている、ほんの1文字つづりが違うなど、ミスはとっても些細なものばかりです。でもミスはミスです。そういったミスを1つずつなくしていっています。一生懸命に取り組みました。

8/18(火)19:45〜20:35
中2 数学
合同の証明、連立方程式

合同の証明についてだいぶ書けるようになってきました。どこでどんな言葉を使うのかということが身についてきたように思います。

また、テストが近いので範囲である連立方程式の文章題を復習しました。特に割合が含まれる問題は要注意です。

求めるものを文字でおく、それを注釈としてちゃんと書くということが出来ていれば素晴らしいです。

8/19(水) 19:45~20:35
中1 英語
■テスト対策

テスト対策プリントで、テスト範囲演習の続きを行ないました。

MさんRさんRくんはスピードも正答率も競いあって頑張りました。Sくんは間違いのないよう、よく考えて字もきれいです。Yくんラストスパートの集中力は凄まじいものがありました。正答率もすごい!

皆すごい集中力でどんどんと演習問題を解き進めました。テストまでに単語のつづり含め、抜けがないように確認していきます。

8/19(水) 20:45~21:35
中2 英語
■テスト対策

テスト範囲をテスト対策プリントで指導しました。文法理解は充分です。単熟語がどうしてもまだまだ甘いので、そこも含めてよく覚えていきたいです。また繰り返しですが、テストの解答は誰が読んでも苦労なく読めるよう、まぎらわしい書き方がないようにすることも指導しました。

8/19(水)19:45〜20:35
中2 数学
二次方程式

二次方程式の文章題について復習しました。1名を除いて頭の中からすっぽり抜けてしまっているようでした。
方程式の文章題を解くために何を考えることが重要なのか今一度指導しました。
求めるものの確認と何についての文字式の関係を表すかということは特に重要です。

8/19(水) 20:45〜21:35
中1 数学
方程式、文字式の計算

文章題の解説と文字式の計算の復習を行いました。
文字式のルールに従って記号を省略するときとカッコを省くときのミスがいくらか目立ちました。

a×b÷4×b のような問題において無意識に(a×b)÷(4×b)と計算してしまっていました。次のテストでも100点を目指すためにも細かい箇所こそ丁寧に計算してほしいと思います。

8/21(金)19:45〜20:35
中1 数学
方程式

テスト範囲の復習として、文字式の計算と方程式の文章題について解説をしました。
今回のテスト範囲における関門は複雑な文字式の四則計算と割合の含まれる文章題です。

前者は単純に計算ミスが頻発し、しかもそれに気づきにくいタイプの問題です。見直しをするというよりは1回目の計算で絶対に間違えない心構えが大切です。

後者はxと割合を使っての乗除の式が立てられるかということと、何(単位)について文字式を立ててどれとイコールを結ぶべきなのか考えることが難しいです。

まだまだ100点取るには不足しているものが多いのでしっかりと補っていきたいです。

8/24(月) 18:45~19:35
中2 英語
■テスト対策

テスト範囲の重要単熟語を重点に指導しました。単熟語を正しく覚えても、その単熟語が過去形になって出てくるか進行形か、現在形で三単現の動詞変化があるか、気を付ける点はたくさんあります。なんとなくで解いているといつまでもケアレスミスは減りません。アンテナを張ってよく考えるようにしましょう。単熟語の覚えはすごく良かったです!

8/24(月) 19:45~20:35
中1 英語
■テスト対策

テスト範囲の単熟語を強化しました。テストでスペルミスでの失点は避けたいです。まだ単語のつづりを完全に覚えてないとわかった物は、まだ間に合うのでテストまでに完璧にしましょう。文法理解は大変に深いです。

8/25(火)19:45〜20:35
中2 数学
テスト対策

連立方程式の解説を行いました。
改めてになりますが、文章題を解くうえで必要な考え方や注目するポイント、用意しなければならない文字式を細かく解説しました。

今回の内容を参考にすることでどんな文章題も立式できるようになります。全体復習も含めてですが、特に他の生徒が解けない問題をどう解くかで差を広げたいです。

8/26(水) 19:45~20:35
中1 英語
■テスト対策

テスト範囲の重要単熟語指導と予想問題でテスト対策を行ないました。全体的に大変良くできました。単語のつづり練習は、塾の授業内ではなくむしろ授業以外の時間に自分でいかに練習したかが鍵です。テストのとき、3秒考えても分からないものはきっと覚えてなく、分からないです。常に覚えているか、正しく書けるか、意識していきましょう。

8/26(水) 20:45~21:35
中2 英語
■テスト対策

テスト範囲の重要単熟語を継続して指導しました。今回は全員、単熟語を正しく覚えるだけでなく文法に気を付けながら問題を解くことができていました。その意識を常に持つことが大事です。テストでもテストでなくても意識を持って臨んでください。

8/26(水)19:45〜20:35
中2 数学
テスト対策

テスト範囲の総復習をしました。

文字式の計算問題でのミスは本当にもったいないので絶対になくしてほしいです。複雑な計算問題ほど見直しをするというよりは、1回目で確実に答えを合わせるという意識が大切です。

連立方程式の文章題では、どこまでいっても割合が勝負の鍵になるのではないかと思います。百分率を使った方程式は直前に絶対に復習してください。やってもやっても足りることはないと思います。

8/26(水)20:45〜21:35
中1 数学
テスト対策

方程式の文章題の解説を含め、全体の総復習をしました。
情報の整理とそのやり方が特に重要で、一番差がつくところです。

宿題の問題がムズカシク誰も解けていませんでしたが、考え方と整理の仕方を教えることで類題が解けるようになりました。まだまだ演習量が不足しています。たとえどんな問題が来ても全部知ってる、一度解いたことあるといった状態にしてほしいと思います。

8/28(金)19:45〜20:35
中1 数学
テスト対策

テスト範囲の中で解いていない問題はもうないと思います。とにかく計算ミスが怖いだけなので、どれだけ正確にやって、どれだけ見直しで見つけられるかがポイントです。

新しく指導する内容はもう無いくらいテスト範囲の勉強はこなしてきました。100点目指して頑張ってください。

8/31(月) 18:45~19:35
中2 英語
■動名詞
■must / have to

東北中のテストが終わったので、南中のテスト範囲に移行して指導しました。どちらの単元も一度は学習した内容なので思い出しながら演習しましたが大変良くできました。また動名詞については今後to不定詞が出てくるので、後ろにing形しかこない単語・to動詞しかこない単語も今のうちにセットで覚えました。理解度は充分です。

8/31(月) 19:45~20:35
中1 英語
■テスト対策

テスト直前の最終チェックをしました。まちがえやすい単語のつづりチェックや、お互いに「この単語はきっと出てくるよね」と予想して確認したりしました。複数形にしていなかったり逆に単数なのに名詞を複数形にしてしまったりというケアレスミスが見られました。今日間違っていたところは再度見直して、テストに臨んで欲しいです。今回のテストは前回よりかなりレベルアップして難しいとは思いますが頑張ってください!

長﨑先生
長﨑先生

定期テスト範囲をがっつり復習しましたので、全員100点報告待ってるね!

清水先生
清水先生

合同まで範囲を進めましたが、テスト前はテスト範囲に戻り復習しました。問題演習もしっかりしましたので、テストで初めてみる問題はないはずです。あとは自己学習でしっかり範囲の復習をしてください。

高校生

8/3(月) 19:45~20:35
高校ベーシック 英語

まず、単語30個テストしました。
Hさん27点、Rさん30点でした。次に、動名詞の慣用表現を覚えてもらいました。最初に、動名詞とは何か、何とイコールかを確認しました。次に、一緒に発音し、2分声に出して、最後に口頭テストをしました。used toでユーストゥという発音の注意点や、toは前置詞であることを解説しました。補足として、前回be proud ofがよく出てきましたので、proudとprideについて語源を解説しました。プライドポテトを例に出しました。この表現はよく見かけるので、出てきたら、確認していきます。

8/3(月) 20:45~21:35
高校ベーシック 英語

分詞を解説しました。分詞を理解してもらえるように、分詞という単語の語源を解説しました。その後、現在分詞と過去分詞の違いを、「家を囲んでいる木々」と、「木々によって囲まれている家」という絵を書いて生徒さんに質問しながら分詞を判断してもらいました。問題は一緒に解きました。最後の方は自分でできました。最後にまとめをしました。

8/4(火)18:45〜19:35
高校ベーシック 数学
場合の数

円順列について解説しました。
横一列に並べる順列との違いから円順列に公式を考えていきました。また、円順列と言っても数珠や腕輪を作るような問題は裏返しても同じになることに注意することを指導しました。

順列だけでもまだまだ色々なパターンが存在します。最初から順に全部を理解しながら進めなければいけないということではないので、少しずつ問題に触れながら自分なりの計算の考え方を説明できるように練習していってほしいです。

8/4(火)20:45〜20:35
高3 センター数学
数列

予習復習授業演習と、数列を重点的にやることで少しずつ理解が深まってきています。既に一度はやったことのある問題ですが、これなんだっけと思うことも大事です。

これは答えを思い出そうとしているのではなく、その解き方を思い出そうとしているのです。これによって知識の定着と引き出す早さが訓練されます。

だからこそ同じ問題を何度も解くというのは非常に大切です。
数列以外の単元もやります。時間は余るということはありません。頑張りましょう。

8/5(水)18:45〜19:35
高3 数Ⅲ
微分

接戦と法線について解説しました。微分の定義から考える接線の式は必ず理解しておくように指導しました。
公式として暗記するのではなく、理解をもって利用できれば公式を覚えてなくても解けます。

細かい部分で知識の欠落がみられるものの、定義に沿った接線の理解はかなり深まったように思います。

8/10(月) 19:45~20:35
高校ベーシック 英語

まず、単語のテストを30問テストしました。中学校で習う、基本的な単語ですのできっちり覚えてもらいました。授業は大分進みましたので、最初の単元に戻ります。本日は、品詞、文型を解説しました。品詞は特に、形容詞と副詞を間違えやすいので、生徒さんに質問しながら区別を覚えてもらいました。文型は、第2文型で、動詞が一般動詞でも前と後ろがイコールなら第2文型であることを繰り返し強調しました。

8/10(月) 20:45~21:35
高校ベーシック 英語

文型の続きと、命令文を解説しました。文型は、同じ文型を選ぶ問題で、生徒さんそれぞれ戸惑いがありましたので、個別にサポートいたしました。中間に、品詞を正しく理解できたかの確認に、単語しりとり→単語しりとりで出た単語の品詞をそれぞれ生徒さんに答えてもらいました。名詞と動詞は良くできました。その後、まとめをしました。最後に、時間があまったので、命令文を解説しました。主語を抜く、動詞を原形にする、を強調しました。

8/11(火) 18:45〜19:35
高校ベーシック 数学
場合の数

組合せの問題を解説していきました。平行四辺形や三角形の個数、対角線の数を求める問題に取り組みましたが、この手の問題で重要なことは、組合せの問題であると認識できるかどうかです。
三角形何個作れるか?と考えるのではなく、三角形を作るために必要な頂点3つを選ぶという考え方、言い換えが必要です。

受験を意識するならば、初見の問題であってもどう言い換えようか考えてみる練習をしてほしいと思います。

8/11(火) 20:45〜21:35
高3 センター数学
数列

20点配点の数列だからこそなるべく時間をかけずに解ききりたいです。
漸化式の流れやΣ計算の式変形などある程度パターン化できるところは型にはめてしまうのも良いかと思います。

何点取れるかといったところから何分で解けるかというレベルまで辿り着けたのは素晴らしいです。

8/12(水)18:45〜19:35
高3 数Ⅲ
微分

接線、法線について引き続き問題演習を行っていきました。
合成関数の微分は常に問われ続けると思ってほしいです。これができる前提でもんだいが進行していきます。いろいろな関数の微分もだんだんと身につき計算も早くなってきています。より一層問題演習に励んで微分の引き出しを増やしていってほしいと思います。

8/13~8/16お盆休みのため、休校

8/17(月) 19:45~20:35
高校ベーシック 英語

まず、単語を30個テストしました。その後、文型と品詞の復習をしました。大事な所ですので、繰り返しました。
句と節の違い、形容詞と副詞の違いは、よく覚えています。
文型で、第1文型と第3文型でつまづきがありましたので、OとMの見分け方を解説しました。Oになれるのは、名詞と代名詞なので、それにtoなどのおまけがついていたら、Mと言うと、理解できました。

8/17(月) 20:45~21:35
高校ベーシック 英語

授業の冒頭で、文型の続きをしました。第4文型と第5文型を解説しました。
次に、品詞理解の補助として、形容詞ビンゴをしました。どういうものが形容詞なのか、というものを確認するためです。
25個の形容詞を紙に書いてもらい、ビンゴしました。その後、自動詞と他動詞、命令文、感嘆文をそれぞれ解説しました。

8/18(火)18:45〜19:35
高校ベーシック 数学
場合の数

グループ分けの組み合わせと同じものを含む順列について解説しました。
覚えてきた場合の数のパターンも多くなってきて、どの問題でどんなことをするのか判断が難しくなってきたと思います。

復習を挟みながら問題演習していくことで、こんな問題もあったなと確認しながら進めていきましょう。
一通り網羅したあとでがっつり全体復習をしたいと思います。

8/18(火)20:45〜21:35
高3 センター数学
数列

短い設定時間の中、初見の問題でも半分以上取れるようになってきました。今やっていることと同じことを他のすべての単元でもやらなければなりません。1回の授業で解ける問題には限りがあります。効率よく復習して学習のペースを上げていってほしいと思います。

数2Bやりすぎて1A忘れたということもないようにしてください。

8/20(木)18:45~19:35
高3 センター英語
・英単語301-500から20個テストしました。Kさん20点、Tさん10点、Aさん14点、K2さん19点でした。
・英単語501-600を覚えました。次回、講師が英語を発音して、生徒が日本語を書くテスト(501-600)すること告知しました。
・フォレスタ レベルチェックテストp40-42を解説しました。内容は名詞、形容詞、前置詞でした。
すべてイデオム的に覚える必要のある内容で、Kさん以外は全員正答率が低かったです。
・接続詞と副詞の区別ができていないと、2次試験で英作文を書くときに、カンマの位置等を間違えます。
・by carやgo to school、before dinnerなど機能に重きが置かれている場合は名詞の前に冠詞がつかない。
・run down のdown、jump intoのintoなど動詞にくっついてくる前置詞はイメージで覚える
・both of~、instead of~、by means of~、thanks to~、because of~、according of~、look forward to doing、 depend on~、 carry out 、remind 人 of~、これら基本中の基本を全く覚えていないので、正直頭が痛いです。


8/20(木)19:45~20:35
高3 センター英語

・第二回試行調査(共通テスト)P2~5をやりました。
・共通テスト(英語)は長文読解10個だけで構成されていて、センターとかなり異なります。また、センターと異なり、設問もすべて英語で書かれているので、まず、問題文の英語が理解できなければ、解けません。テスト前全体の構成も簡単なものから始まり、後半になるほど難しく、TOEIC にとても似ています。
ですので、最初のほうは、各長文(問題がそれぞれ2~3題くらいある)を5分くらいで、トントンと解いていかないと時間切れになります。
ただし、センターと比べると、単語は優しく、トリッキーな問題はないので、時間のマネージメントができれば、英語が得意な人は満点がとれてしまうような内容です。
・以上を踏まえて、今回は初回でしたので、問題文を1分で日本語に訳す。問題文を頭において、2分で長文の中から答えを探す。
関係ないところは、なるべく読まない。を繰り返しました。緊張感を持って、クイズのように解き続けるしかないのです。が、結果、ぼろぼろでした。

問1 The teacher wants you to ask Yasmin (  1  ) が、Kさん以外、訳せませんでした。
(正解は「先生はあなたに、ヤスミンに( 1 )を頼んでもらいたい。」です)
これは、want  人 to  do 「人に~をしてもらいたい」(中学2年生の文法事項)がわからないからです。
1問目からこの調子でしたので、相当、前途多難ですが、次回からも地道にやっていくしかありません。
・この日は長文2題を終えました。その中で、わからなかった単語は以下の通り
  farewell party  お別れ会      participant 参加者

       advisor アドバイザー                    look for を探す

       invite を招待する                          participate 参加する

       attend に出席する                        host 主催の

       belong to に所属する                    during の間

       notice お知らせ                            own 自身の

       call for を求む                              one another お互いに

Kさんは、おかしいことにinviteやone anotherなどの簡単な単語を知らないことが多いです。全員に、これらを必ず覚えてくるように、この日やったp2-5を復習してくることを宿題としました。
みんなが知らなかった単語も簡単なものばかりなので、1にも2にも単語です。次回単語テストで満点を、

p2~5の設問と、長文の中で答えに関わった部分の復習を完璧に、期待します。

8/21(金)18:45〜19:35
高校ベーシック 数学
場合の数

同じものを含む順列の復習と最短経路についての解説を行いました。

場合の数については多くを学んでだいぶ進歩したと思います。これからこれを利用して確率を解いていかなければなりません。中学時代の確率とは全く話が違います。ただ数えるだけでなく、論理的思考からどう計算できるかを常に意識して復習にも取り組んでいてほしいと思います。

8/21(金) 20:45〜21:35
高3 センター数学
数列

簡単だと断言した問題には簡単だと言える理由があります。なぜ簡単なのか、そういったアプローチから復習をしてみても効果はあると思います。今までやってきて、これからさらに新しいことはもう数列ではほぼ出てきません。

これなんだったけ、ああそうだったではなく、これはこうしてこう!!といったスムーズな解答を意識してください。2Bは特に時間がシビアです。えーっとを禁句にしてください。

8/24(月) 19:45~20:35
高校ベーシック 英語

まず、不規則に変化する動詞の現在形、過去形、過去分詞形のテストを行いました。
その後、自動詞と他動詞について解説、演習しました。
目的語をとるものは他動詞、とらないものは自動詞であることを繰り返し説明しました。
目的語は名詞か代名詞なので、目的語におまけがついていたら、自動詞、ついてなかったら他動詞だというとよく理解できたようです。

8/24(月) 20:45~21:35
高校ベーシック 英語

前の時間の続きです。冒頭に、形容詞ビンゴをして形容詞を覚えてもらいました。
その後、「横たわる」、「横たえる」、「上げる」、「上がる」について語呂合わせで覚えてもらいました。(「あがーる」→ア段→ラーイズ→riseなど)また、他動詞と間違いやすい自動詞、自動詞と間違いやすい他動詞、他動詞と自動詞で意味が異なる動詞を解説、演習しました。
良くできました。最後に時間が余りましたので、感嘆文を復習しました。

8/25(火)18:45〜19:35
高校ベーシック 数学
確率

確率の基本について中学の延長から始めて解説していきました。
最初確率とは何かはっきりと説明できていませんでしたが、これ解説したことで考え方に大まかな一貫性が生まれました。

また起こりうるすべての事象の確率の和は1であることを指導しましたが、これは確率でも余事象を使う上で必須なので絶対に覚えてほしいと思います。

順列や組み合わせについては解ける問題もかなり増えてきました。

8/25(火) 20:45〜21:35
高3 センター数学
ベクトル

2018年2017年のベクトルを解説しました。授業では久々のベクトルでしたが、成分表示も概ねできていました。
制限時間無く考えることができれば最後まで解けるだろうといった印象でした。

ベクトルは問題の誘導が比較的わかりやすく、また誘導の意図に気付けなくてもやってみたら後で全体像から理解できるような問題が多いです。まさしく復習すればするほど点数が上がりやすい単元であると思います。

数列も含めて、両方合わせて20分で解ければ最高です。

8/28(金)18:45〜19:35
高校ベーシック 数学
確率

和事象 積事象 排反事象について解説しました。2つの事象が互いに排反であるということを具体例を用いて考えていきました。基本の理解はできているので、あとは演習量を増やして応用まで幅が広げられるといいと思います。

8/28(金)20:45〜21:35
高3 センター数学
ベクトル

だいたい10分で半分まで解けるくらいです。力はついていますが、正直もう少しスピードがほしいです。

手が止まる時間をどれだけ少なくできるか、どれだけ書き続けていけるか意識してください。目標は数列とベクトル合わせて25分で35点です。

8/31(月) 19:45~20:35
高校ベーシック 英語

まず、不規則動詞のテストをしました。身に付いていないところがありますので、次回も同じ所をやります。
前回の復習の自動詞と他動詞を確認したあと、感嘆文、疑問文を解説しました。間接疑問文、否定疑問文、付加疑問文は混乱しやすいので、丁寧に解説しました。

8/31(月) 20:45~21:35
高校ベーシック 英語

まず、授業の冒頭で、品詞理解の為、副詞ビンゴをしました。次に、時制、現在完了形を解説、演習しました。
時制では現在形と現在進行形の違い、さまざまな未来の表し方を解説しました。完了形では、訳ではなく、イメージで捉えて欲しいことを、例を出してイメージを掴んでもらいました。

田中先生
田中先生

単語の暗記量がまだまだ足りません。

単語は自己学習で取り組んでもらいたいですが、なかなか定着しないので、授業でしっかりやることにしました。

文法も大切ですが、まずは英単語をしっかり身に付けることを優先してください。

清水先生
清水先生

点数が伸び悩んでいますが、地力は確実についてきています。点数に結びつくまで辛抱が必要ですが、悲観せずしっかりついてきてください。

タイトルとURLをコピーしました