2021年2月指導報告(保護者向け)

佐藤塾情報

この記事は佐藤塾に通う塾生・保護者様向けの内容になります。
日々の学習状況をご確認いただき、ご家庭でのお子さんとの会話にご活用ください。
※個別指導分についてはプライバシーの観点から掲載しておりません。
生徒の名前はイニシャルにしております。

小学生

2/1(月) 17:10~18:00

中学準備 理科

水溶液の性質を学習しました。水溶液の基本的な考え方、「溶質・溶媒・溶液」のそれぞれの区別が難しかったようです。具体例をいくつか挙げて説明して、その時は納得していたようなのですが、その後の質料パーセント濃度の公式の所で、溶質と溶媒が再び混乱ポイントになっていました。一度に全部すっきり頭に入るようなところではないので、何回もこの考え方に触れる機会を作ることに意味があると思います。

2/2㈫ 18:45〜19:35

中学準備 数学

平均

ある値を基準として、その差をプラスマイナスで表現された資料の平均の求め方を解説しました。

基準からの差を平均して基準と足すことで実際の平均が求まる理由についても指導しました。どっちが何点高いと言うようようなことも基準からの差だけで考えられるようになりました。

2/4(木) 16:10-17:00

中学準備 英語

似た問題を繰り返していますので、もうかなり慣れてきました。
小さなことですがYes, I am.などのYesのあとに 「,」がついていないだけで不正解になってしまいます。今のうちに癖づけて覚えてしまいましょう。

2/8(月) 17:10~18:00

中学準備 国語

今回の国語の内容は、現代文の論説が主題となっていました。今までの小説のような、登場人物の心情を読み取る問題ではなく、筆者の言いたいことをまとめながら読む力が求められると思います。ただ、内容が今までと比べてかなり抽象的になってしまい、自力で解くのが難しい様でしたので、最初にみんなで読み合わせをして意味を確認して、その後問題を解いてもらうことにしました。硬い文章も、「これって、つまりこういうことでしょ。」と自分なりに噛み砕いて解釈できるようになれれば、諦めず最後まで読めると思います。

2/9㈫ 18:45〜19:35

中学準備 数学

文字式

文字式の表し方について解説しました。積の表し方の基本的なルールから始めていきました。数が先でアルファベット順であることはスムーズに対応できていました。1を省略することと、マイナス同士の積が含まれたとき混乱してしまうことがあるようでした。区切りがついたら復習に入って正負の計算を補習するほうが良さそうです。

2/11(木) 16:10-17:00

小学生英会話

■数
数字(number)、ゼロ〜10までの単語のつづり練習をしました。tenやsixなどはすぐに覚えて書けますが、threeやeightなどは覚えづらいですがテストに出やすいのでしっかりと覚えていきましょう!

2/15(月) 17:10~18:00

中学準備 理科

物質の状態変化について学習しました。固体から液体、液体から気体、あるいはその逆の流れでも、状態変化を起こしている最中の物質の温度は常に一定になることを知ってもらいました。また、それが起こる条件は、純粋な物質に限られ、混合物の状態変化では一定にならないことを説明しました。状態変化している物質の温度変化を示すグラフを読み取る問題で、最初は混乱していましたが、時間をかけて温度変化の理屈を説明をしたら、最後には納得してくれました。

2/16㈫ 18:45〜19:35

中学準備 数学

iワーク 復習

今回から新しいテキストを用いて進めていくことになります。実際に中学1年次に通年で使うテキストになります。

小学の復習から入り直しました。公倍数と公約数についてなど8割あってるけど2割忘れているという箇所がいくつか見られました。中学に入ってしまうと小学の復習をする機会は一切ありません。春にスタートダッシュをきめるために今のうちに完璧になるように修正していきたいと思います。

2/23㈫ 18:45〜19:35

中学準備 数学

道のり、割合

算数の復習、道のりの文章題と割合の問題について解説しました。単位を掛けたり割ったりすると求めたい答えの単位が得られることを指導しました。どう計算したらいいか迷ったら単位を見ることを意識してほしいと思います。百分率と歩合の計算は今のうちに完璧にしておきましょう。桁を間違えることが何個かありました。

2/25(木) 16:10~17:00

中学準備 国語

生徒さんの事情により、予定より一時間はやく授業を始めました。指示語が何を指すか文中から抜き出す問題を解いていきました。文章自体もまた少し硬めの内容でしたので最初に読み合わせをして意味を確認してから、問題を解いてもらいました。全体的に正解率は高かったです。これは英語を読むときも言えることですが、「これら〇〇」「そのような○○」のように一つの単語と混ざっている指示語というのは、普段読むとき流してしまいがちです。しかし、文章を深く理解するためには欠かせない要素だと思うので、しっかり指示語をとらえる力を養ってほしいです。

中学1年生(Aクラス)

2/1(月) 19:45-20:35

中1 英語

■テスト対策
もう直前ですので、自分のペースでどんどん進めて自分の理解が甘いところは自分で気付く段階に入りました。
全体を通して気を付けたいポイントは、三単現をうっかり忘れがちということと、熟語はtake it home, dance to music, play catchなどを全員一緒に確認しました。
他の人が間違えたことは自分も間違える可能性があります。わからないところを見つけて、なくしていきましょう。

2/3㈬ 20:45〜21:35

中1 数学

テスト対策

特殊な図形の表面積と立方体の切り口について解説しました。求めるべき面を底面ではなく別の円錐の側面とみなして考えることができるようになりました。展開図に切り口の線を引く問題では、平面を跨がずにどこからどこまで引けるかを意識するように指導しました。扇形の円に対する比率は絶対に使いこなせるようになってほしいと思います。

2/5㈮ 19:45〜20:35

中1 数学

テスト対策

円錐を回してできる円の問題、折り紙で三角錐を作る問題について解説しました。円錐何周で円がができるのか、円錐1周分で円の何%かということを考えられるようになりました。折り紙ではどこが90°かを意識することが大事であると指導しました。実際に折って作ってみれば一目瞭然でした。自分で調べて実験してみるということもまた大切な練習です。

2/8(月) 19:45-20:35

中1 英語

■レッスン7〜教科書本文総復習
テスト後とテスト前の生徒が混ざってましたので、総復習の機会にしました。
再度、canのとき、三単現のとき、現在進行形のとき、過去形のとき、どうなるか確認できました。
単語のつづりに自信のないものはよく復習してくださいね。

2/10(水) 19:45-20:35

中1 英語

■レッスン9
一般動詞の過去形
Why?-Because-.
What a 〇〇!
スピードをあげつつ、理解度を確認しながら予習を進めました。
2月中に中1内容は完了し、3月からは中2予習へ進めそうな調子です。

2/10㈬ 20:45〜21:35

中1 数学

1年 復習

1年次の内容が全て終わったので総復習をしていきました。文字式や不等式についての確認を行いました。式の意味を日本語で表すことは以前より正確性が増しています。数学は積み重ねなので、今の土台をしっかりと固めないと後で崩れてしまうことを指導しました。

2/12㈮ 19:45〜20:35

中1 数学

実力テスト 解説

冬の模試の解説をしました。全体を通して間違いの多かった箇所を中心に全大問のポイントを指導しました。特に最後の大問は立体の展開図の問題であるように見えるものの、問題文を読み解くと方程式の問題であることがわかります。定期テストとはまた違った印象かと思いますが、あまり特定の形式のみに慣れすぎてしまわないようにアドバイスしました。

2/15(月) 19:45-20:35

中1 英語

■Let’s readアリスとハンプティダンプティ
少し長めの物語の読み取りでしたので、単語の過去形に気を付けながら全員での読み合わせと意味確認をしました。
物語なので楽しく読み進め、時にこれはどういう意味で言っているのかを話し合いながら、理解を促しました。

2/17㈬ 20:45〜21:35

中1 数学

多項式の計算

同類項のまとめ方と多項式の四則計算を行っていきました。同じ文字はまとめるということと分配法則を使うということがだんだんと身についてきたように感じます。分数の多項式には要注意です。通分と約分にミスが起こりやすいので何度か繰り返して手に覚えさせえほしいと思います。

2/19㈮ 19:45〜20:35

中1 数学

文字式の計算、式の値

文字式の計算はだんだんと慣れてきて分数が含まれていてもミスが少なくなってきました。冬休みまでに2年の内容を終わらせる予定ですが、定期テストで100点をとって欲しいので復習も厚めでいきたいところです。ドカンと進んでじっくり手直しをイメージでやってモチベを維持してあげたいです。

2/22(月) 19:45-20:35

中1 英語

■模試直し

■be動詞の過去形

模試直しでは、実際に間違ったところを再度解きました。冷静に考えればわかるものも模試の時にうっかりミスをしてしまったものが多かったです。間違えようがないほど定着すれば、違う文を書いてしまった時に必ず気付きます。繰り返し演習が大切だと再認識できました。

中2の予習に少しだけ進みました。

2/24(水) 19:45-20:35

中1 英語

■be動詞の過去形

■過去進行形

中2内容に入りました。Be動詞の過去形と過去進行形は、おどろくほどスムーズに理解できました。

過去を表す語としてyesterday(昨日)this morning(今朝)at that time, then(そのとき)

Last week,month,year(先週・先月・去年)2 days ago(2日前)3 weeks ago(3週間前)などなど

たくさんありましたが、覚えが良かったです。

2/24㈬ 20:45〜21:35

中1 数学

数の性質の説明

連続する3つの数の和や偶数と奇数の和など、文字式で一般化して常に成り立つことを説明する練習をしました。文字で置けばどんな値でも成り立つことを証明することの大切さを伝えました。数学らしい考え方が少しずつ見え始めています。数学を苦手科目にしないために丁寧に思考を育んでいきたいと思います。

2/26㈮ 19:45〜20:35

中1 数学

方程式

文字について解く、ということについて解説しました。移項だったり分母を払ったりの操作を思い出しながら文字でも同じことをするのを手に馴染ませていきました 。分数が絡むと順序が大事になることを意識して解いてくれて素晴らしかったです。

中学1年生(Bクラス)

2/1(月) 18:45~19:35

中1 数学B

テスト対策で、空間図形の所を学習しました。どんな立体図形に「~錐」「~柱」という名称が付くのかという知識はみんなよくわかっていました。それらの体積の出し方もよく理解していました。しかし、表面積の求め方は、まだまだ継続的な学習が必要だと思います。

2/1(月) 19:45~20:35

中1 英語B

テスト対策として、範囲になっている助動詞canのおさらいや現在進行形ingの学習をすすめました。canの使い方はしっかり身についてきていると思います。進行形も、ときどきBe動詞を忘れるところがありましたが、指摘するとすぐに気づいて直してくれました。この単元とは関係ないですが、どういうときに動詞の否定でdon’tかdoesn’tになるのか、またaren’tかisn’tになるのか、混乱してきたと思ったので、確認の時間を設けました。二人ともやはり混乱気味だったみたいでとても熱心に聞いてくれました。

2/5(金) 19:45~20:35

中1 数学B 

宿題の答え合わせをしたのち、回転体でできる立体図形の体積と表面積を求める問題を解いていきました。平面図形を回転させた後の図形の名称は、皆さんよくできていました。体積の求め方も、立てる式は比較的単純なので正解率が高かったです。しかし、表面積の求め方が、立体図形を広げた展開図をベースに計算式を立てるので体積と出し方が異なるので、そこに苦労している生徒さんが多かったです。計算の前に展開図を描いたり、面倒でも一手間加えるとイメージが付きやすく計算ミスも減らせると思います。考え方が定着するまでは展開図を書くように今後指導したいです。

2/5(金) 20:45~21:35

中1 英語B 

二人とも動詞の過去形のテスト範囲が不安と聞いたので、Lesson9の内容を学習しました。go/buy/eat/see/makeなどの不規則変化動詞や、それ以外の動詞の過去形の作り方を指導しました。不規則変化動詞は簡単な一覧を板書して、書いてもらいました。その他の動詞でスペルの終わりが「子音字+y」は~iedになること、逆に「母音字+y」はyは基本変化せず~yedになることを確認しました。

2/8(月) 18:45~19:35

中1 数学B

前回と同様、空間図形のまとめ問題をEトレのプリントで学習していきました。立体図形の名称も作図も、基本的な知識などは身に付いているようでした。しかし、立体的に書かれた図形の表面積がなかなか正解率が上がらないので、テストが終わった次の授業でもしばらく空間図形の問題をやっていきたいです。

2/8(月) 19:45~20:35

中1 英語B

授業を始める前に、生徒さんがテスト対策講座の英語のプリントをやっていたので、テスト直前で良いおさらいになると思い、二人にそれをやってもらうことにしました。否定形や疑問形にした際に語順を間違えるケースが今回も見られたのですが、正しい語順を伝えると「あ、そうだった」とすぐに納得して修正してくれるようになってきています。SVOやSVCなどの基本的な英文法の語順、それを知識としてしっかり定着させられるように、今後も反復練習や文法の説明は丁寧に行っていこうと思います。

2/12(金) 19:45~20:35 

中1 数学B

テストが終わったので、テスト範囲の空間図形のおさらいをしました。体積を求める問題は、ほぼ全員すんなり解いていたのですが、表面積を求める問題はにやはり時間がかかっていたので、再度解説しました。

2/12(金) 20:45~21:35

中1 英語B

今回から英単語のチェックを始めと終わりに導入しました。buy-bought, yesterday, tomorrowなど全部で10問ほど出しましたが正しく綴れたのは2問ほどでした。今後も単語チェックはしていこうと思います。文法は現在形で作られた文を過去形に書き直す学習を取り組みました。

2/15(月) 18:45~19:35

中1 数学B

テストが終わったので、再び中1のおさらいで、方程式の問題に取り組んでもらいました。まず「方程式って何ですか」と質問が来たので、「イコールのある式のこと」だと大まかな説明をした後、分数を含んだ方程式の計算問題をやってもらいました。半分以上の生徒が、分数の払い方を忘れているようでしたので、いい復習になったと思います。次回は方程式の計算問題も引き続き行い、文章問題も少しやっていきたいです。

2/15(月) 19:45~20:35

中1 英語B

最初に単語のスペルチェックを行いました。復習を意識して、前回聞いた単語をもう一回聞きました。もともといる二人の正解率は半分くらい、Bクラスに新しく入った生徒さん(Sさん)は2割と言ったところでした。

その後、フォレスタ教材を使って所有格や代名詞などの使い方を再度確認していきました。これに関しても、全員忘れ気味だったので、復習のタイミングとしては良かったと思います。

2/17(水) 18:45~19:35

中1 数学B

一月に大雪で休校になった分の振替を行いました。前回に引き続き方程式の計算問題、文章問題に取り組んでいきました。全体的に分配法則やカッコの使い方をあまり理解していない様でした。例えば、a×(b+c)=ab+acと反射的に分かっているのですが、そこに6×a×(b+c)となった時、「なぜ6a+6(b+c)にならないのですか?」という質問が飛んできました。基礎的なところに突っ込みを入れるのは、とてもいいことだと思うので、「そういうものだから覚えて」と切り捨てないでなるべく答えていきたいです。

2/19(金) 19:45~20:35

中1 数学B

前回、分配法則や四則計算を良くわかっていない生徒さんが結構いたので、括弧や小数点を含んだ計算を多めに練習しました。さやかさん以外相変わらず計算ミスが多かったです。考えられる理由としては、基礎的な計算知識が身に付いてないこと、集中力が足りないことがあげられると思います。いきなり集中力は付けられないので、計算における知識を何度も根気強く伝えていこうと思います。

2/19(金) 20:45~21:35

中1 英語B

最初に単語テストでスペルチェックを行いました。Yesterday, tomorrow, morning, buy, boughtなど何回もしつこく確認しているので、細かなスペルミスはあっても、正解に近いスペルは書けるようになってきています。全体的な正解率も上がってきています。もう少し単語チェックの時間を増やしてもいいのかなと思います。

2/22(月) 18:45~19:35

中1 数学B

引き続き方程式の計算や方程式の文章問題に取り組んでいきました。今回は分数を含んだ方程式の計算を練習しました。分母の払い方をしっかり覚えていたのはSさんのみで、他の子たちは完全に忘れているか、薄っすら覚えているという程度でした。覚えが少しでもある子は良いのですが、全く覚えてない子にとっては、「考え方を覚える」ことと「それで実際に計算を解いていく」ということをしなければならないので、覚えてる生徒さんより手間や負担が二倍になってしまうことも、今後考慮していかないと思いました。

2/22(月) 19:45~21:35

中1 英語B

先月の大雪による休校の振り替え分も含め、連続で2コマの授業を行いました。今回はフォレスタ中一のテキストを利用し所有格・代名詞の文法問題を解いてもらいました。クラウンではない教材をやり、中一レベルの割と文法の細かなところ聞いてくる問題を解いていきました。間違いが特に多かったのThis book is (mine)のところを「This book is (my, me)」にしたりする生徒が多かったです。Is,areなどのSVCの文型の意味、主語と述語の関係を分かっていれば間違わない問題なのですが、実際間違えているので、今度はSVCの基本的な問題も再度取り組んでいく必要があるかもしれないと感じました。

2/26(金) 19:45~20:35

中1 数学B

方程式よりも、もう少し基礎的な文字式の問題をメインに復習しました。今回は取り組んでもらう計算問題のレベルを敢えて下げて、計算する上での基礎的な考え方に触れてもらおうと思いました。初めに四則計算のやり方を全体で確認しつつ、括弧の外し方などもおさらいしていきました。その後、括弧を含んだ文字式の計算を解いてもらいました。できる生徒にはどんどん問題を解いて、計算ミスを減らせるように今後も促していこうと思います。

2/26(金) 20:45~21:35

中1 英語B

最初に単語チェックを行いました。その後、Be動詞の過去形の表現の所を学習しました。丁度学校で教わっているところのようで、みんな比較的スムーズに解いてくれました。どういうときにwasかwereのそれぞれを使うのかしっかり見極められるようになってきています。しかし、現在形のis, areなどが解答に含まれる問題が混ざっていると、過去形と混同する生徒さんが結構いたので、与えられた英文の時間を表す表現の内容を落ち着いて読み取ってほしいです。

中学2年生

2/1(月) 18:45-19:35

中2 英語

■テスト対策
比較級についてはもうほぼ完璧です。単熟語をもっとよく覚えることと、せっかく覚えた単熟語を時制ミスで間違えないようにすることです。
過去形の訳なのに現在形のまま書いてしまうなどはもったいないミスですので落ち着いて読みましょう。

2/2㈫ 20:45〜21:35

中2 数学

テスト対策

図形範囲の総復習を行いました。全体を通して非常に良くできています。補助線が必須な求角の問題も適切に処理できていました。合同を用いない証明の書き方についてのみ練習が必要と感じましたが、実際には出題率は高くなさそうです。

2/3㈬ 19:45〜20:35

中2 数学

テスト対策

平行四辺形を利用した証明について解説しました。穴埋めではなく、全記述形式でどんなふうに書いていけるか確かめましたが、適切に三角形を選択できていました。細かい言葉遣いは指摘されるかもしれませんが、証明の手順はばっちりでした。本番でも得点源としてほしいです。

2/3(水) 20:45-21:35

中2 英語

■テスト対策
受け身をメインに対策しました。される、されている(現在形)なのか、された、されていた(過去形)なのかを見極めること、
By人となっていたらだいたい受け身、ただし「この国では○○されている」ならばin 国、などを最終確認しました。
日曜日のテスト対策講座もありますので予想問題で仕上げていきますがワークの進み具合が気になります。3回はワークを完了しましょう!

2/8(月) 18:45-19:35

中2 英語

■テスト対策
明日からテストなので、範囲の文法一通り確認ができる英作文で理解度をはかりました。単熟語や文法の理解は充分です。ただ、うっかり三単現を忘れたり、うっかりmoreやmostを入れ忘れたりなどがありましたので、慌てずしっかり確認と見直しをするよう指導しました。


2/9㈫ 20:45〜21:35

中2 数学

テスト対策

数学のテストは終わったものの、他科目は残っているため主に理科の復習を行いました。ワーク自体は2回目以降であると思われますが、やはり計算が苦手なようです。気温の変化と飽和水蒸気量の関係から湿度を求める問題について、どの値とどの値をどう計算するか曖昧さが残っていたので解説をしました。

2/10㈬ 19:45〜20:35

中2 数学

2年 復習

2年制の内容の総復習をやっていきました。まずは連立方程式の文章題から確認していきました。概ね理解はできていますが、あくまで概ねです。現状方程式と関数の単元が苦手な傾向があるので、なんとか春までにこれを完璧に近づけたいと思います。新しいテキストを網羅する予定でいます。

2/10(水) 20:45-21:35

中2 英語

現在完了(継続)
テスト対策でしばらく時間があいたので、再度指導しました。特に過去形との違いが分かるよう、意味を確認しながら進めました。現状大きな躓きがなく、よく出来ています。

2/15(月) 18:45-19:35

中2 英語

■現在完了(経験)
現在完了の継続ではなく新しく経験のところへ入りました。継続ではforやsinceといった期間に関する単語がキーワードとなりましたが、
新しい「経験」ではbefore(以前に)once(1回)twice(2回)ever(今までに)never(今までしたことがない)といった単語がキーワードとなってきます。
途中、みんなの過去の経験のことを実際にお互いに聞こうとなったときに、よくある定型文として「今まで富士山に登ったことがあるか」という文は、皆がneverだったので
「そこは立山でしょ!」と地域ネタで盛り上がりました。こういう会話をしながら覚えたことを後で思い出せるよう印象に残したいです。

2/16㈫ 20:45〜21:35

中2 数学

2年次 総復習

引き続き連立方程式の文章題について復習しました。当然のことではあるものの、方程式の両辺は単位が等しいことを確かめてほしいと思います。代金の合計なのか、かかった時間なのか、移動距離なのか、何についての式なのか意識することで立式が上手になります。

2/17㈬ 19:45〜20:35

中2 数学

2年次復習

関数と図形について復習しました。最近やったばかりというのもあり、求角と合同はよくできていました。xy平面上の面積の問題でどんな過程で求まっていくのかが掴めていないようでした。一個一個を確かめたら何に繋がるからそれを計算するのか考えるように指導しました。

2/22(月) 18:45-19:35

中2 英語

■現在完了(完了)

現在完了の継続、経験をやりましたので、最後の【完了】すでにしてしまった、という単元に入りました。

完了では新たに、already(すでに)yet(もう、まだ)just(ちょうど)という単語がキーワードとなります。

なかでもyetが複雑で、疑問文では「もう終わった?」という使い方、否定文では「まだ終わってない」と

二つの意味を持ちます。着実に自分の身になるように丁寧に進めています。

2/23㈫ 20:45〜21:35

中2 数学

2年次復習

平行四辺形の性質を利用した証明と確率について確認しました。5つの性質は完璧に覚えていて素晴らしいです。等積変形についても平行線をしっかりと書けてよかったです。確率では各々数え方に違いがあって面白かったです。

2/24㈬ 19:45〜20:35

中2 データの整理

四分位数と箱ひげ図について解説しました。最小最大、各四分位数から箱ひげ図をかけるようになること、箱ひげ図同士を比べてデータの傾向を捉えることが目的であると指導しました。なんか箱描けるけどだから何?となってしまうと面白くもないし使えるようにもならないので、箱ひげ図でどんなことができるかを第一に考えました。

2/24(水)  20:45-21:35

中2 英語

■現在完了(完了)

前回の復習をしながら進めました。現在完了は経験・継続・完了と3パターンある上に

それぞれの時に出てくる特徴的な単語もそれぞれ違うので、忘れないよう毎回確認しています。

不規則変化動詞を完璧に覚えられるよう繰り返します。「置く」は原型・過去形・過去分詞形が

Put-put-putと同じですが本日puttedという迷言も生まれたので、是非強化していこうと思います。

中学3年生

2/1㈪ 18:45〜19:35

中3 数学

模試解説

模試の間違えた問題を解説しました。できなかったところができるようになったということがすごくわかる結果でした。点数の取り方も星マーク一つだけということで、理想に近付いています。実際はまだまだケアレスミスや時間不足による空欄がありますが、これがなくなると80点台後半まで伸びそうです。

2/1㈪ 19:45〜20:35

中3 数学

公立入試過去問

関数の問題について演習解説しました。場面ごと(定義域ごと)の関数の違いをうまく式で表せるようになっています。もう一歩踏み込んだところまで素早く理解できればグッと正答率も上がると思えました。この調子でどんどんできる問題を増やしていきたいです。

2/1(月) 20:45-21:35

中3 英語

■模試の解きなおし
素晴らしくよく出来ました。返却された模試結果を見ましたが、文末を「こと。」「から。」で終わらせるという指定を守らず書いてしまったうっかりミスで
失点していましたが、中身を見ると正解していましたので、理解できているということです。ただこの失点はもったいなかったので、問題文はしっかり読みましょう!
Among, each students, both A and Bなどを確認しました。

2/3(水) 18:45-19:35

中3 英語

■英作文指導
受け身の文、It’s○○for 人 to do, ask 人 to do, など様々な文章で英作文練習をしました。
文法理解は良いのですがつづりミスが多いです。なんとなくで覚えないで、しっかり繰り返し練習をしましょう。
また、冠詞忘れが多いのでいつ冠詞がつくのか解説をしました。

2/5㈮ 18:45〜19:35

中3 数学

公立入試過去問

前回に続き関数について解説しました。定義域を考慮した関数の式、特に切片の値の求め方がかなり上達していいます。考え方自体を間違えるという場面が少なくなってきました。数学に関してはこのままのペースで大丈夫そうです。

2/5㈮ 20:45〜21:35

中3 数学

公立入試過去問

今回で関数の問題の解説が8年分終わりなした。点数の取り方について何を良しとするかアドバイスしました。基本的には今のままでいいという事、今から上ブレを狙って20点上げようとするよりどんなに失敗しても今より下がらないような点数を取ることが大事だと伝えました。最後まで効率よく勉強をしていってほしいと思います。

2/8(月) 20:45-21:35

中3 英語

■入試長文対策
■英作文
長文はよく読めました。大意をつかむことができるようになってきています。
単語力はまだまだ伸び代がありますので、どんどんやっていきます。
英作文も良い調子です。名詞の冠詞忘れや単語のつづりを強化できれば更に良いです。よく頑張っています!

2/10(水) 18:45-19:35

中3 英語

■入試長文対策
■英作文
長文はほぼ完答できました!素晴らしい。
Who -ed?誰が〇〇したの?
に対して、主語 did.で答える形はもう定型で、よく出てくるので覚えておいて欲しいです。英作文も大変良くできました。

2/12㈮ 18:45〜19:35

中3 数学

公立入試過去問

規則性の問題について解説しました。高校入試における規則性の問題を解くにあたって重要なポイントを抑えていきました。一見バラバラに見えるようでもいくつかを一纏めで見ることで同じ繰り返しが見つけられるということに気付けたと思います。

2/12㈮ 20:45〜21:35

中3 数学

公立入試過去問

引き続き規則性の問題を解き進めていきました。1コマ目でアドバイスしたことが取り入れられつつありました。次の問題としてそこで見つかった規則性をどう一般化して文字式に表すかという点があります。何をnとしてnが変わるとどこがどれくらい変化するかを図と合わせて考えるように指導しました。

2/15(月) 20:45-21:35

中3 英語

■長文読解
長文の読み取りは完璧でした。語順問題のみひっかかりましたが、解説した後に類題をやってもらうと正答できましたので理解できています。
単語のスペルで落とすともったいないので、基本の単語を宿題にだしていましたがとってもよく覚えてきています。
本人の努力が成果として表れることを期待しています。

2/19㈮ 18:45〜19:35

中3 数学

公立入試過去問

立体図形の問題を解説しました。すでに繰り返しの内容にはなっていますが、何点だろうが受かることのほうが重要だと伝えました。最終大問の最後の問題は見ることすらしなくていいと伝えました。そこに時間をかけるくらいならほかで点数上げられる場所があるはずという判断です。数学が他の同志望校の子と比べて劣ってはおらず十分プラスにできていることが判断理由です。

2/19㈮ 20:45〜21:35

中3 数学

公立入試過去問

引き続き立体図形について解説していきました。最後の問題をやらないと決めれば確保できる時間がかなり増えることが実感できたと思います。みんなが取れるところは自分も取る。その上でみんなができなかったところをちょっとプラスで取れる。これを目指すことで時間を最大限に利用できるようになります。

2/22㈪ 18:45〜19:35

中3 数学

公立入試過去問

大問456を通しで解いてみました。時間制限を考慮した理想的な解き方ができていたと思います。最後まで解けなかったことよりも、ケアレスミスが2問あったことを省みるように指導しました。再度全体的な時間配分の作戦を考えて、なるべく効率的に得点できるようにしてあげたいです。

2/22㈪ 19:45〜20:35

中3 数学(国語)

公立入試過去問

国語の論説文の読み方、答えの探し方を解説しました。まず、一言でテーマを表すとしたら何かを意識することです。それについて大まかに筆者はなんだと言っているか把握すること。また、それに付随する具体例や反対の意見はどこに書かれているかを見つけること。2つの視点を対比させて整理することで的確に書き出しができるようになると指導しました。

2/22(月) 20:45-21:35

中3 英語

■長文読解

長文の読み取りは非常によくできました!

一問だけ並べ替えで間違えた問題については、その後解説と類題でフォローしました。

眠っている少女⇒sleeping girl

ベッドで眠っている少女⇒girl sleeping on the bed

名詞の後に来るのか・前に来るのかで理解があいまいだったところを徹底的に行いました。最後はよくできるようになりました。

2/23(火)19:45~20:35

高校数学

整数の性質。(1)不定方程式の整数解。(2)分数と小数。

整数解について、確認してみたところ完全にスムーズに解けていました。よくがんばってくれました。分数少数については、今の時期に小中学校の復習のようなことやるのは意味がある、と伝えました。昔やったことを掘り直すのは数学あるあるであり、とても重要です。

2/24(水) 18:45-19:35

中3 英語

■長文読解

とてもよくできました!

読むスピードも充分でしたので、長文を2つ解けました。

英作文のテーマがハイレベルでした。(自分の長所を挙げ、それをもとにどんなボランティアができるか書くもの)

模範解答のひながたを真似して単語のみ入れ替えて、形を覚えるよう練習しました。

入試までもう残り少ないですが、ひとつでも多くの単語が身に着くように

最後の最後まで単語練習をしましょう。

2/26㈮ 18:45〜19:35

中3 国語

公立入試過去問

論説文の読み方を解説しました。部分点を取るのに必要なキーワードの探し方を指導しました。なかなか自己採点が難しいところなだけに何が良くて何が悪いのかという判断基準を知ることで言葉を選びやすくなったと思います。

2/26㈮ 20:45〜21:35

中3 国語

公立入試過去問

引き続き論説文について解説しました。「書きなさい。」と指示される問題は書き抜きではないから自分の言葉で説明しなきゃで難しい、という勘違いを修正しました。まるっきり写すというわけではないというだけで、基本的にほぼ文中の言葉を用いるということを指導しました。それらを組み合わせるだけで十分答えとして通じるのを意識してほしいです。

高校1・2年生

2/2(火)18:45~19:35

数III

積分。1)定積分の置換積分。2)x=sinθとする場合。

不定積分では出てこなかった、x=sinθとする置換定積分を解説しました。不定積分は定積分の前提にありますが、このように定積分ならではの問題・解き方が存在します。

2/2(火)19:45~20:35

高校数学

整数の性質。余りによる整数の分類。

あまりの作り出し方にまだ少し手間取っているようです。この単元はとても混乱しやすい場所です。対策としては、単純な計算問題を多くこなすのが王道と思います。しかし塾での授業だけでその時間をまかなうことはできません。簡単すぎる問題と見くびらずに、自習の時間を作ってほしいです。

2/4(木) 19:45~21:35

高校 英語

フォレスタ英文法、動名詞の慣用表現を前回の途中からやっていきました。動名詞の最後のセクションだったので、練習問題では皆さんとても苦戦していました。単に慣用表現だけでなく、受動態やbe動詞の動名詞表現、動名詞の否定表現、wantやdecideなど動名詞をつなげることが不可能な動詞などが問題に織り交ざっていたので、一問一問ヒントを出して答えを出せるように頑張ってもらいました。次回は分詞の所を学習していこうと思います。

2/5(金)18:45~19:35

高校数学

整数の性質。ユークリッドの互除法。

今回は、習うより慣れろ方式を取り、ユークリッドの互除法を用いて最大公約数を求める演習問題をひたすらやってもらいました。みなさん利き手がだいぶ疲れたと思いますが、こうしたシンプルな勉強は必ず効果が出ます。お疲れさまでした!

2/9(火)19:45~20:35

高校数学

整数の性質。ユークリッドの互除法と方程式の整数解。

前回の内容の続きであり、考えるより実践したほうが早い系の続きでもあります。演習の終わり際には、初めよりも明らかにスムーズに解けていました。感覚としても伝わったのではないかと思います。

2/11(木) 19:45~21:35

高校 英語

フォレスタ高校英文法の分詞と分詞構文の部分を学習しました。現在分詞か過去分詞のどちらの形になるのかという判断がうまくできない様でした。excitingかexcitedかの区別は形容される対象が人か物かで判別しやすいことなど指導しました。interestingかinterestedも同様です。

2/12(金)18:45~19:35

高校数学

整数の性質。方程式の全ての整数解。

一般解を作るにあたって、まずは整数解をひとつ見つける必要があります。ぱっと見てわからなければ、ユークリッドの互除法を使ってしまいましょう。そうやって練習を続けると、いつの間にか暗算でわかるようになることがあります。

2/16(火)19:45~20:35

高校数学

整数の性質。方程式の全ての整数解。

演習問題を解いてもらい、その様子を見ながら指導しました。最初の1問を解く時間に対して、最後は半分くらいでできていました。計算力は実践すればするほど上がっていきます。

2/18(木) 19:45~21:35

高校 英語

今回は分詞構文の範囲を学習しました。前回学習した分詞の考え方の延長で、分詞が独自の節を作り「付帯状況・理由・時・連続的な時間の流れ」などの意味を持つことを説明しました。分詞の基本的な考え方がまだ追いついてない状態だったようで、なかなか分詞構文の意味を要領よくつかむことができない生徒さんが多かったです。一回で把握できるようなポイントではないと思ってるので、機会があれば再度教えようと思います。

2/19(金)18:45~19:35

高校数学

整数の性質。不定方程式の利用。

方程式のすべての整数解を求める方法がわかっていないと、その応用をこなすことはできません。わからないとなったときは、堂々と前の内容に戻りましょう。時には小中学校の内容まで戻っても、学びがあったりします。

2/25(木) 19:45~21:35

高校 英語

前回、分詞の理解が全体的にいまいちだったので、最初にホワイトボードに例文を書き、前回の復習を行いました。その上で、フォレスタ英文法の教材の続きをやってもらいました。分詞構文の持つ意味は教科書には「理由・時・連続的な時間の流れ」等が書かれていますが、それらを実際の英文にガチガチに当てはめようとすると、うまく訳しにくい場面が多々あります。「主語,主語を説明する分詞表現,動詞+目的語」のように文中に挿入されてる分詞の表現も分詞構文の考え方の延長として考えることができます。いろいろなパターンがあり全体像が捉えにくいところがある単元ですが、英語長文でもよく見かける表現なので、諦めず理解していってほしいと思います。

2/26(金)18:45~20:35

高校数学

◆追加1時間:1/8(金)大雪休みの振替により◆

整数の性質。n進法。

当たり前過ぎて普段は意識しないのが10進法です。それを取り替えます。当たり前を考え直して組み替えるのも数学力のひとつであり、成績だけでない他の場面でも使える地力・思考力です。

大学受験コース(高校3年生・卒業生)

2/2㈫ 19:45〜20:35

高3 センター数学

過去問

明日からそれぞれ大学別試験が始まります。結局やったぶんの実力しか発揮されないということ、どう転んでもそれが現実であり、だからこそ頑張るしかないということを伝えました。ただこれっきりということではないということも伝えました。

2/3㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学

入試対策

相加相乗平均やはさみうちなどのここぞという使い所について解説しました。また、2つの関数の共有点の個数の求め方を見失っていたので復習しました。私立試験もどんどん始まっていて、国立まであと3週間でもあります。しっかり体調管理をして最後まで走りきれるようにと伝えました。

2/4(木)18:45〜19:35

2/4(木)19:45〜20:35

高3 英語

Kさんは2017新大2次の続き、TさんとAさんは2020センターをやりました。
まだ英文を読む力が足りません。英単語の学習を進めるよう指導いたしました。

2/9(火)18:45~19:35

数III

積分。x=sinθと置き換える定積分。

√a^x-x^2 タイプはx=sinθで置き換えますが、これは半径aの半円を輪切りしたした一部の面積に対応します。イメージと結びつけることは数学において重要であり、今回はその典型例と言えるでしょう。

2/9㈫ 19:45〜20:35

高3 センター数学

入試対策

解と係数の関係と解の公式の利用について解説しました。また、確率の数え方についてもアドバイスしました。細かいポイントの指摘がメインとなっていますが、最後まで修正を繰り返していってほしいと思います。国公立の地方の倍率が例年より高めなので入念な前準備をしていきたいです。

2/10㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学

入試過去問

共通試験直前でも指摘しましたが、チャートの表2,3に載っているような公式は必ず全部知っていること、全部使えることを確認するように改めて言いました。あと2週間です。苦しんで苦しんでその苦しみの中に活路を見出すくらいの気持ちでいてほしいです。息抜きもいらないです。死ぬ気でやっていきましょう。

2/11(木)18:45〜19:35

2/11(木)19:45〜20:35

高3 英語

Kさんは2016新大2次の続き、TさんとAさんは2020センターをやりました。

語彙力がまだまだ足りないので、文章読解を通して単語の確認を行いました。
自学で補ってほしいところでしたが、やむを得ません。

次回はKさんは2015新大をやります。TさんとAさんは2020センターの続きをやります。

2/16(火)18:45~19:35

数III

積分。x=tanθと置き換える定積分。

前回に続き定積分ならではの問題です。納得し実感を得ることが重要であると伝えました。そのためには、自分で問題の数をこなし、さらには別解・別視点も考える必要があります。

2/16㈫ 19:45〜20:35

高3 センター数学

入試対策

あと1週間で国公立入試です。すでにこちらから率先してこの問題を解いてみようといったことはしていません。各々何が必要か判断した上で細かいポイントの解説をしていきました。αとβを含む三角方程式の問題ではそれぞれの範囲によって該当する答えの数が変化することを解説しました。

2/17㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学

入試対策

効率的な積分計算についてアドバイスしました。特に回転体の体積はそのまま計算しようとすると複雑です。少しでも簡単にできるような整理を心掛けてください。新しいことよりも今あるものをより確実にしていきましょう。

2/18(木)18:45〜19:35

2/18(木)19:45〜20:35

高3 英語

Kさんは2017新大2次の続き、TさんとAさんは2020センターを最後まで終わらせました。

本日で、最後の指導となりました。

最後の最後まで三人とも語彙が弱点でした。

Kさんについては、英作文の理由を論理的に考えられれば、2次についてはある程度できるのではと 思います。

3人の学業成就を心より祈願しております。(田中先生)

2/23(火)18:45~19:35

数III

(1)積分。(2)自習…本番に向けて

本番直前ということもあり、自習の時間を設けました。残りできることは勉強以外の部分だけです。体調や移動などなどについて、万全の状態で本番を迎えましょう。

2/23㈫ 19:45〜20:35

高3 センター数学

入試準備

もはや入試は直前です。時間配分だけ気をつけてほしいと思います。長いようであっという間のはずです。最後まで諦めずに足掻いてほしいと思います。

2/24㈬ 18:45〜19:35

高3 センター数学

入試準備

前日は体調を整えて早く寝るように伝えました。言うべきことは今までの授業で言いきりました。どんな結果になってもこのときの頑張りはどこかで活きてきます。自信を持って臨んでほしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました