2021年1月指導報告(保護者向け)

佐藤塾情報

この記事は佐藤塾に通う塾生・保護者様向けの内容になります。
日々の学習状況をご確認いただき、ご家庭でのお子さんとの会話にご活用ください。
※個別指導分についてはプライバシーの観点から掲載しておりません。
生徒の名前はイニシャルにしております。

1月7日、8日は大雪により休校となっております。
2月~3月中に休校分の授業振替予定です。

小学生

1/4(月) 17:10~18:00

小学生 理科

物質の性質についての学習をすすめました。水と油などの例を出しながら、「重い物質は下にいく」という現象を説明しました。さらに密度の求め方や、密度が物質によって決まっているのでそこから物質を特定できることなどを伝えましたが、理解はいま一つという感じでした。余った時間は、学校の宿題をやる時間にあててもらいました。今回は参加者が少なかったので、次回の理科の時も同じところから始めようと思います。

1/5㈫ 18:15〜19:05

中学準備 数学

乗法

正負の掛け算について解説しました。加法減法と同様に、納得のいくイメージと公式の両方からアプローチをして、なるべく手早く身につけられるように指導しました。3つ以上の掛け算の場合は、まず最終的な答えの符号を決定し、その後で絶対値の掛け算をやるようアドバイスしました。これによって符号のミスがかなり減ったように思います。

1/11(月) 17:10~18:00

中学対策 国語

今回も一通り解答欄を埋めてもらった後、問題の文章を読み合わせていきました。ところどころ漢字で読めないところがあったり、また解答している時記述問題に躓いていたりしていたので、ところどころ読み方やヒントを出して諦めないように促しました。

1/12㈫ 18:45〜19:35

中学準備 数学

累乗 除法

割り算は掛け算になおしてから計算するというルールは変わらないこと、掛け算にしてしまえばあと今までのルールでできるということを解説しました。だんだんプラスマイナスの判断が早くできるようになってきています。

累乗についてはカッコの中に指数があるのか、外にあるのかの違いに躓いていました。この3乗は何が3個あるのか意識するようにアドバイスしました。

1/14(木) 16:10-17:00

小学生 英会話

■中1教科書Lesson1まとめテスト
英単語のつづりの覚えに多少の不安はあったものの、文法的にはよくできていました!自信を持って、もう完璧に覚えた!となるまで地道に繰り返しを頑張りましょう!

1/18(月) 17:10~18:00

小学生 中学対策 理科

前回の理科の授業は、欠席者が多かったので、再度同じところからやりました。ですので、前回の内容「物質の区別・気体の性質」を学習しました。どんなものが有機物で、あるいは無機物なのか、大まかなイメージは持ってもらえたのですが、密度の概念を理解してもらうのが難しかったです。物体によって密度は決まっているので、逆に密度を求めればその物体が何なのか分かるという理屈も、もう少し理解が必要だと思いました。しかし、水上置換法などの気体の集め方の理屈はよく理解してくれていました。

1/19㈫ 18:45〜19:45

中学準備 数学

四則混合

四則の混じった計算問題を演習解説していきました。累乗の扱いは引き続き練習が必要に感じました。符号の取り扱いについても同様で、掛け算割り算を先に計算することを意識しているとうっかり足し算でもマイナスとマイナスがプラスになってしまうことがありました。同時に考えようとしすぎているかもしれないので、まずは符号、次に計算といった順序でやってみるように指導しました。

1/21(木) 16:10-17:00

小学生 英会話

■be動詞のまとめ
本文をまるまる暗記しちゃうくらい覚えると、自然と文法も覚えられます。正しい英文を身に着けると間違った文章を読んだ時に「こんな英文、無い!」と気づきます。
つづりを覚えるのも大事ですが楽しく学べるようにこれからも笑いながらやっていきましょう。

1/25(月) 17:10~18:00

小学生 中学対策 国語

今回の国語の問題は、少し記述もあったので解く時間をいつもより多く用意しました。本文の要約を正しく書いてある選択肢を選ぶ問題が皆さんとても良くできていて素晴らしかったです。

1/26㈫ 18:45〜19:35

中学準備 数学

カッコの含む計算

カッコの中から先に計算するということについて、言葉ではわかっていても実際にやってみると符号や順序を間違えることが何度かありました。

何行も使っていいから段階的に計算していくように指導しました。特にカッコと累乗の組み合わせは難しく感じているようです。符号にとらわれすぎないようにすることをアドバイスしました。

1/28(木) 16:10-17:00

小学生 英会話

■中1予習
リスニング力が著しく高いので、定期テストでもリスニング問題は何の問題もなく解けそうです。
つづりの覚えは、だんだんとクラスの中でも差が出てきたのでお互いの英語力が気になってきています。
あの子はもうあんなに覚えて正解しているというのを見るのは良い刺激です。お互いが良いライバルになれるよう、程よい緊張感でがんばっていきましょう!

中学1年生(Aクラス)

※中学1年生は人数が定員を超えたため、学力順にA(advance)とB(basic)コースに分けてより手厚い指導をお届けしております。
Aコースの基準は定期テスト85点以上です。1/7以降からクラス分けをしております。1/7までの報告はAクラス側に掲載しております。

1/4(月) 19:15-20:05

中1 英語

■会話表現
どうやって○○へ行けますか?―車で行けます、バスで行けます。
仲々長い文章でしたが、何度も繰り返し口語練習をして覚えました。
by car(車で)などのby+乗り物で手段を表す表現は頻出なのでよく覚えてください!
また、特定していないただの公園に行くときはHow can we go to the park?なのに対して、ある特定の名前のある公園に行く場合には
How can we go to the Midori Park?と、大文字になることを伝えると「だから大文字になってたのか!」と、とても納得が行っていました。

1/6(水) 19:15-20:05

中1 英語

■一般動詞の過去形
ついに中1内容の最後の単元まで来ました。過去形を習得すると、中1の文法内容を全て網羅したことになりますのでしっかりと理解できるよう指導します。
今日はまず基本の過去形の作り方と不規則変化動詞についてを解説しました。
一般動詞の過去形は主語が誰であれ、同じ過去形を使うため、三単元などの複雑さがありません。すんなりと定着できそうな手応えでした。

1/6㈬ 20:15〜21:05

中1 数学

資料の整理

近似値と誤差、有効数字について解説しました。有効数字についての考え方が今までに馴染みがなく、少し戸惑う場面が見られましたが、演習と解説を重ねたことで概ねの実感は掴めたようです。特に有効数字が2桁のときと3桁のときの違いがどう表れるのか具体的に考えてみることがポイントでした。

1/11(月) 19:45-20:35

中1 英語

■一般動詞の過去形
宿題もよく出来ており、理解度は十分です。ただ、過去形に書き換えるときの注意点により慣れてくればと思います。特にyで終わる単語の書き換えです。
stay,study,carry,cry,fly,buyなどたくさんありますが、どの単語はそのままedをつけて過去形にするか、どの単語はyをiに変えてedをつけるか、はたまた不規則に変化する動詞なのか、覚えることはたくさんですが、一つずつです。
しっかり確認しながら進められています!

1/13(水) 19:45-20:35

中1 英語

■不規則変化動詞
■一般動詞の過去形(疑問文、否定文)
一般動詞の過去形は不規則変化動詞が最大の鍵なので、そこさえクリアできれば難しさはありません。不規則変化動詞表で毎週練習して定着させていきます。
疑問文の作り方、答え方ともによくできています!

1/13㈬ 20:45〜21:35

中1 数学

総合実力テスト

1年のまとめテストを解説しました。時間制限が厳しかったようで最後まで解けない問題がありました。特に食塩水の計算は未だにボトルネックになっているように思えます。3つの値を考えることを再度指導しました。もう少し方程式、関数の文章題について難問に触れていく必要がありそうです。

1/15㈮ 19:45〜20:35

中1 数学

総合実力テスト2

総まとめテストを解説しました。受験レベルの問題ばかりの内容が濃いテストでした。わからない問題があることを受け止めて、どう攻略していくかを考えるきっかけにできたと思います。学校のテストではなかなか味わえない経験ができたと思います。解説を聞いてなるほどと思えれば1回目はそれで十分です。2回目で説明できればベストです。そういった勉強を進めていくようにしてください。

1/18(月) 19:45-20:35

中1 英語

■一般動詞の過去形
■不規則変化動詞
過去形の文章なのか、現在形なのかよく問題を読んで解こうとする姿勢で、ミスが少ないです。「今、過去形の単元をやってるんだから過去形しか問題に出ないだろう」という考えだといつまでもミスをします。文章をしっかり読んで答えましょう。全員が忘れずに宿題をやってきますので、とても定着が早いです。素晴らしいことです。この調子!

1/20(月) 19:45-20:35

中1 英語

■一般動詞の過去形
不規則変化動詞をとにかく集中して覚えようという姿勢が強く、とても良いことです。まずは60単語の原形・過去形・過去分詞形(180単語)を口語練習で覚えています。
過去形は疑問・否定もよくできています!

1/20㈬ 20:45〜21:35

中1 数学

テスト対策

テスト範囲の復習を始めました。円と扇形について弧の長さや面積について解説しました。中心角の大きさに比例するということを上手く利用することが少し難点に感じているようでした。適切な補助線の引き方も含めて、どんな順序で解いていくべきかといった判断を養う訓練をしました。基礎はできているのでどんどんわからない問題にぶつかって応用力を身に着けてほしいと思います。

1/22㈮ 19:45〜20:35

中1 数学

テスト対策

作図の復習をしました。ここで扱う作図は大きく分けて3つであることを指導しました。問い方は違っても、ほとんどがその3つの組み合わせで表現可能であることを強調しました。特に注意したいことは等距離にある点です。場合によってはすでに描かれてる線分を延長することも意識できるようになりました。

1/25(月) 19:45-20:35

中1 英語

■テスト対策
テスト範囲に戻り、対策を行ないました。一番早い学校で2月4日からです。
Canの文と現在形、現在進行形、過去形がひとつずつあいまいにならずに区別できるかが肝心です。
また、単語だけでなく熟語の覚えも重要です。それらのポイントを確認していきました。ごっちゃになっていたところは都度訂正しました。

1/27(水) 19:45-20:35

中1 英語

■テスト対策
今回は文法がごっちゃにならなければ、それ以外に難しいことはないのでよく日本文を読むこと、時制をよく確認すること、あとは動詞のsのつけ方やingのつけ方、過去形の直し方について
再確認しました。一人ずつの理解度がそれぞれ少しずつ違ってはいますが、全体的にとてもよくできています。

1/27㈬ 20:45〜21:35

中1 数学

テスト対策

比例反比例とグラフについて復習しました。文章題とグラフ、単位による計算方法の考え方を指導しました。いくらかミスがありましたが、ここで確認できたことで何に気をつけなければならないかが意識できるようになったと思います。範囲が広いため効率的にポイントを抑えていきたいです。

1/29㈮ 19:45〜20:35

中1 数学

テスト対策

立体、多面体について復習演習をしました。ねじれの位置についての説明で、違う言葉で表現されていても同じであるということに気付けました。用語の定義に気をつけてテストに臨んでほしいと思います。

中学1年生(Bクラス)

1/7までの指導報告はAクラス側に掲載。

1/11(月) 18:45~19:35

中1 数学B

初回なのでちょっと難しいですが附属中の中一のテストをやってもらいました。

全員が計算問題でケアレスミスをしていましたので、もう少し計算力をつけるように授業の最初に計算トレーニングを行いました。

クラス内でも数学の得手不得手が分かれていますので、今後はフォレスタの文字式や方程式の作り方、関数、図形への理解などを丁寧に進めていきたいと思います。

1/11(月) 19:45~20:35

中1 英語B

確認テストは行わず、さっそくフォレスタクラウンのテキストをやっていきました。SVOの肯定文を否定文にしたり、疑問文の形にする問題を解く際混乱が見られました。二人とも「I like not math.」と否定文の語順を同じように間違えていましたので、do not, don’tの使い方を伝えました。三人称の場合の否定を教えることは、じっくり学んでいってほしいので、次回以降に回すことにしました。

1/15(金) 19:45~20:35

中1 数学B

まずは宿題の答え合わせで、絶対値に関する問題の答え合わせを行いました。「絶対値がある数より小さい整数の個数は?」という類の問題の正解率が悪かったので、解説を丁寧に行いました。絶対値の数字は0からの距離を表すものとし、数直線を書いて説明しました。その後文字式の計算や、文章から文字式を組み立てることやってもらいました。計算の面では、通分した後分母を払うという余分な操作をしている生徒さんが結構いました。単純な通分と、方程式で使える分母を払う操作を混同しないように、今後も注意して見ていきます。

1/15(金) 20:45~21:35

中1 英語B

まずは1分、時間を設けてキーワードを暗記してもらいその後伏せてもらってから確認チェックを行いました。「~はいくらですか」、英語で言うと「How much~?」の意味は理解してくれたのですが、その後語順がただの肯定文になってしまっていたので、こういう場合は疑問文にするように説明しました。

1/18(月) 18:45~19:35

中1 数学B

今回は、文字式の基本的でとても大切な「数量の表し方」をフォレスタの教材で学習しました。平均の求め方、二桁の数字の十の位、一の位のそれぞれの表し方、更には道のり速さ時間の問題等、文字式を利用した様々な表し方を練習しました。これは概ね皆さんよくできていました。宿題をあまりやれてこなかった生徒さんが結構いましたので、週に二コマあることも考え今後は無理なくやれる分量の宿題を出そうと思います。

1/18(月) 19:45~20:35

中1 英語B

フォレスタクラウンを教材にして学習をすすめました。最初におじ、おば、父母、祖父祖母などの家族に関する単語の学習を行いました。生徒さんから「brother、sisterとあるけど兄・弟と姉・妹とかを表せる?」といういい質問があったので、「英語では一語で兄・姉・弟・妹は表現できなくて、younger bother, older sisterと一語付け加える」ことを伝えました。その後とても大切な、所有格、目的格、目的所有格などを学習しました。大事なところなので、ここのところを宿題に出しました。

1/22(金) 19:45~20:35

中1 数学B

文字式の計算と文章から情報を整理して文字式を起こす練習をしました。最初の文字式の計算は基本的な計算をミスがなかったのですが、分数や括弧などやや複雑になった計算問題ではミスする生徒さんが結構いました。もう少し優しめの問題から攻めるのもいいのかもしれないと思いました。文字式の表現の問題は規則性の問題をやってもらいました。マッチ棒で作る4角形がn個あるときのマッチの本数を解説を交えながらやってもらいました。

1/22(金) 20:45~21:35

中1 英語B

前回やった所有格、目的格の確認を行い、その後肯定文を疑問文の形に書き換える問題に取り組みました。所有格、目的格は表を宿題で埋めてもらいそれを一緒に復唱していきました。それぞれの単語が何を意味するのかの読み取りはしっかりできていると思います。更に欲を言えば、I like (he)を適切な形に直すといった、文法的に適切な形を選び取るアウトプットの力も付けられるようしたいので、今後も所有格・目的格の表は活用していこうと思います。

1/25(月) 18:45~19:35

中1 数学B

生徒さんたちの定期テストの日が迫ってきたので、急遽教える内容を変更し、「比例・反比例」の分野を学習しました。xyグラフ上に与えられた直線の式を求める問題は、ほぼ皆さんよく理解していました。ただ、意外にここが苦手な生徒さんがいたので、丁寧に解説していきました。傾きの出し方が「yの増えた量/xの増えた量」で求まるので、「傾き=x/y」と逆にしないよう注意するということも伝えました。次回は平面・空間図形をやっていこうと思います。

1/25(月) 19:45~20:35

中1 英語B

定期テスト対策としてフォレスタクラウンのレッスン7の学習をすすめました。助動詞「can」の使い方を確認しました。基本的な意味・使い方も概ねできていました。ただ、これはcanだけではない傾向なのですが、肯定文から疑問文を作るとき、二人とも語順に混乱が見られました。しかし一方で、HeやSheなど3人称単数になるものってどんなものかを3人で確認しあう時間なども取れて、代名詞に関しての理解が少しずつ深まっていると感じました。

1/29(金) 19:45~20:35

中1 数学B

テスト対策として、平面図形の作図を中心に学習していきました。弧や弦、接点、接線などの円に関する用語を確認しました。その後コンパスを使って作図をしていきました。線分ABの中点の書き方、ある角の二等分線の書き方、三角形の特定の辺を底辺としてそこから高さを表す垂線を表現するやり方などを学んでいきました。やり方を間違えても、正しいやり方をその都度伝えると、すぐに納得してくれました。

1/29(金) 20:45~21:35

中1 英語B

フォレストクラウン中1のレッスン7の残りの所の学習をすすめました。canの意味、疑問文、否定文にした時の語順などしっかり間違いなくかけていました。この単元とは関係ないですが、名詞に付ける冠詞の扱い方をしっかり理解する時間を設けた方がいいのかと思いました。どういう名詞にa をつけるのか、theとどう違うのかもしっかり説明したいです。次回はレッスン8の進行形の問題に取り組もうと思います。

中学2年生

1/4(月) 18:15-19:05

中2 英語

■中2まとめ 英作文
翌日の模試対策もかねて、英作文指導をしました。今までに習った文法事項を理解してないと解けません。
中2で習った文法として
過去進行形、不定詞、動名詞、未来形、比較級、think that、must、 have toなどを網羅しました。
比較級の不規則変化(good – better the bestなど)の覚えが曖昧、冠詞(a,the)忘れなどがありました。
一度やったものでも繰り返し思い出しながら今後も定期的に理解度を確認します。

1/5㈫ 20:15〜21:15

中2 数学

確率

余事象を用いた確率の計算について解説しました。aである場合の数が全体に対する過半数を占めている場合や、場合分けが複雑になってしまう場合は、aじゃない確率を求めて1から引くことでaである確率を効率よく求められることを指導しました。実際に二通りでやってみて、問題によってその効率の違いがわかったと思います。この判断を素早くできるように意識してどっちでやろうか考える癖をつけてほしいと思います。

1/6㈬ 19:15〜20:05

中2 数学

確率

組み合わせの確率について解説しました。並べる問題と違ってABでもBAでも同じものなので1通りという考え方を指導しました。並べる問題とどう区別するかということはすぐにわかったようです。もう少しで2年の範囲も終わりますが、また少し長めに復習期間を設けてテスト対策していく予定です。

1/6(水) 20:15-21:05

中2 英語

■受け身(現在、過去)
中3のテキストに入りました。中3最初の単元は中2の最後と同じ文法の応用でしたのでスムーズに理解し、演習も大変に良くできました。時間を意識できて、解くスピードも速くなりましたが正答率も良く、順調に進めています。
中3内容をどんどん進め、早めに入試対策に入りたいです。

1/11(月) 18:45-19:35

中2 英語

■中3教科書理解
Lesson1の本文、read,speakパートを単熟語中心に指導しました。
Remind A of Bなど入試にも頻出の熟語は特にその旨伝え、記憶に残るよう繰り返しました。
次回より中3の文法のメインに入ります。

1/12㈫ 20:45〜21:35

中2 数学

確率

場合の数について、公立入試問題をチャレンジしていきました。考え方数え方が正確性を増してきていて、出題者の意図した通りに答えを導き出せるようになっています。意図した通り過ぎて綺麗に引っ掛け問題に引っかかってしまうのも良い通過点でした。どんどん実力がついていっているのを実感します。

1/13㈬ 19:45〜20:35

中2 数学

確率

公立入試レベルの過去問を練習していきました。サイコロと動点を組み合わせた問題について、サイコロの目と同点の関連性、ルールをよく把握しておくことが大事だと指導しました。

各々何がよくわかっていて何がいまいちピンときていないかを認識でき始めています。それぞれに対応して穴を埋めていきたいです。

1/13(水) 20:45-21:35

中2 英語

■現在完了(継続)
中3内容のメインの一つに入りました。最初の導入で、現在完了と過去形の違いがイメージできるかが大事です。継続では「いつからしている」「何年間している」がポイントですのでそれぞれみんなに何年かやっているものをオリジナルで考えてもらいました。初回の理解度としては十分、順調でした。

1/18(月) 18:45-19:35

中2 英語

■現在完了(継続)
現在完了の意味と作り方を復習すると、忘れず宿題をやってきたSくんが一番よく覚えていました。授業以外の時間に宿題をすることで定着が図れますので必ずやってくださいね。
現在完了の疑問文、否定文はルール自体はシンプルなのでごくスムーズにできました。受験を見据えてどんどん先取りしていきます。

1/19㈫ 20:45〜21:35

中2 数学

2年生実力テスト

2年範囲の総まとめテストを解説しました。連立方程式の文章題が相変わらず苦手な部類に入っています。逆に言えば得意不得意がはっきりしているので、3年に上がる前に対策をすることが容易とも言えます。全体を通して苦手なところが明確にできるのがテストの良いところです。やりっぱなしで終わらずに必ず復習をするよう指導しました。

1/20㈬ 19:45〜20:35

中2 数学

実力テスト

前回の続きを解説していきました。角度の問題と合同の証明はよくできていました。確率の組み合わせの問題はまだまだ練習が必要そうです。全体の場合の数はほぼ完璧に導けていますが、問題となる条件の満たし方について課題が残ると感じました。次回から定期テストの対策をしていきたいと思います。

1/20(月) 20:45-21:35

中2 英語

■現在完了(継続)
Forかsinceが来たら期間を表すものなので現在完了の中でも継続だってすぐに気付くポイント、というところを忘れず覚えていてください。
今後現在完了の仲間でも「継続」、「完了」が出てきた時にまったく同じhave+過去分詞という形だけど、どんな意味として捉えるかが全く変わってきます。
それぞれに特によく使うキーワードとなる単語があるのでそこをしっかり定着させていきます。

1/25(月) 18:45-19:35

中2 英語

■テスト対策
せっかく中3予習に入りましたが、テスト前ですので一旦テスト範囲に戻ってここからテストまではテスト対策を行ないます。
既習の比較級内容を中心に対策しました。最上級の時のtheやmostの付け忘れ、どちらがなくても不可です。
また不規則な変化の比較級を特に指導しました。

1/26㈫ 20:45〜21:35

中2 数学

テスト対策

テスト範囲における重要なキーワードの確認を行いました。三角形の合同条件完璧でしたが、直角三角形となると少しブレがありました。平行四辺形の定義や性質などはもう何回か復習が必要です。テストで問うと明記されている以上どれが出てもいいように100%覚えてほしいです。

1/27㈬ 19:45〜20:35

中2 数学

模試解説

ある数に何をかけたら2乗の形で表せるかという問題が難しかったようです。全体で5%ほどの正解率でしたが、掛け算の2乗の形について理解があれば解けることを指導しました。各々苦手な問題得意な問題がはっきりとしています。特に星マークの問題は必ず復習するように言いました。関数の変域に関する問題は一つ一つ状況を描いてみることでどういう変化があるのかわかってきたように思えます。

1/27(水)20:45-21:35

中2 英語

■テスト対策
学校によって範囲が微妙に違いますのでそれぞれの範囲で対策プリントを進めました。
単語を覚えてないものは、考えても思い出せないのでどんどん飛ばして進めていって、覚えていなかった単語はそれだけ集めてしっかり覚えるようにしました。
ワークも繰り返しやってくださいね。

中学3年生

1/4(月) 20:15-21:05

中3 英語

■リスニング
■熟語テスト
■英作文
熟語Aさん10/10満点、Mさん8/10
宿題の熟語をよく覚えてきました!
英作文は中学3年間で既習の文法要項から入試に頻出の文法をランダムに出題しました。
現在完了、比較、過去進行形、if文、too-toとso-that構文などです。
まず日本語訳を読んだ時点で「〜しました」「〜していました」なら過去形、過去進行形と違いがわかるのでこの文は何の文なのか見極める、主語が何かをはっきりさせる、などのポイントで指導しました。難しいと言いながらもよく頑張りました。

1/6(水) 18:15-19:05

中3 英語

■熟語テスト
■長文読解
熟語Aさん、Mさん7/10
長文は並べ替えが特によくできました。
並べ替えは熟語を作れるかどうかでほとんど正解できるか決まります。
英作文は惜しいところまでできるようになっています。確実に力はついてきています。熟語、英作文を中心に継続指導します。

1/11(月) 20:45-21:35

中3 英語

■長文
■英作文
■並び替え
■対話文
全体的に、大変良くできました!
長文は満点でした。英作文も、ほぼミスなしで書けました。単語のつづりでのミスはもったいないので努力しましょう!

1/13(水) 18:45-19:35

中3 英語

■新潟第一高校過去問
私立の入試が近いので過去問指導をしました。空欄適語は、付加疑問文「〇〇だよね?」指導。文法の誤り指摘では、全問正解でどこが違うのかも説明できました。単語のつづりは得意でないので宿題で強化しています。グラフの読み取りも全問正解でした。とても良くできました。

1/15㈮ 18:45〜19:35

中3 数学

公立入試過去問

大問2のみを演習解説していきました。基本的なスタンスとして大問1〜3は完答を前提とし、4〜6をどれだけ取れるかであることを再確認してもらいました。まずは同じ大問をまとめて練習することでその大問の穴を見つけて塞ぐことをやっていきます。

1/15㈮ 20:45〜21:35

中3 数学

公立入試過去問

引き続き大問2を解説していきました。前コマと合わせて5年分をやりましたが、たったこれだけでも既に似たような問題と計算過程が被っていることが発見できたようです。過去問をやればやるほど点数は上がるということに気付いてくれたと思います。同じ大問を重ねていくと段々とスピードも上がっていきます。この調子で他の大問もレベルアップを図っていきたいです。

1/18(月) 20:45-21:35

中3 英語

■新潟第一高校過去問
長文二つを指導しました。やはり長文は時間がかかるので、いかにそれまでのグラフや文法問題などを時間をかけすぎずに進めて、長文に時間を取っておくかが鍵になることをアドバイスしました。
長文は一つ目は全問正解、二つ目はボリュームがあり時間がかかり2問ミスでした。長文の中の知らない単語を考えて読みに時間が取られます。単熟語テスト続けていますので単語力の底上げをします。しかし前よりとてもよく読めるようにはなってきています。

1/20(水) 18:45-19:35

中3 英語

■新潟第一高校過去問
On one hand, want A B, make an effort, to some extentなど比較的レベルの高い熟語が出てくる長文で、読み進めるのに時間を要しました。
すべて選択問題で記述がないとしても内容理解が深くないと答えられない設問ばかりで、ハイレベルでしたがよく読めました。

1/22㈮ 18:45〜19:35

中3 数学

公立入試 過去問

証明の過去問を解説しました。前回+宿題の確認で大問2に関しては8年分を解ききることができたので今回から証明に進みました。同じような問題を以前に見たことがあるかということをポイントにしました。どこから条件を探すべきかといった優先順位が少しずつわかってきたように思えます。

1/22㈮ 20:45〜21:35

中3 数学

公立入試 過去問

引き続き証明について解説しました。正方形や正三角形、円に内接する図形などがある場合は特に注視すべき部分が限られてくることを指導しました。円に内接する図形はその性質上、線分の長さよりも角度が等しいことが見つけやすく、辺の長さよりも辺の比を調べることが容易であることがわかってくれたと思います。

1/25(月) 20:45-21:35

中3 英語

■新潟第一高校過去問
正答率は80%くらいです。もちろん90%くらいまで持っていきたいですが、秋からの成長を考えるとすばらしいです。
コツコツ覚えてきた単熟語や文法を駆使して考えられるようになっています。長文では英語力はもちろん基本なのですが、その時代の大きなニュースがトピックに取り上げられることも多いので、
普段からアンテナを張ってニュースに関心を持つことも結局は自分が有利になることにつながります。長文に出てきたのが知っているニュースと知らないニュースに取り組むのでは雲泥の差です。
例えば今回はオリンピックがテーマでしたが知っていたら「あー、あれか!」となって読みやすくなります。朝、ニュースも見てから学校に行く習慣をつけよう!

1/27(水) 18:45-19:35

中3 英語

■新潟第一高校過去問
明日が私立入試なので最終確認でした。発音、並び替え、長文指導をしました。
Be crowded, as soon as, out of, no one, a friend of mineなどの単熟語を確認しました。
とてもよく頑張ってきたので、とにかく落ち着いて受験してください。当日の動きのアドバイスなどもして終わりました。

高校1・2年生

1/5(火)19:45~20:35

高校数学

図形の性質。2つの円そして共通接線。

図形の問題は、イメージができるようになることが一つの段階です。そして授業中の様子を見るに、そのレベルまではまだ距離がありそうです。問題にある数字が、もしも別の値だったら・・・と、いろんな場合を考えてみることが助けになります。

1/12(火)19:45~20:35

高校数学

整数の性質。約数と倍数。

宿題の存在そしてその内容を覚えていないというのは、流石にいただけません。わからないならばわからないなりに挑戦してもらいたいと思います。勉強の習慣化とも関わりがあります。

1/14(木) 19:45~21:35

高校英語

今回は「不定詞の完了形・進行形・受動態」「be + to不定詞 」を学習しました。He seems to have beenとHe seemed to have beenの微妙なニュアンスの違いに加えて進行形・受動態も一気に一つの単元でやったので、生徒さんの理解が追いついてませんでした。この場合のhaveは主文の動詞よりも「一つ過去にずらす役割がある」と何度か伝え、生徒さんの中でなんとか整理しつつ解いてもらいました。単語チェックのテストは平均点が少し上がりました。

1/15(金)18:45~19:35

高校数学

整数の性質。1)素因数分解の利用。2)約数の個数と総和。

計算量の多い問題にて、ミスが多発していました。計算ミスを減らすためには量をこなす必要があり、それは授業時間だけでは間に合いません。簡単な計算問題であっても、普段からの練習が大切です。

1/19(火)19:45~20:35

高校数学

整数の性質。約数の利用。

因数分解が組み合わさった問題です。テキスト上では、この問題はこうやって解く、というメタ推理ができます。しかし受験においては、どのような方法で解くのかも自分で見つけねばなりません。そのときになって道筋を発見できるためにも、まずはガイド通りに歩けることが必要です。

1/21(木) 19:45~21:35

高校英語

今回は「不定詞を含む慣用表現」と「動名詞の基本」を学習しました。In order to doの否定表現をin order to not doと間違えて書いてしまう生徒さんがいたので、不定詞の否定表現を再度確認しました。その他、形容詞を後置修飾するenough to doの使い方も、生徒さんにとってはあまり見かけない表現方法でしたが、問題を解いていくうちに何とか正解の語順を自力で書けるようになっていました。

1/22(金)18:45~19:35

高校数学

整数の性質。最大公約数と最小公倍数。

質問に正しく素早く答えてくれました。概念を理解できていることがわかります。しかし実際の計算ではミスが目立ちました。この手の問題は数字の桁が大きくなるため、ミスが多発します。理解だけでなく計算力も必要であることを感じてもらえたかと思います。

1/26(火)19:45~20:35

高校数学

整数の性質。最大公約数と最小公倍数。

問題文に「nの倍数」とあったら、まずn*kと考えるよう伝えました。演習は証明問題でしたが、以前よりもスムーズに解くことができていました。

1/28(木) 19:45~21:35

高校英語

動名詞のところを進めていきました。否定形はnot doing、my(me) not doingという語順に注意することや、動名詞の過去形はhaving + ppと表記することを確認しました。どちらも、不定詞の考え方と似ている面があるので入りやすいと持ったのですが、最初はなかなか空欄を埋められませんでした 。しかし、最終的にはヒントなしで空欄を埋められるようになってきました。

1/29(金)18:45~19:35

高校数学

整数の性質。除法の性質。

この単元は、数字を計算するだけならば簡単なことが多いです。しかし中身まで考え始めると難しくなります。問題を多くこなすことは計算力を鍛えるだけでなく、具体例を繰り返すことで一般法則が感じられるようになるという効果も持ちます。

大学受験コース(高校3年生・卒業生)

1/5(火)18:15~19:05

数III

積分。定積分。

年も明け、受験直前です。今回の授業では定積分の初歩的なものをやってもらいましたが、基礎練習はどの時期であっても価値を持ちます。特に積分は計算ミスがとても出やすい分野です。受験直前であろうと初歩的な問題であろうと、軽視せずに練習を重ね、正解を増やしていきましょう。

1/5㈫ 19:15〜20:05

高3 センター数学

センター過去問

ここまできたらもはやあまり大きくどこをやるか言うことはありません。科目を問わず細かいポイントの解説や本番の過ごし方、心構えなどをアドバイスしました。直前になればなるほど、足りない部分が目立ってきて一向に終わる気配を見せません。一部の例外を除いて、そういうものだと思ってほしいです。だからこそ最後まで勉強し続けることが大切です。

1/6㈬ 18:15〜19:05

高3 センター数学

共通試験対策

残り時間もわずかになってきて、当日の準備を含めたおさらいをしました。残りの1週間とちょっとで学力を劇的に伸ばすことは難しいですが、少しでも上ブレを狙えるように体調管理なども含めてアドバイスしました。今から少しずつ緊張感を高めていってほしいと思います。

1/11(月) 16:10-17:00

共通テストリスニング

共通テスト前の最後のリスニングでした。リーディングから、続けてリスニングと、通し練習をやりました。あとは本番です。
もう時間も無いので、今日やったリスニング内容から知らなかった単語の意味などを行ない、まとめとしました。
本番、集中を切らさず頑張ってきてください!

1/12(火)18:45~19:35

数III

積分。定積分。

基本的な定積分の演習をしてもらいました。本番直前であっても、勉強をすればそれに応じる内容が身につきます。授業時間のうちにわからない部分も解決し、よくやってくれました。

1/12㈫ 19:45〜20:35

高3 センター数学

センター準備

残り1週をきって最後のおさらいをしていきました。必ず保険をかけておくこと、全体を見た時間配分などアドバイスしました。緊張と不安があるのは当然なので、ある程度それを受け入れた上で試験に臨むようにしてほしいと思います。

1/13㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学

最終チェック

試験も目前となり、最後に一通りの用語確認をすることをアドバイスしました。単語や定理、法則などキーワードが出てきたときにそれに関連するなんかしらの情報をパッと言えるかどうか確かめるように伝えました。ここが間違いなく人生の分岐点です。頑張ってください。

1/19(火)18:45~19:35

数III

積分。定積分の置換積分。

よくできていました。特に、計算ミスについて、皆無とはいかないまでもほぼ正解にたどり着けていました。ミスがとにかく出やすい積分において、よくがんばってくれました。

1/19㈫ 19:45〜20:35

高3 センター数学

過去問

各々大学の個別入試の過去問を演習しました。共通試験以上にスケジュールがタイトで時間をあまりかけることができません。特に私立も受験する場合は尚更です。最大限上ブレを狙っていけるような演習を行うよう指導しました。

1/20㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学

2次対策

私立の入試が1月末から2月初めにかけてあります。大学によっては共通試験よりも難易度は低いです。だからこそ圧倒的な得点率が必要だとアドバイスしました。記述形式がメインとなるため、前提条件については特に注意深く記載するように指導しました。

1/26(火)18:45~19:35

数III

積分。定積分の置換積分。

積分は高校数学の最後に待ち構える範囲です。それを勉強することは、三角関数や部分分数分解やetceteを復習をすることにも繋がります。二次試験は目の前ですが、ギリギリまで学ぶことができます

1/26㈫ 19:45〜20:35

高3 センター数学

入試対策

科目が選択できる場合の選び方についてアドバイスしました。複数受験する場合は尚更体力勝負の側面もあり、国公立の入試までのスケジューリングも大事であると伝えました。確率の考え方は基本的にどの大学でも変わらないです。どう数えるか、どう捉えることができるかを意識してほしいと思います。

1/27㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学

入試過去問

最短経路の問題において、通れない場所があるときは余事象か場合分けであることをアドバイスしました。来週から個別に試験が始まります。最後まで気を緩めずにやり切ること、ここまで来たら体力も気力も限界なんか無く死ぬ気で取り組むように伝えました。

1/31(日)14:10〜15:00

1/31(日)15:10〜16:00

高3 英語

Kさん、Tさん、Aさん、それぞれの2次の問題をやりました。

タイトルとURLをコピーしました