国語力=将来の学力?〜この問題解けますか〜

子育て

この記事は3分で読めます。

ぺん藤先生
ぺん藤先生

今回は国語力をテーマにお話ししていきたいと思います。

しばし、教育の世界では幼児・初等教育において
「英語を積極的に学ぶべきか?」
「英語よりまずは国語か?」

という議論が巻き起こります。

皆さんはどうお考えですか?

国語より英語? 日本の入試制度

教育カリキュラムは入試制度と密接に関わっています。

少し極端な例を言ってしまえば、入試制度を変えればその国の教育方針は変わるです。

現在、多くの大学入試で必要な共通テストでは「英語の配点は200点(リーディング100、リスニング100)」です。

かつてのセンター試験では「英語の配点は250点(リーディング200点、リスニング50点)」でした。

こうすると英語の比重が減ったかに見えますが、大学によっては点数の内訳に独自の比率を掛け、配点を変える学校もあるので一概にはそういえません。

さらにいうなら大学入試で多くの場合、2次試験には必ずと言っていいほど「英語」があります。

同じく数学もあるケースが多いのです。(ちなみに数学の共通テストの配点は200点です)

一方、国語が2次試験の科目に登場することは極めて稀です。パッと思い浮かぶのは東京大学くらいです。

また共通テストの配点ですが、同じく200点なんですけど、内訳が現代文100点、古文50点、漢文50点です。

つまり純粋な国語の配点は100点に過ぎないのです。個人的にはせめて漢文の配点を現代文に回すくらいはしたほうが良いと思うのですが…。

これにより大学入試の制度を考えると、国語より英語が重視されていることがわかります。

日本語が読めない、読まない子どもたち

先程の内容から、一時期から日本でも早期の英語教育が流行しました。

現に佐藤塾でも英語教育は早期から取り組むべきという現在の方針はあります。

しかし、その一方で見落とされている子どもたちの活字離れ、日本語力の低下に警鐘を鳴らす専門家もいます。

ぺん藤先生
ぺん藤先生

これは新井紀子さんという方に著書「AI VS 教科書が読めない子どもたち」の一部を引用させていただいたものです。

なんてことない問題ですが、実に半数近くの子どもたちがこの問題を解けない実情が今の日本にあるそうです。

心配な方はぜひお子さんにこの問題を出してみてあげてください。

制限時間は10秒。ひっかけではないことを事前に伝えてあげると優しいかもしれませね。普通に読める子は逆に考え込んでしまうので。

佐藤塾では夏期講習などの一部で、国語講座をやっています。

そこに参加する子たちは、国語への関心も高く、よく読めているのですが、多くのケースだとそういう場に来ない子の国語力の問題が別の科目で露見することが多いです。

例えば、数学のテストで「計算問題は解ける」けど「文章題になると解けない(読めないから解かない)」そういう子が一定数あります。

テストの見直しで、なぜ間違えたのか、なぜ解かなかったのかと確認すると、「文章の意味がわからなかった」「問題文を読まなかった」という衝撃の答えが返ってくることがあります。(嘘でしょ?と思われる保護者様。お気持ちはわかりますが、実際に結構いるんです)

英単語の日本語の意味がわからない

冗談みたいな話ですが、実際に質問を受けることがよくあります。

その質問も「漸次」など日常であまり使わない日本語ではなく、日常的に人によっては使うであろう(少なくとも新聞などで目にするレベル)言葉についてわかっていない子が増えてきているのです。

そうなると大変です。参考書を読んでも、そこに書いてある日本語が理解できなければ、当たり前ですけど何も理解できません。

テストの問題も日本語で書いてあるので、そもそも何を聞かれているのかもわかりません。

先生が授業しても、先生の言葉の意味がわからないので理解ができません。

そういった負のスパイラルに陥ってしまうのです。

英語よりまずは絶対に国語

ぺん藤先生
ぺん藤先生

言いふるされた言葉ですが、国語力は読書で身に付きます。

読書により語彙力も身に付きます。

日々の日常の中で読書の時間をどれだけ確保できるかが、国語力、ひいては学力の明暗を分けるのではないでしょうか?

最後に 英語が読めなければわからないことがたくさんある

世の中に出回っている情報の多くは、その国の文字で書かれ書籍なり、Webなりで公開されています。

もし、あなたがペンギンの専門家だったとして、英語が読めなければ英語圏の論文を読むことができないのです。

当たり前なのですが、言葉を増やせばそれだけリーチできる情報も増えます。

情報は力です。

世界に広がる言語。英語と中国語のうちせめて英語は読めるようにしておかないと、さまざまな情報を見ることも知ることもできないかもしれないのです。

そう言った観点で私は英語はしっかりと学ぶべきだと考えます。

また、このようにブログを書いていますが、これを読んでくださっている方々は、日常的に活字に慣れて読書習慣のある方だということを私は知っています。

しかし、活字を避けるようにしていらっしゃる方にはなかなかこのブログが伝えたいことも届きません。そもそも読まないのですから。

新潟の子どもたちの学力に課題意識を持って発足した佐藤塾としては「国語力の醸成」は最優先課題の1つです。

今後、様々な形で国語の力を伸ばす試みをしていきたいと考えておりますが、まずは幼少期からの家庭環境。塾に通う前の環境作りに貢献できればと考えております。商品付きの作文・感想文コンクールなどを主催するのも1つの手ですし。多くの方々に発信という観点ではYouTubeも有効な手段です。

すっかり活動が止まっていますが、YouTubeなどで情報発信することも今後視野に入れていきたいと考えております。

その際はチャンネル登録よろしくお願いいたします。(まだ先になりそうですが笑)

ホーム画面

無料体験・お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました