2020年9月指導報告(保護者向け)

佐藤塾情報

この記事は佐藤塾に通う塾生・保護者様向けの内容になります。
日々の学習状況をご確認いただき、ご家庭でのお子さんとの会話にご活用ください。
※個別指導分についてはプライバシーの観点から掲載しておりません。
生徒の名前はイニシャルにしております。

小学生

9/1㈫ 18:45〜19:35

附属中対策 数学

この授業では基本的に過去問を用いて直接的に受験力を高めていきます。今回は四則計算と図形について解説しました。

四則計算のルールは問題なさそうでしたが、少し考えるともっと簡単に計算できる部分もあり、気付きの練習が必要そうでした。

展開図の問題では、それぞれの頂点がどこになるのかを示して考えるように指導しました。

9/3(木) 16:10~17:00

小学生 英語

■日常英会話
■中1教科書理解

What do you have?
What book do you have?

先週の続きを行ないました。
よく覚えていて、今日は

What 〇〇 do you like?
の、〇〇を自分で考えて、お互いに質問し合いました。

What color do you like?
What song do you like?など

質問は無限にできました!

9/8㈫ 18:45〜19:35

附属中対策 算数

3つの円が部分的に重なっている図形の一部分の面積を求める問題を解説しました。計算練習や文章題の練習は以前にしたことがあっても、こういった図形のある種パズルのような問題は初見なようでした。

補助線を引いて一部を移動させる動作が必要な問題でしたが、皆悩みに悩んで惜しいところまでいってくれました。限られた情報の中でどう考えるかといったことの重要性を身を持って学んでいってほしいと思います。

9/10(木) 16:10~17:00

小学生 英語

■日常英会話
■中1教科書理解

some 〇〇s
いくつかの〇〇

教科書本文の読み合わせはとてもよく出来ています。英文を見ながら、ほぼ完璧に読めます。また意味もすぐに理解できています。演習問題を解く、英文を書くというのはまだゆっくりですが、一年分の先取りなので徐々に慣れていければと思います。現段階ではこの上なく順調に予習ができています。

9/10 (木)17:10〜18:00

小学生 国語

敬語や慣用句についての宿題を解きました。

敬語は、概ね自力で解いていました。ただ、謙譲語のような、日常レベルであまり使わないと思われる用法は理解が少し足りてない様子でした。「うかがう」「参る」の違い等、普段学校で意識する機会も少ないかもしれませんが、将来必ず使うと思いますので、しっかり用法をマスターしてもらえたらと思います。

慣用句の意味は、使う場面をヒントでだしたら、自力でどんどん解いてくれました。

9/14(月) 16:10~17:00

小学生 英語(9/24分振替)

■日常英会話
■中1教科書理解
■単語テスト

some 〇〇s
いくつかの〇〇

今日は単語のつづりを覚えることに重点を置いて指導しました。書いているときは覚えたような気がしても、実際テストになるとつづりが出てこないということを実感したと思います。今日は12個の単語を覚え、正答率は4個~11個と、ばらつきがありました。Yさん、Sさん覚えがものすごく良かったです!これからも予習していきましょう。

9/15㈫ 18:45〜19:35

附属中対策 算数

規則性の問題は全員がその規則性を見つけることができていました。
割合の問題で掛けるのか割るのかわからなくなってしまうことがありました。そんなときは図や表を用いて視覚的に調べることも一つの手であると指導しました。

文章題についての考え方の仕組みは少しずつ受験レベルに対応してきていると思います。

9/17(木) 16:10~17:00

小学生 英語

■日常英会話
■中1教科書理解

any 〇〇s(いくつか~)

中1の教科書理解はもうすぐで教科書1冊の半分まで行きます。中1の教科書1冊、全てスムーズに読めて意味もわかっているという状態にします。今は正しい英文をしっかり体に染み込ませています。

9/29㈫ 18:45〜19:35

附属中対策 算数

計算問題でも面積の問題でも、似たような問題が出題されることが多いです。かっこでまとめてから計算すると簡単な問題は特に頻出です。

長方形を折り曲げたときの角度を求める問題や、正方形と扇形を合わせた面積の問題などはもはや伝統的と言っても過言ではないくらい昔から出題され続けています。

そういった重要類題について少しずつ理解と気付き深めていけているように思えます。

長﨑先生
長﨑先生

附属受験で一緒に頑張る仲間が増えました!

入試の過去問解説授業でめきめき実力をつけています!

中学生

9/1㈫ 20:45〜21:35

中2 数学
1次関数

1次関数について復習をしました。
傾き、変化の割合、切片、増加量といった言葉の意味と一般式、グラフの書き方まで復習しました。
一度授業を受けている子は完璧に対応できていました。
今回初めて1次関数に触れた子も1次関数がどんなものか、どんなことをしていくのか伝わったと思います。

9/2㈬ 19:45〜20:35

中2 数学

1次関数
グラフと変域について復習しました。主に用語の理解と活用についての復習になりますが、理解しているのとしていないのでは全く話が違ってきます。
完璧に理解ができていないと、いざ難問がきたときに問題文の意味すらわからなくなってしまいます。

暗記じゃなくて理解で覚えていってほしいです。そういった点がまだ少し甘いように感じました。

9/2㈬ 20:45〜21:35

中1 数学

文字式
食塩水にまつわる文字式の問題を解説しました。
今までなんとなくかけたり割ったりして求めていたけど、全部文字になった途端に全くわからなくなってしまうということが散見されました。

つまりどうしてその計算なのか理解できていないということです。

食塩水の量、含まれる食塩の量、濃度、この3つがどういう関係なのかしっかりと理解して計算できるように解説しました。

9/2(水) 19:45~20:35

中1 英語

■How much
■How about

「買い物をしよう」の単元で、〇〇はありますか?こちらはいかがですか?いくらですか?何円です、おつりです、などの会話表現を指導しました。

一つのものならHow much is this○○?
複数ならHow much are these○○s?

答え方も単数・複数で変わってくるということをきちんと理解できました。
宿題で定着をはかり、どんどん予習を進めていきます。

9/2(水) 20:45~21:35

中2 英語

■have to
■show/give 人・物

have toは理解が充分かだけ確認し、次のユニットに入りました。予習内容です。show人・物(人に物を見せる)は、show物to人に書き換えができることをよく理解しました。演習も全問正解でした!

Please○○.と、○○,please.の書き換えは皆引っかかっていましたので要チェックです。

9/3(水) 19:45~20:35

中1 英語

■How much
■How about

「買い物をしよう」の単元で、〇〇はありますか?こちらはいかがですか?いくらですか?何円です、おつりです、などの会話表現を指導しました。

一つのものならHow much is this○○?
複数ならHow much are these○○s?

答え方も単数・複数で変わってくるということをきちんと理解できました。
宿題で定着をはかり、どんどん予習を進めていきます。

9/3(水) 20:45~21:35

中2 英語

■have to
■show/give 人・物

have toは理解が充分かだけ確認し、次のユニットに入りました。予習内容です。show人・物(人に物を見せる)は、show物to人に書き換えができることをよく理解しました。演習も全問正解でした!

Please○○.と、○○,please.の書き換えは皆引っかかっていましたので要チェックです。

9/4㈮ 19:45〜20:35

中1 数学

方程式
文章題についての解説を行いました。原価と定価と実際の売値がある問題で、利益がいくらになったという説明について、この問題でいうところの利益とは何のことですかと質問したところ、誰一人答えることができませんでした。

計算練習も大事だけど、数学だからこそもっと日本語の意味を考えて理解するように努めてほしいと思います。特に今回の例は方程式を作るために不可欠な部分でした。

数学は思考放棄した瞬間から取り残されていってしまいます。苦しくても考え続けることをお願いします。

9/7(月) 18:45~19:35

中2 英語

■動名詞
■show 人・物、give A B,write A B,teach A B, buy A B

A(人)にB(物)をV(動詞)する形をさまざま演習しました。前回間違えていた書き換えも、「これ前に間違えたやつだ」と覚えていて、記憶に残っていたのでよく出来ました。最初から全て理解できなくても、間違えながら覚えていくことができています。

Sくんは宿題を忘れてきたことがありません。今回のテスト結果にもその成果がすぐに反映されましたね。この調子です!

9/7(月) 19:45~20:35

中1 英語
■who is~?

テストが返却された東北中の2名は、ともに100点でした!素晴らしい!よく頑張りましたね。この調子でどんどん予習を進めて一年生の内容を完了させ、二年生内容に進めていきたいです。

今日の授業内容も理解が早く、また4つの英文の暗唱も全員できました。正しい英文を多く覚えれば覚えるだけ、文法が間違っている文を読んだとき違和感が生まれます。今後もたくさんの英文にふれていきましょう。

9/8㈫ 20:45〜21:35

中2 数学

1次関数
1次関数の決定について解説演習しました。傾き 変化の割合 切片などの理解は十分であることが確認できました。1次関数の決定では一般式のどこに何を代入するかということを強調しました。復習を混ぜながら聞いて答えてを繰り返していきました。特に2点を通る場合の計算過程も正確にできるようになったことは大きな前進です。

9/9㈬ 19:45〜20:35

中2 数学
模試解説

全問解説をしました。ごく一部の問題を除けば決して難しい内容ではありませんでした。教科書、ワークレベルを逸脱した問題は2問ほどに留まっています。今までの学習内容をどれだけ理解して定着できているかといった指標になるかと思います。

特に文字式を使った説明が塾内での正答率が低かったです。この分野は文字式でどういうことを表現したいのか考えなければなりません。日本語の代わりに式で説明するという認識を全員強めていかなければならないと感じました。

9/9㈬ 20:45〜21:35

中1 数学
関数

比例式を学ぶために関数というものについて解説しました。
関数の第一歩を踏み出したわけですが、高3まで続く長い道のりであることを考えるとここで躓くようなことは決してあってはいけません。

丁寧に新しく登場した用語を覚えていきました。
変数や定数、変域といった用語を今回で覚えられたと思います。
自分で説明できるようになるのがベストなので、次回確認します。

9/9(水) 19:45~20:35

中1 英語

■I know her.

「私が」、「私の」、「私に」、「私のもの」で、英語がすべて違い、そのすべてを覚えます。
I,my,me,mine,you,your,you,yours…と、呪文のように繰り返し練習しました。
時間を要するかもしれませんがかならず自主学習ですべて覚えてきてください。今日の総まとめとして、

I am from Japan.
This is my book.
They know me.
This pen is mine.

この四文を覚えました。

9/9(水) 20:45~21:35

中2 英語

■模試解説

間違えたところを一つずつ解説、間違えてなくても再度本当に理解しているか解き直しました。中には、「今冷静に考えたらわかるのにどうしてその時これを書いたのか」と悔やむ声も聞こえました。でも入試でもその一回が勝負です。「なんとなく」で答えないこと、見直しで自分の書いた文を読んで正しい英文であるか、確認すること。次回の模試は5教科です。気を抜く暇はないと、分かってくれたはずです。

9/10(木) 17:10~18:00

中3英語

28年度入試過去問長文2つ

1つ目の長文は15分ほどで解き終えました。ほぼ正答です。間違えた1問も、瞬時に理解できました。2つ目の長文のほうが時間がかかるので、時間配分としても1問目がスムーズなのはとても良いです。

2つ目の長文は1問だけどうしても分からない!と悩んでいましたが、ヒントを出したらすぐに正解を導けました。

新出単熟語の覚えもよく、大変よく出来ています。

9/11㈮ 19:45〜20:35

中1 数学

比例の式

比例についていったいどういうものなのか解説しました。xとyの関係から始めて、比例定数についても言及していきました。

概ね比例の式のイメージは全員が掴めたかと思います。ここで身につけたものをグラフに落とし込む練習をしていきたいと思います。

xy平面における座標についても解説しました。用語の確認はしっかりと復習していきます。
数学に苦手意識を持ちやすい単元なだけに、中途半端にせずじっくり理解できるまで復習しましょう。

9/14(月) 18:45~19:35

中2英語

■look,feel,sound

look A (Aのように見える)
feel A (Aのように感じる、気分)
sound A (Aのように思える)

全てすぐに覚えて演習問題も完璧です。三単元でsをつけること、過去形(「~のように見えた」)のとき過去形にする、など変化も間違いなく解けています。集中もとても良いです!

9/14(月) 19:45~20:35

中1英語

■I,my,me,mine

前回の続きでまた呪文のようにI,my,me,mine,you,your,you,yours…と練習しました。

国語力も必要で、よくよく考えながらなので時間がかかっていますが、問題を解けば解くほど理解が深まります。宿題を必ずやって定着させていきましょう。

9/15㈫ 20:45〜21:35

中2 数学
1次関数

2元1次方程式のグラフと、連立方程式とグラフについて解説しました。

与えられた式をyについて解いてからグラフを考えるという流れはスムーズに導入できていました。しかし、肝心のyについて解く際に計算ミスがあり、非常にもったいないと感じています。今回のテスト範囲でもあり、また次回につながる部分なのでしっかりと復習を行っていきたいと思います。

また、連立方程式の解が直線の交点の座標になることを実際に書いて確かめました。

9/16㈬ 19:45〜20:35

中2 数学
1次関数

1次関数の交点と面積について解説しました。軸との荒天とはすなわち何が0なのかということと、各座標を用いてのxy平面上での図形の長さの求め方を指導しました。

グラフの見え方と座標の考え方の理解がが大きく進歩したように思います。これを継続して応用力まで身に着けていきたいです。

9/16㈬ 20:45〜21:35

中1 数学
模試解説

全問見直しをし、特に大問5と6について重点的に解説しました。
総評としては、計算ミスなく正しく文章を理解できれば90点は目指せる問題でした。

正答率の低い難問もこちらでヒントを交えながら大きく図示してみれば、それぞれ自分の力で解き方と解答を導くことができました。

こういった思考の順序を省みることは非常に重要で、それを効率的に養えるのが模試の解き直しだと思います。これからもっとたくさんの模試を受けていってほしと思います。

9/16(水) 19:45~20:35

中1 英語
■模試解説

夏期講座中に受験した模試の解説を行いました。90点超えが多く、よく出来ました。aやat、?が抜けていると部分点となり、△判定になっています。

△が多く、その小さなミスがなければほぼ満点だった塾生もいます。

細かな所にも気付いていけるように、また全体的に理解が深いかをしっかり今後も確認しながら進めたいと思います。

9/16(水) 20:45~21:35

中2 英語
■to不定詞、動名詞

to 動詞の原型で「~すること」の意味となることが、ing形(動名詞)と同じだということを既習内容として確認すると、Cさんがすぐにわかりました。

不定詞の初回でしたが全員飲み込みが早かったです。

この動詞の後はtoのみ、この動詞の後はingのみ、この動詞の後はtoもingも来る、という三種類を覚えました。

また授業の最後に不定詞のオリジナル英作文問題をお互いに作って解くと、全員よく出来ていました。

9/18㈮ 19:45〜20:35

中1 数学
比例の式

座標と比例の式のグラフについて解説しました。関数のグラフをかくということ自体が初めて経験するジャンルではありますが、座標についてしっかり理解しながら知識の吸収を行えていたように思います。

グラフ上の直線の式の見た目と比例定数についても解説し、大まかに直感的な関係を視覚的に捉えられるようになりました。

9/23(水) 19:45~20:35

中1 英語

■I,my,me,mine
■family

この単元の授業はもう三回目なので、ちゃんと身についたかどうかオリジナル英作文で確認しました。Iは主語なので、ここに来るはず、などのルールを理解できています。みんなのオリジナル文がユニークでした!

I,my,me,mineは三年間ずっと大事なので今のうちにしっかり覚えましょう。

9/23(水) 20:45~21:35

中2 英語
■to不定詞

前回の復習で、toしか取らない動詞、ingしか取らない動詞を覚えているか確認しました。to不定詞は3パターン(名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法)あり、役割や訳し方を理解しました。最後に問題をお互いに出し合い、理解度を確認しました。

言うまでもないことですが定着のために宿題は忘れずやってきてください。

9/23㈬ 19:45〜20:35

中2 数学
1次関数

1次関数のグラフを利用した問題について、座標を求めたり面積を求める問題を解説しました。かなり難易度が高めのオリジナル問題を用意しましたが、すべて考え方が重要なものでした。

最後の問題までたどりつけた方は、模範とすべき回答内容でした。
グラフ上に描かれる正方形の座標は変の長さが等しいことを活用し、面積を2等分する直線は対角線の交点を通ることを指導しました。

9/23㈬ 20:45〜21:35

中1 数学
比例の式

前回の復習とグラフと式について確認練習を行いました。

ここで一番重要なものは比例定数です。これが理解できているかどうかで正答率が全く違っていました。

また、比例の式ばっかりに意識がいってしまって単純な計算ミスや文字式の係数が1は省略することなどを忘れてしまうことがありました。

90点以上を前提として100点目指すためにはこういったミスをどれだけ減らしていけるかだと思います。

9/25㈮ 19:45〜20:35

中1 数学
反比例

反比例の式とグラフについて解説しました。比例の式との比較ができて、どう違うのかがわかるようになりました。グラフをかくときの注意点も細かく指導しました。

比例も反比例も式の形とグラフの形が頭の中で結びついてくると理解がどんどん進んでいきます。
式からグラフ、グラフから式といった練習をたくさんやっていきましょう。

9/28(月) 18:45~19:35

中2英語
■Unit6教科書理解

to不定詞が出てくる本文の理解を進めました。正しく訳すだけでなく、試験でも頻出の「このitは何を指しているか」など、細かいところまで読み取る練習をしました。全体的に良くできました。Sくんは特に集中力が高くて良いです。

9/28(月) 19:45~20:35

中1英語

■Where do you-?
■Where do you-?

どこで○○をしますか?
いつ○○をしますか?

大変良くできました!現状、躓きはないです。頻度を表すalways(いつも、常に)やusually(たいてい、だいたいいつも)の使い方、置く位置、その他の頻度の表し方など重要なので定着するようしっかり見ていきます。

9/29㈫ 20:45〜21:35

中2 数学
関数の利用

1次関数の文章題について解説しました。今回はろうそくが燃えて短くなる問題や水槽に水を入れる問題、人がもう一人に追いつく問題について解説しました。

どのタイプの問題についても文章から1次関数の式を立てることがスムーズにできていました。また、常にx,yの意味を意識できており、代入も完璧にできていました。

関数について何をすれば何がわかるといったことが身についてきていると思います。

9/30㈬ 19:45〜20:35

中2 数学
1次関数

前回に続き、追いつく問題と移動速度が変化する問題について解説していきました。グラフと問題文をリンクさせることは出来ています。

2点を通る直線の式を求めるといった考え方とその計算に課題が残っている印象でした。より細かく言及しながら理解度を上げていきたいと思います。

9/30㈬ 20:45〜21:35

中1 数学
比例と反比例

文章で説明されたことについて、yをxの式で表す練習をしました。重要なのは互いの関係を見抜くこと指導しました。xがどうなるとyになるのか、xとyをどうすると何ができるのか、どういった考えをもって素早く題意を捉える練習は今後においても必ず役立ちます。

9/30(水) 19:45~20:35

中1 英語

■When do you-?
■Where do you-?

前回からの続きなので、「覚えているかどうか」確認していきました。頻度を表すalways,usuallyを置く位置を間違えやすいですがそれ以外は大変良くできています。理解が早いですし、解くスピードも充分なのでどんどん進めています。

9/30(水) 20:45~21:35

中2 英語
■Unit6教科書理解

Unit6の内容は今日でもう完全に理解できました。単語の覚えも良いです。かなり先取りしていますので、これで学校の授業が楽だと思います。ここから先は比較級や受動態など覚えることが多い単元に入りますので、そこにしっかり時間をかけていきます。

長﨑先生
長﨑先生

定期テスト東北中100、100、100、92点!

みんな頑張りました!!

次も100点取ろうね!

清水先生
清水先生

ペース良く範囲を進められていますが、自分で復習してパターンが変わっても解けるようにしておく必要があります。

eトレを活用して単元別の理解を深めてください。

高校生

9/1㈫ 19:45〜20:35

高3 センター数学
ベクトル

30分あれば20点満点取れそうな感じです。本番を見据えるならたとえ全問とは言わなくても、15〜16点程度取れる部分まで10分でいきたいです。もっと誘導を利用して、考えなくていいところは考えないようにすることを指導しました。

9/2㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学
ベクトル

平面に垂直なベクトルを、異なる2つの平面上のベクトルとのそれぞれの内積によって求めたり、1つのベクトルをそれぞれ別々の内分点として求めたりするような問題は超頻出です。

これくらいできなければいけない、といった問題のラインがまだ低いような気がします。

9/3(木)18:45~19:35

9/3(木)19:45~20:35

高3 センター英語

・英単語601-820から20個テストしました。KKさん19点、Tさん9点、Aさん8点、IKとさん16点でした。

・英単語821-1030を覚えました。次回、講師が英語を発音して、生徒が日本語を書くテスト(821-1030)すること告知しました。

・第二回試行調査(共通テスト)P6~11で前回わからなかった単語とイデオムをテストしました。KKさん19点、Tさん8点、Aさん10点、IKさん18点でした。

・第二回試行調査(共通テスト)P12~15をやりました。

・この日は長文2題を終えました。その中で、わからなかった単語は長崎先生にお伝えしてある20個です。次回テストします。

全員に単語1-1100までのテスト形式のプリントを3セット渡しました。覚えられなかったら、そのうち2セットは宿題として提出すること。また、100個単位で、長崎先生に筆記か口頭でテストを受けて、満点だったら、そのプリントは宿題から外してもいいと伝えてあります。先回の宿題分はAさんだけ、やったけど持ってくるのを忘れたそうなので、明日確認してください。

クイズだと思って、①長文の最初説明文を読む ②問いを読んで、何を探すか理解する ③答えを文の中からさがすという流れは変わりませんが、かかる時間に個人差があります。KKさんとIKさんは少し退屈だと思います。

3回目とあって、問いの文章はみんな理解が早くなってきました。次回途中からは、大問の一つを通しでやらせてみたいと思います。

・なんとか9月中のあと3回で、英単語は1700の最後まで、たどり着きあとはひたすら復習というところに行きたいと思います。

・本当はイデオムでやらせようと思っていたのですが、あと4か月では荷が重すぎるので、イデオムについては、長文の中で出てきたものをその都度覚えることにします。

9/5(土) 13:10~14:00

センター英語リスニング
駿台共通テスト対策問題第1回

問1〜問3 (配点52点)

KKさん29点(56%)

Aさん 33点(63%)

Tさん15点(29%)

IKさん42点(81%)

まだ単語量が足りなくて、知らない単語が聞き取れない、また単語と単語がくっついているのが聞き取れない、という状態で練習不足です。一にもニにも単語です。単語力がつけば聞き取れる量も変わります。今、全員毎日必死に英単語を覚えていますのでそれを更にスピードアップして継続していってください。

9/7(月) 19:45~20:35

高校ベーシック 英語

今回は、現在完了形を演習しました。「カギを無くして、家に入れず、昨日と同じ服装」の人を例に取り、過去に行ったことが現在まで続いている、影響している時は現在完了形を使うことを解説しました。また、時間軸を書き、時間に、点ではなく、過去~現在までという幅を書き、幅があるというイメージを捉えてもらいました。さらに、have+過去(分詞形)という形になるので、話しているのは今だけど、過去も持っている(have)表現であることを解説しました。また、意味は3つに別れることを解説しました。正しく副詞を使い分けられ、演習は良くできていました。

9/7(月) 20:45~21:35

高校ベーシック 英語

現在完了進行形を解説、演習しました。状態動詞は現在完了形で継続を表せるが、動作動詞は現在完了進行形の助けが必要であることを解説しました。また、現在進行形の違いとして、「今、何読んでいるの?」と「最近、何読んでいるの?」という例を使って、先ほど捉えてもらった時間のイメージで判断してもらいました。ピンポイントなら、現在進行形、「最近」という幅のある時間なら現在完了進行形という具合です。また、進行形にできる動詞とできない動詞は、5秒ごとに中断、再開できるか判断すること(resemble→似る 5秒ごとに親に似たり似なくなったりは不可能→進行形にできない)は、よく覚えていました。全体的に、良くできていました。

9/8㈫ 19:45〜20:35

高3 センター数学

ベクトル

設問中の誘導を活かせるようになってきてるような気がします。普通だったら時間が足りなくなって当然と考えてほしいです。だからこそ時間短縮する方法がどこかにあるはずだと。誘導もその1つです。

直近で解説した問題をもう一度出題して、速度向上を図ります。既に伝えていることですが、改めて同じ問題を繰り返すことをしてほしいと思います。

9/8(火)19:45~20:35

高校数学ベーシック

1.数直線上の点の移動 2.条件付き確率その1

数直線の方は、まず回数を調べて、次にその回数になる確率を計算する。確率の計算方法にまだ練習が必要そうです。

条件付きの方は、ベン図のイメージ、一覧表を作る。その1の内容では問題ないかと思いました。

9/9㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学
確率

2007〜2009年の確率を解説しました。この年代の確率は期待値を求める流れの設問が主流でした。制限時間10分設けましたが、全員時間内に解くことができませんでした。

配点20〜25点の割に必要な計算量や問題数が少なく、非常に得点の時間効率が高いです。
内容も解き方を知ってるか知ってないか程度で、決してひらめきが必要な問題ではありません。
確率に限らず、もう少し流れを読めるようになったら全体的な点数も上がると思います。

9/10(木)18:45~19:35

9/10(木)19:45~20:35

高3 センター英語

・英単語801-1030から20個テストしました。KKさん20点、Tさん5点、Aさん12点、IKさん20点でした。

・英単語1031-1300の用紙をわたしました。次回、講師が英語を発音して、生徒が日本語を書くテスト(1030-1300)すること告知しました。

・第二回試行調査(共通テスト)P12~15で前回わからなかった単語とイデオムをテストしました。KKさん10点中9点、Tさん5点、Aさん5点、IKさん7点でした。

・第二回試行調査(共通テスト)P16~23をやりました。「第5問」は一度読んで、単語は伝えましたが、各問題の解説はまだです。

 次回は「第5問」の解説からやります。

徐々に自分でやる部分を増やしています。今日は、「第4問」は初めに単語の解説などをして、本文を読んでから、問題を解かせましたが、

「第5問」は、初めから、自分で読んで解かせました。Tさんは時間がたりなかったようですが、これ以上は合わせていられないので、今後は標準時間を気にして、解かせようと思います。

9/11(金)18:45~19:35

高校数学ベーシック

場合分けが必要な条件付き確率。樹形図。
難易度が上の問題(比率)

「AかつB」と「AのときB」の違いが伝わっていないようでした。

その1と同様に一覧表を作るのが良いと伝えました。
演習問題にひねりがあったため苦戦。しかし重大な問題ではないように見受けられました。

9/14(月) 19:45~20:35

高校ベーシック 英語

今回は、過去完了形を解説、演習しました。まず、口頭で不規則動詞の活用を一緒に確認しました。次に、「彼女はその時までに5年間東京に住んだことになります。」という文を使って、住み始めたのは過去、5年経った「その時」も過去、つまり、現在をからめず、過去から過去の繋がりをもった英文の時に使うことを生徒さんに質問しながら、イメージを持ってもらいました。演習では、だんだんと過去完了形のイメージやコツを掴めていることが伺えました。

9/14(月) 20:45~21:35

高校ベーシック 英語

先ほどの時間の演習の続きをしました。答え合わせのときは、過去完了形のどの用法なのかも、答えと共に生徒さんに答えてもらいました。最後の方は、用法も答えも良くできました。文法として、大過去を解説しました。

9/15㈫ 19:45〜20:35

高3センター数学

1A図形
三角比を用いた図形の問題は、近年その配点が減っていて大体15点分です。内容としても複雑な過程を必要とするものは少なく、基礎力があれば十分解ける問題です。
7分制限でやってみましたが、最後の問題までは行くけどそこで時間切れということが多かったです。
遅くても10分で方を付けたいとなると、もう少し最終問題の流れに慣れたいところです。

9/15(火)19:45~20:35

高校数学ベーシック

三角比
新しい範囲:数I:図形と計量。相似(中学)→三角比(高1)→三角関数(高2)という数学の文脈をかなり強調しました。そちらに力点をまわし、テキストはほとんど進めませんでした。

SinCosTanの覚え方について、学校や先生によって語呂合わせ(?)が色々あるようです。

9/16㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学

1A 図形

前回に引き続き同じ大問を解説していきました。時間が足りなくなることの原因として、一度手が止まってしまうとなかなかそこから脱出ができないということがしばしば見受けられます。

ちょっとした視点の変更や今一度図形を書き直してみる、図示するものを限定してみるなど、悩むにしても手を止めずに色々やってみるという訓練が必要であるように思えました。

9/17(木)18:45~19:35

9/17(木)19:45~20:35

高3 センター英語

・英単語1031-1300から20個テストしました。KKさん16点、Tさん10点、Aさん12点、IKさん13点でした。

・英単語1301-1510の用紙をわたしました。次回、講師が英語を発音して、生徒が日本語を書くテスト(1030-1300)すること告知しました。

・第二回試行調査(共通テスト)P16~23で前回わからなかった単語とイデオムをテストしました。KKさん10点中9点、Tさん3点、Aさん3点、IKさん9点でした。

・第二回試行調査(共通テスト)P20~26をやりました。「第6問」Aは自力で11分で解いて、単語は伝えましたが、各問題の解説はまだです。

 次回は「第6問」Aの解説からやります。

複数の答えを選ぶ問題はほぼ全滅でした。文と選択肢を正確に読むことが必要です。

また、時間を意識して解くのが今後の課題です。

9/18(金)18:45~19:35

高校数学ベーシック

三角比
辺の比率を求める。比率と角度の対応関係を理解する

「2つの辺の比率」と「角度」が対応している、比率と角度は別物である、ということに苦戦しているようです。

また、直角三角形が傾いていたり反転していたりすると、混乱しやすいです。

9/19(土) 13:10~14:00

9/19(土) 15:10~16:00(9/12振替)

センター英語リスニング

駿台共通テスト対策問題第1回

問4〜問6 (配点48点)

KKさん28点(59%)

Aさん 26点(54%)

Tさん28点(58%)

IKさん30点(63%)

単語力の強化がまだまだ必要です。Tさんは最近、英単語もかなり頑張って覚えていますし、リスニングも少しずつ伸びてきているのは感じます。

ですが全体的にまだ勘で答えたり、何か分からない単語が出るとそこから集中が途中で途切れたりというところはありますので、今後も訓練が必要です。

放送文の原稿を見ないで一回、見て一回、CDのあとにつづいて発音練習(シャドウイング)しました。単語がつながっている部分は何回か聞き、耳慣れさせています。

9/23㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学
2B微積

基本的に計算量が多く、愚直に進めようとしても時間が足りなくなりがちです。回答欄を考慮した上でどんな形どんな計算になりそうか、あるいはどんな過程がありそうかといったことを考えなければなりません。

できるだけ頭の中でその道すじを簡略化して行く練習がまだまだ必要そうです。また、次から「なんだっけ」を禁句にします。

9/24(木)18:45~19:35

9/24(木)19:45~20:35

高3 センター英語

・英単語1301-1510から20個テストしました。KKさん14点、Tさん3点、Aさん6点、IKさん12点でした。

・英単語1511-1700の用紙をわたしました。次回、講師が英語を発音して、生徒が日本語を書くテストすること告知しました。

・第二回試行調査(共通テスト)P20-26で前回わからなかった単語とイデオムをテストしました。KKさん10点中6点、Tさん0点、Aさん2点、IKさん6点でした。

・第二回試行調査(共通テスト)P24-32をやりました。「第6問」Bは自力で14分で解いて、単語は伝えましたが、各問題の解説はまだです。

 次回は「第6問」Bの解説からやります。

単語のテストが全くできていませんでした。
もう少し真剣に覚えてきてほしいです。

9/25(金)18:45~19:35

高校数学ベーシック

三角比
前回の復習。直角三角形の角度&辺ひとつ→他の辺を求める。

授業の頭に前回の復習をしてみましたが、理解度がかなり厳しいように見えます。今回の内容も同様でした。

9/26(土) 13:10~14:00

センター英語リスニング

駿台共通テスト対策問題第2回

問1〜問3 (配点38点)

KKさん16点(42%)

Aさん 16点(42%)

Tさん20点(53%)

IKさん34点(89%)

答えあわせの後、聞き取りをやりましたが「こんなこと言ってたなんてまったく分からなかった」という状態で、まだまだ耳が英語慣れしてません。

スピードを変えて聞きとったり、単語と単語のつながりがある文の聞き取るポイントを指導したりしてますが、とにかく単語量と聞き取る練習量が大事です。時間が足りないです。毎日短時間でも、リスニングの時間を取ってください。暇さえあれば、暇がなくても、リスニングをしてる、英単語を覚えてる、という状態にしてほしいです。

9/28(月) 19:45~20:35

高校ベーシック 英語
時制の一致、助動詞

まず、不規則動詞の活用のテストをしました。全体的に、2、3個間違えていました。授業で出てきたら扱うようにします。時制の一致では、主節とthat節がどちらも現在形だったら、どちらも過去形にすること、主節が過去形で、that節が主節の動詞よりもさらに過去だったら過去完了形にすることを、前回の過去完了形の大過去の用法を例に出して解説しました。助動詞は、後ろの動詞が原形であることを強調しました。

9/28(月) 20:45~21:35

高校ベーシック 英語

テストが近いので、生徒さんの希望で、ワークを進め、個別にみて回ることにしました。Hさんは英作文の指導をしました。主語や動詞が無かったり、名詞が2つ続くなどがありましたので、英文構成の基礎を指導しました。RさんとMさんは、助動詞のused toとwouldの用法と違い、受動態をそれぞれ解説しました。助動詞+受動態に苦戦していましたので、助動詞と受動態のルールを丁寧に解説すると理解できました。

9/29(火)19:45~20:35

高校数学ベーシック

三角比
前回の復習。方程式を立てる必要のある場合。進行速度がかなり遅め。

時間をかけただけあって、理解いただけた様子でした。進行速度を犠牲にしてしまいました。

今後はさすがにペースを上げて進めていきたいと思います。理解度と、スケジュール進行と、塩梅が難しいです。

9/29㈫ 19:45〜20:35

高3 センター数学
2B 微積

ある3次関数について特定の定義域での増減や正負を判断するときの考え方の効率化指導しました。
x軸との交点の座標と定義域の位置関係を比べて素早く判断することが大事です。

この大問の傾向として、定積分をさせる設問を除いて計算に時間がかかる問題はほぼ無いということが挙げられます。こういった時間のバランスを目標としながら回答するようにしていきましょう。

9/30㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学
2B 微積

関数や軸で囲まれた部分の面積を求めるためにグラフをかくことは非常に重要ですが、あまりにも正確に緻密にかこうとしてしまうのは時間が不足するだけです。

必要最低限の情報を取り出すために、ここだけ分かればいいからここだけ書くといったことを考えるようにしましょう。

田中先生
田中先生

必死にやっている子と、そうでない子の差が今まで以上にはっきりしてきました。

単語テストは授業のテストぶっつけ本番ではなく、自分でテストをしてみて、満点をとれるようにしてから授業に参加してください。

まだ本気にななりきれていないようなので、非常に心配です。

(高3生の話です)

清水先生
清水先生

時間がなくて解けないのも、ケアレスミスしてしまうのも、要は理解が足りていない、わかっていないということをしっかりと自覚してください。

来月から「なんだっけ」は禁句です。

共通テスト中に「なんだっけ」「時間がなかった」と言い訳しても意味はありません。

本番だと思って授業のテストに臨んでください。

(高3生の話です)

タイトルとURLをコピーしました