2021年9月指導報告(保護者向け)

佐藤塾情報

この記事は佐藤塾に通う塾生・保護者様向けの内容になります。
日々の学習状況をご確認いただき、ご家庭でのお子さんとの会話にご活用ください。
※個別指導分についてはプライバシーの観点から掲載しておりません。
生徒の名前はイニシャルにしております。

小学生(英会話)

9/3㈮ 17:20-18:10
小学生 英会話
■日常英会話
■一般動詞(listen to music,help)
■スポーツ
チーム戦で競うゲームは非常に盛り上がり、どちらのチームも協力しながらプレイしています。チームメイトが単語がわからないと教え合ったり、負けてもドンマイ!とはげまし合いながらゲームしています。
ゲームの中で英語をたくさん発話し、様々な単語を練習しています。

9/10㈮ 17:20-18:10
小学生 英会話
■日常英会話
■一般動詞(hit a ball,knock on the door)
■アルファベット
とにかくたくさんの一般動詞と、様々な会話表現を学んでいます。
授業中にこちらから何か言わなくても「あっ!じゃあじゃんけんで決めよう、rock,scissors,paper!」と自然に英語でじゃんけんをし始めたり、「先生、それはNO!NO!NO!」と部分的に英語で話したりしています。
授業中はほぼAll Englishで進めていますので、耳が成長していると思います。

9/17㈮ 17:20-18:10
小学生 英会話
■日常英会話
■一般動詞
■動物
誕生日や歳、家族の人数などをお互いに聞いて答えられるようになっています。
また、なるべくたくさんのカテゴリーの英語に触れられるように、毎週カテゴリーを変えて英単語を指導しています。
会話のときにはお互い聞こえやすいように早口になりすぎないように伝えるように意識してみましょう。

9/24㈮ 17:20-18:10
小学生 英会話
■日常英会話
■一般動詞
■場所
park,restaurant,supermarket,zoo,
library,post office,movie theater
などを練習し、行ってみたいところを言う会話練習を行ないました。
ここには行ったことがある、ここは行ったことがないと言いながら楽しく発話練習ができました!

小学生(6年生特進クラス)

9月02日(木) 19:00~19:50
附属中対策 国語
以前宿題として提出してもらった作文の添削したものを返却しました。設問文の議題に沿った内容をしっかり書いてくれていました。ただ、一文が長かったり、「~だから」という理由を述べる文が多く書いてあって、どこが一番重要な根拠か分かりずらいところなどが見られました。見直しなどをして、読み手が読みやすい文章を目指しましょう。その後は一つの文を構成する要素として、主語や述語がどういうものなのか練習問題を通じて学んでもらいました。最後に物語系の文章問題に取り組んでもらいました。次回は随筆の文章問題をやろうとおもっています。

※使用テキスト: 中学入試『国語の入試テクニック・改訂版』
        自由自在問題集『中学入試 国語』

9/3㈮ 19:00〜19:50
附属中対策 算数
整数
規則性と余りを考える問題について解説しました。考え方まで書かなければならない問題では、特に考え方の部分が評価されます。完答ができなかったとしても、どんなふうに調べて底からどんな予想をして、どう筋道を立てたかをなるべく書いてあげるようにしましょう。

9月09日(木) 19:00~19:50
附属中対策 国語
今回は随筆に関する文章問題に取り組みました。随筆で大切なところは、事実と意見をしっかり分けて読み解くことです。実際に起こった具体例をどういう意図で列挙されているのかをしっかり意識していくように指導しました。また文章中で筆者の意見を見抜くやり方として、語尾に注意することも大切です。例えば、「~だと感じます」・「~と思われます」などです。二つの言葉の違いを意識しながら読めれば、随筆の問題を読み解く力はどんどん身に付いていけると思うので、今後も演習を重ねていきましょう。
※使用テキスト: 中学入試『国語の入試テクニック・改訂版』
        自由自在問題集『中学入試 国語』

9/10㈮ 19:00〜19:50
附属中対策 算数
入試対策
基本計算の確認は速度も正確性も申し分ないです。図形の面積を求める問題で1問時間がかかっていました。対角線の長さを使った正方形の面積の求め方の利用と、三角定規の辺の比の利用がまだまだ使いこなせていません。図形は直角も大事ですが、それだけに囚われないように柔軟さを意識しましょう。

9月16日(木) 19:00~19:50
附属中対策 国語
前回に引き続き、随筆の文章の発展問題を解いてもらいました。学校など日常的な世界では努力がうまく報われてないように見えた学生時代の友達が、工場見学のような非日常的な世界の中ではうまく報われるているように見える。そういう対照的な経験を筆者自身が振り返りながら、この二つが構成する世界について意見を述べるような内容でした。設問にしっかり答えられている生徒が多かったので、しっかり内容を追えていたようです。ただ記述問題が少なかったので、補完として「自身の非日常的な体験」について作文してもらいました。文字を綴る楽しさをどんどん感じていきましょう。

9/17㈮ 19:00〜19:50
附属中対策 算数
カードで分数の計算式を作って、その解を最大にする組み合わせの問題について解説しました。なるべく大きい分数を用意するところと小さい分数を用意するところについては区別ができていたようです。その上で、大きい分数と小さい分数のどちらを優先するべきかという判断ができるかどうかがポイントでした。大きいものに優先権を与えたほうが最大化の効率が良いことはその次の大きさの分数との差を考えることが必要です。

9月23日(木) 18:00~19:50
附属中対策 国語
振り替え授業も含めて、二コマ連続の授業となりました。1コマ目の授業は、熟語・同義語・反義語とはどういうものかを問題を通じて再度確認してもらいました。2コマ目の授業は、附属中の一番最近の過去問を解いてもらいました。ある設問の形が、その文章に関する生徒同士の会話になっていて、その中で空欄になっている発言に適切な内容を記述するという問題でした。すこし斬新な形の問題に映ったかもしれませんが、設問の会話の文脈を掴んで、文章の内容をしっかり理解していければ解ける問題です。余った時間は、漢字クイズなどをして楽しんでもらいました。

9/24㈮ 19:00〜19:50
附属中対策 算数
過去問
附属中レベルの文章題はだいぶ解けるようになるかなってきています。最初の計算問題は間違えることのほうが少なくなっています。後半の工夫して考えることが必要な問題が課題です。角度の問題では、正方形であることから有名角を見つけていくことを意識するように指導しました。

9月30日(木) 19:00~19:50
附属中対策 国語
前回行った附属中の過去問の続きを行いました。マングローブの生態系に関する論説系の文章問題でした。文章とは別に資料などもあり、それを利用する類の問題でした。少しとっつきにくい問題に感じる生徒が多かったので次回は、資料を利用する類似問題を解いてもらおうと思います。

小学生(5年生特進クラス)

9/2㈭ 19:00〜19:50
小5 算数
展開図
さいころの展開図から一度組み立てて、その後別の形に展開したとき、どこにどんな模様や数字が、どの向きにあらわれるか練習しました。注目したい3面に共通する角がどこであるかを見つけることがヒントになることを指導しました。頭の中で全部考えようとして無理が出ているので、部分的に描いてみることをアドバイスしました。

9/9㈭ 19:00〜19:50
小5 算数
比と割合
比の計算の問題と三角形の面積の比について解説しました。三角形の面積は底辺×高さ÷2ですが、ここで2つの三角形の高さが等しければそれらの面積の比は底辺の長さの比に等しくなるということを指導しました。パズルのように高さの等しい三角形を見つけて、その割合を求めていけるようになりましょう。

9/16㈭ 19:00〜19:50
小5 算数
規則性
等差数列とその和について解説しました。初項と末項の和に項数をかけて2で割ることで等差数列の和が求まることを説明しました。いずれ高校生になれば公式として登場するものですが、なぜそう計算できるのか適切に考えることができれば小学生でも十分に理解ができるものです。しつこいくらいになんで?と問題に問いかけていきましょう。

9/23㈭ 19:00〜19:50
小5 算数
周期算
規則性の問題のなかでも特定の周期が繰り返される問題について解説しました。循環小数や累乗の一の位の問題も周期算です。どこで繰り返しが発生しているのか実際に調べてみることがしっかりとできていました。その繰り返しが何組あるか計算できればどんなに大きな番目であっても求めることができます。

9/30㈭ 19:00〜19:50
小5 算数
規則性
三角数や四角数を利用した規則性の問題について解説しました。平面で並んだ数のどこにどんな規則性があるのか見つける練習をしました。特に三角数が見分けられると規則性や数列がどんどん面白くなってきます。

中学1年生

9/1㈬ 20:50-21:40
中1 英語
■文法まとめ
テストも終わり、次回から「三単現」という非常に大事な文法内容に入りますので、一度ここまでの文法をまとめました。
be動詞、一般動詞、複数形、代名詞、canの文など、思えばたくさんここまでもやってきました。be動詞、一般動詞について今でも完璧とは言えませんが今後もずっと出てきますので進めながら理解を深めていきます。

9/6㈪ 19:55-20:45
中1 英語
■三単現
今日からかなり重要な文法単元に入りました。三単現は二年生、三年生になってもかなり点数にも関わってくるほど重要なポイントです。
三単現の三人称とは、単の単数とは、現の現在とは、をかみくだいて一つずつ解説しノートにまとめました。
ノートに書いただけでなく、見直すことが大事です。しばらくはずっと三単現をやっていきますので、復習をしたり、単語練習をしたり、授業時間以外に自習に来たりしてください。

9/7㈬ 19:55〜20:45
中1 数学
1次方程式
色々なパターンの文章題を解説していきました。値段の合計に関する問題は比較的馴染みが深く、日常でもよくある場面なので納得をもって式を立てることができていました。感覚的な部分から始まってもいいですが、それをより理論的に読み解いていく練習をしなければなりません。

9/8㈬ 20:50-21:40
中1 英語
■三単現
もう一度、前回の授業を思い出しながら三単現の基礎を確認していきました。
前回の授業後にきちんとノートを見返していた生徒は定着が深かったです。
分かった気になっても、問題を解くと基本的なところで間違っていますので、しつこいくらい繰り返しやって身につけていきます。

9/9㈭ 20:50〜21:40
中1 数学
1次方程式
割合の計算が必要な文章題を解説していきました。対象が元になる数の何倍なのかという計算式を正しく掛け算の形で表現できるかどうかがポイントです。まだまだ割ったりかけたりの基準が曖昧です。単位も一緒に考えてみましょう。

9/13㈪ 19:55-20:45
中1 英語
■三単現
■教科書本文理解
教科書の読み合わせ、意味確認をしながら三単現を確認していきました。
本文は何度も声に出して音読し、1人ずつ音読確認しました。このitは何を指しているのか、主語がどんな時に三単現ルールになるのか、一つずつ理解度を確認していきました。
よく頑張っています。

9/15㈬ 19:55〜20:45
中1 数学
1次方程式
比例式とその文章題について解説しました。比の値が同じになることから方程式を導くようにしましょう。そこから得られる一般式を活用するように指導しました。慣れてしまえばどの問題も同じ解き方で対応できることに気づいてほしいと思います。

9/15㈬ 20:50-21:40
中1 英語
■三単現の疑問文
肯定文にだいぶ慣れてきましたので、疑問文に進みました。
Do you-?はもう良く分かっているので、主語がheやsheの場合には
Do she-?ではなく、「三単現にはs(es)が付く」ルールでDoesになること、sが付くルールは一文につき一回のみなので疑問文の時の動詞は原型に戻ることを繰り返し確認しながら演習しました。

9/16㈭ 20:50〜21:40
中1 数学
模試解説
模試の正答率の特に低かった問題について解説しました。犬の行動範囲の問題では、リードを最大に張った状態の犬の軌跡を図示することが重要です。建物の角に当たるとそこでリードが折れ曲がることから作られる扇の半径が変わることに気付けるようになりましょう。

9/20㈪ 19:55-20:45
中1 英語
■模試の解き直し
夏期講習中に実施した模試を解き直ししました。模試の時には出来なかったけど模試から一ヶ月たっているので、今はできるようになっていた問題もありました。
全体に共通して間違いが多かったのは、名詞にaが入っていない、theが入っていないなどの「冠詞」ミスです。冠詞について解説しました。冠詞はすごく難しいのですが英文をたくさん読んで、慣れていきましょう。
例えば「I go to park.」では気持ち悪い、「I go to the park.」と聞くとしっくり来る、となるくらいに。

9/22㈬ 19:55〜20:45
中1 数学
比例
関数について解説しました。数学という学問の中でも特に大きなジャンルである関数の入り口です。関数とはなにか、変数、変域、比例とはなにか、今ここでしっかりと理解に努めないと必ずどこかで挫折してしまいます。公式だけでなく言葉で説明できるようにしましょう。

9/22㈬ 20:50-21:40
中1 英語
■三単現の疑問文
先週に引き続いて三単現の疑問文を指導しました。少しずつ理解してきていますが、まだ主語が誰のときにDoで誰のときはDoesになるのか、ひっかかるときもあります。
訳してみて、主語が一人なのか複数人なのか確認する方法で指導していますが、たくさん英文を読んでいくと「Do he-?」と聞いたら違和感を覚えるようになるはずです。
音読練習をたくさんして口慣れていくようにします。

9/23㈭ 20:50〜21:40
中1 数学
比例
比例の式の求め方について解説しました。比例定数をどうやって求めるか、どうして代入で求まるのかということを練習をしていきました。最初はなんでもかんでもxに代入してしまっていました。xとyのどちらに代入したらいいのか、何の値について書いてあるのか考えるようにしましょう。

9/27㈪ 19:55-20:45
中1 英語
■三単現の否定文
だいぶ三単現の理解が進んできました。
動詞の三単現形の作り方も慣れてきて、例えばstudyがstudiesになることや、haveがhasになることなどは完璧です。
否定文の場合にはdoesn’tの中に既に「三単現にはesが着くルールのesが入っている」ことから、動詞を原型に戻すルールをよく理解できました。

9/29㈬ 19:55〜20:45
中1 数学
比例
座標とグラフについて解説しました。座標は住所みたいなものというイメージを持って理解するようにしましょう。自分の今いるところを座標で表現するとしたら、例えば家を原点として1目盛り1kmとしたら東に何kmで、というような意見が自ずと出てきて素晴らしかったです。基準になる原点と軸が大切だということがよく伝わります。

9/29㈬ 20:50-21:40
中1 英語
■教科書本文理解
三単現もまとめになりますので、教科書本文の理解と音読練習を行ないました。
音読と意味確認をしたところは学校の授業でやったときすごくかんたんに分かったと嬉しい声が上がりました。
今は単語力が一番の課題なので、今後は宿題で単語練習を出して単語力を上げていこうと思います。

9/30㈭ 20:50〜21:40
中1 数学
比例
前回に続いて座標とグラフの練習をしました。点を座標で表したり、座標を点で示すことはできるようになってきました。その点が細かく連続していくと直線になって比例の式のグラフになることを解説しました。直線の式のグラフの描き方をもう少し練習していく必要があります。

中学2年生(Aクラス)

9/1㈬19:00-19:50
中2 英語A
■比較級
しばらくテスト範囲に戻っており、比較級が久しぶりでしたのでまず比較級の作り方を再度確認しました。
比較級なのか最上級なのかの区別は良くついています。
教科書本文の読み合わせ、本文理解と同時に文法指導を進めていますのでワークの進みは少しずつですが、確実に理解できるように進めています。

9/3㈮ 20:50〜21:40
中2A 数字
図形
図形の角について新しく学んでいきました。内閣と外角の関係は小学校の知識の延長でもありすぐに覚えられました。外角と内角の関係の証明も聞いてわかるだけでなく、自分で書けるようになりつつあります。対頂角は常に等しいですが、錯角と同位角だから等しいという考えは直さなければなりません。

9/6㈪ 20:50-21:40
中2 英語A
■教科書本文理解
教科書の本文の文量と内容がかなり厚くなってきていますので、
①聞き取り、ディクテーション(書き取り)
②本文意味確認、文法理解
③読み練習
を行なっています。
本文内にある比較級の文は、何と何を比べているのかや、比較級の作り方を確認しながら進めました。
単語のテストを毎回行っていることもあり、とてもスムーズに理解できていました。

9/7㈬ 20:50〜21:40
中2A 数学
角度
様々な形の図形の角度の合計の求め方を解説しました。星形のの先っぽの合計は180°であることも、ブーメラン形の鋭角の和は真ん中の角度に等しいことも全部、外角と隣り合わない内角の関係から説明することができます。暗記ではなく理由の部分こそ見て聞いて、自分で試してみてほしいと思います。

9/8㈬19:00-19:50
中2 英語A
■比較級
比較してみたら同じくらいだったと言うときの文、as – asと、AよりBのほうが好きだと言うときの文などを指導しました。
asで挟む時は原形ということ、どちらのほうが好きだと言うときはlike – better thanを使うことなど、良く理解できています!

9/10㈮ 20:50〜21:40
中2 数学
角度、合同
求角の問題は対応の幅が広がってきていて素晴らしいです。平行線の利用と補助線を上手く使えるようになっています。三角形の合同条件についても解説しました。3つの合同条件を覚えなければ次の学習が始まりません。図と併せて覚えるようにしましょう。

9/13㈪ 20:50-21:40
中2 英語A
■比較級
副詞を比較級、最上級にするときの使い方、副詞とは?を指導しました。
動作がどんな様子なのか説明するのは副詞(歩く→どんなふうに?→ゆっくりと、それが副詞)
名詞を説明するのは形容詞(机→どんな机?→新しい、それが形容詞)
副詞の最上級の時にはtheがなくても良いというルールもありますが、ルールがごっちゃになるので【最上級のときはいつでもtheをつける】と思っておいたほうが間違いありません。

9/15㈬19:00-19:50
中2 英語A
■比較級
比較級の単元がまとめに入りましたので、理解度を英作文で確認しました。
英作文の時には比較級だけを気にするのではなく、主語が何か、それによって動詞が変化するのか、時制は現在なのか過去なのか未来なのか、そして比較級なのか最上級なのか、比較級だとすれば短いほうか長い方か、などなどを全て見極めるので皆かなり頭を悩ませていました。
最上級なのにtheが抜けていたり、比較級でthanを入れていなかったり、その都度指摘すると「そうだった!!」となるので、理解は出来ていますが身になるにはあと一歩のところです。
皆、真剣に取り組みました。

9/15㈬ 20:50〜21:40
中2A 数学
合同の証明
三角形の合同の証明手順について解説しました。証明に必要な条件を示すにあたって必ず根拠を書くようにしましょう。仮定から出発して根拠があって条件の説明がされるという順番は常に意識してください。仮定と根拠と条件と結論、文章の起承転結のようにわかりやすく明確に書く練習をしていきましょう。

9/17㈮ 20:50〜21:40
中2A 数学
合同
合同の証明について練習しました。穴埋めから始めて、少しずつ書く量を増やして、最終的に全部記述できるように練習しました。三角形の合同条件でどれが適切なのか判断するのが少しずつ早くなっています。定理の逆についても説明しましたが、成り立つものとそうでないものがあることに注意しましょう。

9/20㈪ 20:50-21:40
中2 英語A
■模試の解き直し
夏期講習中に実施した模試の解き直しと解説をしました。
一般動詞、be動詞の疑問文がごっちゃになり、Did you-?なのかWere you?なのかで間違えてしまったり、過去進行形なのに過去形にしてしまった、などのミスがありました。
全体的に並べ替えは大変良くできておりますので、文の構造をよく理解できていると言えます。
長文とリスニングの正解率に一番バラつきが見られたので、授業内で今後もフォローしていきたいと思います。

9/22㈬19:00-19:50
中2 英語A
■本文理解
比較級の出てくる教科書本文を解読しました。音声を聞いて書き取り、意味確認と音読練習を行ないました。「それよりもこちらが好きだった」という文であれば、何よりも好きだったのかなど一つずつ確認し、理解を深めました。
単語をよく覚えていて理解が良いです。

9/22㈬ 20:50〜21:40
中2A 数学
合同
前回に続き合同を使った証明方法を解説していきました。いくつかの仮定がそのまま三角形の合同条件になる問題は正しく記述できるようになっています。一歩進んで仮定から成り立つことを使って合同条件を探す問題ではその書き方に戸惑っているようでした。まずは相手にわかりやすく伝えることを意識して自分の言葉で書いてみましょう。

9/24㈮ 20:50〜21:40
中2A 数学
二等辺三角形
二等辺三角形の定義と性質について解説しました。2つの辺が等しいことか2つの角が等しいことが証明できれば二等辺三角形です。三角形の合同を利用して求める練習をしました。書きたいことをどう書くかが課題です。似たような問題を何問もやっていると仮定と結論が混ざってしまいます。結論を導くのに使っていいものと、結論がでなければ支えないものをはっきり区別してあげましょう。

9/27㈪ 20:50-21:40
中2 英語A
■比較級、教科書理解
more,mostの出てくる比較級とasとasで挟む比較級をまとめました。
比較級の理解は十分深まっています。
また、動名詞の理解もできているため、
look forward to…〜を楽しみに待つ
という熟語はその後に名詞が来るけど、動詞を入れたい場合には?と聞くと「ing形にして動名詞にする」ということをちゃんと理解できました。
単語もopportunity(機会)やorganize(計画して準備する)など難しいものが多いですが、単語テストで確認するとよくできています。

9/29㈬19:00-19:50
中2 英語A
■誘うときの会話文
電話の時の定型文や、遊びに誘うときの会話文を指導しました。
「〜しませんか?」と誘うときは
Why don’t we-?の他にShall we-?や、Let’sも使えるし、誘いを断るときには普通理由を言うことや、誘いを受けるときの応答文も練習しました。
とてもよくできました!

9/29㈬ 20:50〜21:40
中2A 数学
正三角形
正三角形の定義と性質を利用した合同の証明を解説しました。辺が等しいことは真っ先に見つけることができていました。間の角が等しいことを説明するのに、2つの角の和であることに気付けるようになりましょう。同じ角度に共通部分が足されていれば和も等しくなります。少しずつ証明の書き方に一貫性が出てきました。

中学2年生(Bクラス)

9/4㈯ 17:10〜18:00
中2B 数字
1次関数
文章題の解説をしていきました。xとyを指定して、それらがどのような関係にあるかを文章から読み取る練習をしました。合計だったらかけたり足したりをするかもしれないし、単位あたりの量などであればどっちからどっちを割ったらいいのかなどをヒントにするようにしましょう。

9/4㈯ 18:10〜19:00
中2B 英語
Lesson4
教科書本文と単語を練習しました。発音記号と発音を紐づけることを少しずつ課題としていきました。本文では1文を音読するときにどこで区切ったらいいかを考えることで文の作りを学んでいきました。主語と動詞以外の区別もつけていかなければなりません。

9/7㈫ 19:00〜19:50
中2B 数学
1次関数
前回に続いて文章題の解説をしました。動点の問題では場面ごとの変域と関数を考えるように指導しました。面積が増えていく場面、変わらない場面、減っていく場面でそれぞれ関数の式が違うことを意識しましょう。

9/7㈫ 19:55〜20:45
中2B 英語
Lesson4
単語の確認と文法の復習をしました。本文の内容が違っていても、同じ文法が使われていることに気付けるようになりましょう。特に動名詞の発見が苦手です。動名詞と動詞を混同してしまっています。動名詞の意味と役割をはっきりさせるようにしましょう。

9/11㈯ 17:10〜18:00
中2B 数学
1次関数
xy平面上の三角形の面積を求める問題について解説しました。基本的に底辺と高さを座標から調べることになりますが、底辺の長さを聞かれて−3と瞬時に答えてしまうのは非常に危険です。何も考えていない証拠です。座標の値とそこから得られる長さは別物です。まずは考えてから理由とともに声に出すようにしましょう。

9/11㈯ 18:10〜19:00
中2B 英語
Lesson4
文法のまとめを行いました。テスト範囲でもありましたが、giveABの語順と書き換えは絶対に覚えましょう。助動詞の種類と肯定文疑問文での訳も確認しましたが、意味は1個だけではありません。例文で覚えて実際に書いて使えるように練習しましょう。

9/14㈫ 19:00〜19:50
中2B 数学
1次関数、図形
前回の1次関数の確認と図形の復習を行いました。1年次の図形について覚えていることと忘れてしまっていることの自覚から始めましたが、各々意外な落とし穴を見つけることができました。円錐の側面積の求め方は絶対に覚えるようにしましょう。

9/14㈫ 19:55〜20:45
中2B 英語
附子
附子を題材にした長文の読解をしました。会話文ということから直訳と意訳の違いが大きいことを認識するようにしましょう。文法的に読み解き直訳して、その文の意味として重要なものを抽出して、自然な会話になるように意訳する順序を守りましょう。命令形、助動詞、be going toなどが出てきましたがどれも復習範囲です。忘れている場合は即座に復習するように指導しました。

9/18㈯ 17:10〜18:00
中2B 数学
角度
対頂角と同位角、錯角について解説しました。2つの角の位置関係を認識して2直線が平行なら同位角も錯角も等しくなります。対頂角は常に等しいです。これらを使って三角形の内角と外角との関係についても言及しました。色々な角度を求めるための基礎知識なのですぐに覚えるように復習しましょう。

9/18㈯ 18:10〜19:00
中2B 英語
単語テスト 比較級最上級
Lesson4の単語テストを行いました。事前にテストをすることと練習してくることを告知しましたが、実際にやってきたかどうかはっきりと点数に表れています。次のテスト範囲も含まれているので今から継続的に練習するようにしましょう。単語は継続あるのみです。比較級最上級の基本形については、比較する対象が存在することを意識するようにしましょう。

9/21㈫ 19:00〜19:50
中2B 数学
図形
外角と内角の関係を使った角度の求め方、公式について解説しました。時には補助線を引いて外角を見つけるようにしましょう。ブーメラン型や星型などの有名な形の公式は理屈も合わせて覚えるようにしましょう。平行線の存在も忘れてはいけません。同時に使えるくらい練習が必要です。

9/21㈫ 19:55〜20:45
中2B 英語
Lesson5
比較級最上級に注目しながら本文part1を読解していきました。1文目から現在進行形で未来の内容を表す文章になっていることを解説しました。比較級最上級のマークを見逃さずに適切な訳ができていました。主語動詞の区別も良くなっています。

9/25㈯ 17:10〜18:00
中2B 数学
角度
平行線や外角と内角の関係を利用する求角の演習を行いました。真っ先に答えを考えようとするのではなく、なずはわかる角度を記入していき、どういうときにどこが等しいか、どんな形が見えるかを少しずつ覚えていくようにしましょう。補助線も有効活用してください。特に平行線は新しく1本引くだけで見えてくるものがどんと増えます。

9/25㈯ 18:10〜19:00
中2B 英語
比較級最上級
単語テストとmore mostの文章の解説を行いました。-erとmoreは一緒に使えないこと、どちらかがあれば比較になることを覚えましょう。どちらもなければ比較の文ではありません。単語テストについては、やってこなかったから点数悪かったというのはそもそも論点がおかしいことに気づいてください。

9/28㈫ 19:00〜19:50
中2B 数学
角度、合同
求角の全体復習と合同について解説しました。平行線の使い方はだいぶ身に付いてきましたが、外角と内角の関係を見つけるのが少し苦手でした。合同では、対応する角と辺を意識するように指導しました。記号の順番も必ず対応させるようにしましょう。

9/28㈫ 19:55〜20:45
中2B 英語
比較級最上級
英単語の覚え方を工夫しましょう。工夫すると言っても物量無くして効率化は図れません。moreとmostの演習ではer、estとの使い分けができていました。少しずつ名詞動詞形容詞など品詞についても並行して覚えていけると文法理解が進みます。

中学3年生

9/1㈬ 19:55-20:45
中3 英語
■入試対策(長文読解)
接続詞に特化した長文を解き、指導しました。〇〇だったとき、こうだった、〇〇だったのでこう感じたというような接続詞を使った文が頻出し、文法的によく理解していないと正しく読み取れない問が多かったですが、正解率は高かったです。よく読めました。
hope,wishの持つイメージと共に仮定法も再度指導しました。
叶いそうな願いと叶わなそうな願いであれば言い方が違ってきます。似たような単語はイメージでつかめるよう指導しています。

9/3㈮ 19:00-19:50
中3 英語
■入試対策(長文読解)
受け身が多く出てくる長文を指導しました。
例えば「〇〇はいつ日本に輸入されましたか」のような問いであれば、模範解答としては「それは何年に日本に輸入されました。」と答えるべきところを、何名かは「何年」だけしか答えないという状況が散見され、それでは完答として見なされず部分点しか得られないこと、どう答えたら完答となるかを指導しました。
常に、文章で答える。受け身の問なら受け身で答える。ポイントを明確にして解いていきましょう。

9/3㈮ 19:55〜20:45
中3数字
2次関数
放物線の描かれたグラフ上の図形の面積の求め方について解説しました。面積を求めるためには辺の長さが必要であることは言うまでもありませんが、じゃあどうやって長さを求めるかを調べるように言ったところ、真っ先に交点に注目できたことは素晴らしかったです。ただし、座標と長さは別物であることに気をつけましょう。


9/4㈯ 15:10〜17:00
中3 理科
天体
日周運動について解説しました。天球上での太陽の動き方と季節の関係を自転と地軸の観点から説明しました。太陽がどこから登ってどこを通ってどこに沈むのか、当たり前のような話でもちゃんと根拠があります。根拠がわかれば条件が変わっても予想が立てられます。日本では太陽は南中します。オーストラリアではどうだろうかと考えられるようになって欲しいと思います。

9/7㈬ 19:00〜19:50
中3 数学
2次関数
xy平面上の2つの三角形の面積が等しいときの条件について考えていきました。辺を共有している場合、それを底辺として高さが等しければ面積も等しいことになります。そこから平行線を引くという考え方が導けるようになりましょう。

9/8㈬ 19:55-20:45
中3 英語
■文法チェックテスト
中1〜中3までの文法要項を網羅している総合問題に挑戦し、文法の理解度を見ました。大多数が6割程度の正解率で、間違えた所もそれぞれ違っていますが、多かったのは熟語の覚えの甘さと、現在完了、受け身でのミス、時制のミスです。特に時制のミスは勿体なく、よく問題文を読んでいれば正解していたので、そういったミスはなくしていきましょう。 現在完了、受け身については再度指導し、また少し経った頃に類題で確認していきます。

9/10㈮ 19:00-19:50
中3 英語
■入試対策(長文読解)
今回も受け身が多く出てくる長文を指導しました。前回に引き続きの文法要項だったので、正解率は安定していました。
また、感嘆文についても指導しました。
whatから始まっても疑問文ではなく、感動した時の「なんて〇〇だ!」という文を、某芸人の有名なセリフで皆覚えました。

9/10㈮ 19:55〜20:45
中3 数学
模試解説
ボーナス問題が空欄になっている生徒が何人かいました。たとえ大問6であろうと簡単な問題はあります。ただ円錐の体積を求めるだけの問題を時間がなかったからできなかったは言い訳になりません。全体的に点数は伸びていますが、まだまだ課題はおおいです。

9/11㈯ 15:10〜17:00
中3 理科
模試解説
全問順番に答え合わせと解説をしていきました。方向性は合っているが知識が曖昧で正しい用語が使えていないという場面が多かったです。これらの部分を直すだけでも点数は伸びます。用語の復習と、最低1個の根拠を頭に浮かべてから解答するように指導しました。

9/15㈬ 19:00〜19:50
中3 数学
2次関数
xy平面上の四角形を2等分する直線について解説しました。平行四辺形を除いて四角形をそのまま2等分することは難しいですが、同じ面積の三角形に等積変形すれば可能であることを指導しました。言葉では単純ですが、どの頂点をどう移動させるべきか判断力が問われます。2回前の模試でも類題が出題されています。まずは似たようなことやったなぁと記憶に引っかかりを持たせてください。

9/15㈬ 19:55-20:45
中3 英語
■入試対策(長文読解)
受動態と能動態の単元の長文を指導しました。今まで自分の知らなかった知識を英文で初めて知る場合、「そんなわけない」と思ってしまって正しく訳せなくなります。変だと思ってもそのまま訳しましょう。今回は「チョコレートはもともとは食べるものではなく飲んでいた」というテーマでした。
受動態での答え方としては、全体的によく出来ていました。

9/17㈮ 19:00-19:50
中3 英語
■入試対策(長文読解)
ジェンダーを扱う長文に挑戦しました。
例えば昔は消防士をfiremanと呼んでいたけど今はfirefighterに変わったり、
昔に比べて性別に関係なく就ける職業が増えたことなどがテーマの長文です。
最後の問では「businessmanではなくbusinesspersonになりたい」という内容の英作文に挑戦し、皆よくできていました。

9/17㈮ 19:55〜20:45
中3 数学
2次関数
軸で回転してできる立体の体積について解説しました。基本的には円錐と円柱の組み合わせた立体ができることを意識するように指導しました。座標の求め方さえ適切ならば回転体の求め方はさほど難しくありません。難易度を高くしていくより思考の過程を言語化する練習を加えてみるようにしましょう。

9/18㈯ 15:10〜17:00
中3 理科
天体
月の満ち欠けの仕組みについて解説しました。太陽と地球と月の位置関係から、見える月の形と時間帯と方角に一貫性があることを解説しました。これらの情報を正しく使うことができれば、問題文中の小さなヒントから答えを導けるようになります。逆にこれを一つ一つ暗記しようとしてしまうと、なんかややこしいし量が多いなと感じてしまいます。暗記しなければ覚えることは太陽と地球と月の位置関係一つだけです。暗記ではなく仕組みを理解するようにしましょう。

9/22㈬ 19:00〜19:50
中3 数学
2次関数
同点の問題と図形が重なる問題について解説しました。1点が動くときと同様に、2点であっても場面ごとの式を立てることが重要です。それぞれの点がどこにいて、動いているのか止まっているのかを細かく整理するようにしましょう。グラフ上で各変域の端は繋がっていることも確認してください。

9/22㈬ 19:55-20:45
中3 英語
■入試対策(長文読解)
現在完了がメインで出てくる長文を指導しました。thatが何を指しているか具体的に示して日本語に直訳しなさい。などの問いでは、きちんと読み込めているかどうかを見られます。thatが示している文を正しく訳せているか見ました。
また、本文中に知らない単語が出てきたときには、できる限り読み込む中で予想することも必要なことを指導しました。

9/22㈬ 19:55-20:45
中3 英語
■入試対策(長文読解)
現在完了がメインで出てくる長文を指導しました。thatが何を指しているか具体的に示して日本語に直訳しなさい。などの問いでは、きちんと読み込めているかどうかを見られます。thatが示している文を正しく訳せているか見ました。
また、本文中に知らない単語が出てきたときには、できる限り読み込む中で予想することも必要なことを指導しました。

9/24㈮ 19:00-19:50
中3 英語
■文法チェックテスト
中1〜中3までの文法事項を網羅している総合問題に挑戦しました。たくさんの文法事項の理解を深めることは、英作文にも直結します。
「彼にとって〇〇することは☆☆だ」
という文を見た瞬間に、It’s☆☆for彼to doが出てきてほしいですし、
「この窓は彼によって割られた」という文を見た瞬間に、受け身だと気付いてほしいです。
次回の統一模試からは英作文も出ますので、宿題に英作文を出しました。
正しい文法を使って英文を作れるか確認していきます。

9/24㈮ 19:55〜20:45
中3 数学
2次関数 相似
2次関数の最後に運賃のような連続しない関数について解説しました。高校入試ではあまり問われない内容ですが、こういった関数もあり、いろんな問題の作り方があることを説明しました。相似では、まずは相似条件を覚えることを目標にしましょう。線分の比が等しいということを活用できるようになりましょう。

9/25㈯ 15:10〜17:00
中3 理科
天体、食物連鎖
月の満ち欠けの復習と金星の見え方の解説を行いました。金星は内惑星であることから太陽と反対方向の空に見えることは無いということを覚えておきましょう。形と見える方角、時間帯も決まっています。明けの明星宵の明星は頻出です。
食物連鎖では、ある生態系のどの層の数が一時的に増えても、その生態系が守られていれば最終的に元通りに戻ることを解説しました。その生態系を壊してしまう外来種には注意しましょう。

9/29㈬ 19:00〜19:50
中3 数学
相似
相似条件と証明について解説していきました。書き方の手順は合同の書き方に倣うことで対応ができます。角については合同と同様ですが、辺については比が等しくなります。受験では必ず合同か相似のどちらかが出題されます。どっちが来てもいいように準備を進めていきましょう。

9/29㈬ 19:55-20:45
中3 英語
■英作文指導
次回の模試から英作文が出ますので、英作文指導を行ないました。
困ったときには使い回しのきく定型文を使うことや、シンプルでもいいから文法的に正しい英文を書くことや、書き出しの注意点などを中心に指導し、宿題に出していた英作文の添削を行ないました。

大学受験コース(高校生・浪人生)

9/1㈬ 18:00-18:50
共通テスト リスニング
新しい問題を通しでテストしました。正解率は全員が大体半分くらいで、非常に由々しき事態です。
練習していますが、やはり毎日の個々のリスニング練習は欠かせません。むしろそれがなければ勝手にリスニング力が着くことはないので、必死にやってほしいです。

9月03日(金) 18:00~19:50
共通テスト 英語
単語王のunit21~40までの確認テストを行いました。生徒一人欠席で、出席した二人は文法な知識が不足気味の生徒だったので、分詞や関係代名詞の知識を補完してもらいました。Who, whomの違いが分かっていない生徒がいて、文法面での自主学習をもっとするように促しました。関係代名詞の仕組みや理屈をしっかり把握することは一見面倒かもしれませんが、返って長文読解は早くなるはずです。早めに基礎を固めましょう。

9/6㈪ 18:00-18:50
共通テスト リスニング
大問1〜聞き取り、意味確認、解説。
全員が間違っていた問として、
want 人 to do
want to do 人
という似た文に引っかかったといものがありました。
また、I don’t careとI don’t mindとI’m willingの違いが明確でなく、間違えた。など、文法理解不足や単語の持つ意味の理解不足により、ミスが起こっていることがわかりました。
これは一つずつ身に着けていくほか道はありません。文法の方の授業でもやっていきますし、単語王で単語強化もしていますので、相乗効果になるように一つずつ理解度を見ながら続けていきます。

9月06日(月) 19:00~20:45
共通テスト 英語
単語王のunit41~60までの確認テストを行いました。その後、参考書「英文読解の着眼点」を使って、二次レベルの長文の読解をしてもらいました。二次レベルなので内容が当然難しかったと思いますが、めげずにどんどん新しい単語を覚えていって欲しいです。

9/7㈫ 20:50〜21:40
共通試験 数学
1A2B
時間配分を意識した演習をしました。各問に対してまずはどれだけ時間を使ってよいか制限をしてみて、時間内に答えが出なかったら飛ばして次に進むことを意図的に起こしました。原因が何だったか振り返ってみると、計算ミスに必死になりすぎていたり、問題文の見落としによる不必要な時間のロスに気づいてくれました。

9/8㈬ 18:00-18:50
共通テスト リスニング
大問3〜聞き取り、解説
聞きながら簡単にでもメモを取れていた生徒は正解率が高く、とにかく聞くことだけに集中してメモを取らなかった生徒は解答ミスが多いです。
ある程度まとまった量がある英文の聞き取りで、更に条件によって数字が変わる物などはメモを取らずに覚えておくことはかなり難しいです。が、何度もやっていますがまだメモをどう取っていいのかコツを掴みきれていないようです。
条件だけ聞き取るリスニングに特化して集中トレーニングするなど、策を考えます。

9/9(木)14:10~17:00
2次対策 数学

▼内容
対数
▼コメント
前に補った部分をもう一度触れてみました。無事に身についたことを確認できました。

9/9㈭ 19:55〜20:45
共通試験 数学
1A2B
半分で時間を強制的に区切って次の大問に進んでみることを練習しました。誘導を上手に使って、あまり遠くを見すぎないことを指導しました。たくさんのことや道のりが見えないほど遠いことを無理して考えようとしても手も頭も動いてくれません。根拠を頼りに地道に計算することも大切です。ただ、ときには解答欄の形に合わせて辻褄合わせすることも短い時間の中では必要です。

9月10日(金) 18:00~19:50
共通テスト 英語
センター試験リーディングの過去問(2015年度)の問5・6の長文を時間を計って読んで設問に答えてもらいました。過去に授業で扱った問題ですが、復習も兼ねてやってもらいました。時間内にしっかり読んで答える練習を今後もしていきます。

9/13(月)12:10~15:00
2次対策 数学

▼内容
数と式
▼コメント
「数1の内容だから簡単」というようなことはありません。そして今回は、そんな[数と式]からの過去問をよく解けていました。良い傾向です。

9/13㈪ 18:00-18:50
共通テスト リスニング
大問5〜聞き取り、解説指導。
自動運転についての長文や、校則の役割についての長文などテーマもハイレベルでした。
ですが解説の中で、take advantage of A(Aを利用する)という熟語が出てきたときに、「単語王で出てきて覚えていた」という発言があったり、単熟語についてはとてもスムーズに理解できました。
for the sake of A「Aのために」
can’t help Ving「Vせずにいられない」
などです。
シャドウイングは各自でも毎日進めてください。

9月13日(月) 19:00~20:45
共通テスト 英語
複数の問題集を参考にして作成した文法問題を一コマ使って解いてもらい、後半のコマで解説していきました。文法の知識不足が未だに改善されていない生徒が見られるので、この授業を使って各自の知識の穴を確認してもらいました。やはり、全体的に文法の理解が浅い生徒が見られます。読むうえで欠かせない基礎知識なので早いうちにある程度身に付けていきましょう。

9/14㈫ 20:50〜21:40
共通試験 数学
1A2B
大問2つを跨いでの練習を継続していますが、まだまだ時間制限に厳しくなれていません。もっと厳しく、もっと細かく時間管理をするように指導しました。解法パターンというよりも自身の弱点パターンを理解する必要があります。己を知ることが少し分析不足のように感じました。

9/15㈬ 18:00-18:50
共通テスト リスニング
新しい予想問題の通しリスニングを行ないました。
あまり点数に劇的な変化がまだ見られず、50点くらいから70点くらいの得点です。全員安定して80-90点を取れることを目標にやっています。週に2回の50分ずつだけでは足りませんので繰り返しになりますが自発的にリスニングを行なってください。次回から解説に入ります。

9/16(木)12:10~15:00
2次対策 数学

▼内容
式と証明
▼コメント
それなりの難しさの入試過去問でしたが、大まかな方向性には間違いなしで、解けていました。成長のあらわれと言えるでしょう。

9/16㈭ 19:55〜20:45
共通試験 数学
1A2B
8割超えを安定させるための勉強法について解説しました。大きく分けて3つの課題を意識してもらうように言いました。そのうちの2つである制限時間無しで10割と模試で打ちのめされることは既に実践済みです。あと一つの厳しい時間制限で9割を完了させてください。弱点を修正するきっかけが得られるはずです。

9月17日(金) 18:00~19:50
共通テスト 英語
初めに、単語王テストを行いました。前回やった文法問題について、軽く復習をしてライティングの練習などもやってもらいました。後半のコマは、センター2000年の過去問の最後の長文を読んでもらいました。読む速度は全体的なまだ遅いですが、速読するために自分にとってどんな学習が効果的か把握し始めている生徒もでてきました。良い徴候ですが、時間も限られてきています。語彙力・文法知識の強化は今後も全員に必要なものなので授業で扱っていきます。

9/20(月)12:10~15:00
2次対策 数学

▼内容
模試の振り返り
▼コメント
2次試験の数学を全て完答するというのは、基本的にできません(例外としてできる人ももちろんいます)。今回の模試も同じ性質のようでした。完答を直接目標にはせず、受けた中での改善できそうな部分をひとつひとつ見つけましょう。

9/20㈪ 18:00-18:50
共通テスト リスニング
大問1〜2の聞き取り、解説
“I was going to-”と来たら、「するつもりだった」→つまりしなかった、という定型なので必ず押さえましょう。
out of service…故障中
-story…何階建ての、なので
three-storyは、三階建の
などの熟語や定型文を指導しました。
全体的に、単語力の強化が感じられます。

9月20日(月) 19:00~20:45
共通テスト 英語
比較や助動詞に関する文法問題を一コマ使って解いてもらい、後半のコマで解説していきました。as~as構文の基本的な知識の定着が必要の生徒もいるので、丁寧に解説していきまいた。合っていても、安心せず「なぜ合っているのか」と再確認すると知識がより深まります。不正解の選択肢なぜ不正解なのか、という事に意識を向けることも正しい知識を理解する上で大切です。

9/21㈫ 20:50〜21:40
共通試験 数学
1A2B
50点分の時間配分が少しずつ良くなってきました。問題を大きく3つに分けて、それぞれの最終問題を残して30分が経過します。本番ではもっと時間かかるので、これをまずは25分以内で埋められるようにしましょう。ただ答えを合わせるだけの作業にならないように注意してください。

9/22㈬ 18:00-18:50
共通テスト リスニング
大問3〜4の聞き取り、解説
会話の中の「〇〇はどうですか?」「それは都合が悪いので」「それではこちらはどうですか?」「それなら良いです」のような流れを、〇✕のようなメモでも良いのでメモしながら聞いておくと良いです。基本的に瞬時に訳さないとついていけませんので、正解率は単語量に左右されます。
unfortunatelyと来れば、何かが出来なかったのだと判断することができます。

9/23(木)12:10~15:00
2次対策 数学

▼内容
積分(定積分)
▼コメント
合成関数と部分分数分解の積分をやりました。積分は種類が多いです。いかに多くの種類に触れて、それを覚え活すことができるかにかかってきます。

9/23㈭ 19:55〜20:45
共通試験 数学
2B
積分計算で答えが解答欄にうまく当てはまらないとき、計算ミスをしている可能性もありますが、そもそも条件が違っている、積分する関数が間違っていることも十分にあります。模範解答と自身の解答のどこに意識の違いがあったかを確認しましょう。

9月24日(金) 18:00~19:50
共通テスト 英語
単語王の確認テストと、センターの古い過去問をやってもらいました。2001年の内容で、近年の論説的な長文ではなく物語形式の内容で、慣れていない生徒が多かったと思います。単語テストは半分以上は答えられるようになってきています。しかし、速読をするためには単語のスペルで意味を瞬時に思い浮かぶレベルまで引き上げないと難しいです。長文読解の解説が終わり、余った時間で単語テストで各自が答えられなかった単語の復習に従事しました。

9/27(月)12:10~15:00
2次対策 数学

▼内容
とある入試過去問集より2問…解の個数と絶対値、最大値と微分
▼コメント
計算力が必要な問題がありました。入試ではきれいな形の答えが出る問題が大半ですが、全てがそうというわけではありません。必死に計算した末に中途半端な値が出て、それが正解であることもあります。

9/27㈪ 18:00-18:50
共通テスト リスニング
大問5〜6の聞き取り、解説
長文聞き取りは有給(paid vacation)がテーマでした。そのため、
be entitled to-…-を受ける権利がある
cost to replace…後任を見つけるための費用
など、雇用に関係する語句が多い文章でした。
また、もう一つの長文はジェンダー問題がテーマで、こちらもハイレベルでしたが最終的には全ての文章を理解できました。

9月27日(月) 19:00~20:50
共通テスト 英語
単語王の確認テストと、記述問題を含んだ長文の読解問題に取り組んでもらいました。『英文読解の着眼点―言い換えと対比で解く―』の問題5「詩人の言葉とこどもの言葉の類似点」というテーマで、やや抽象性の高い内容でした。解答後、生徒からの質問や解説を通して全体の内容を確認していきました。指示語や代名詞が何を指示しているのか、あやふやな状態で読み進めている生徒が多かったです。内容理解の速度にもかかわってくるので、指示語の内容もしっかり意識しながら読みましょう。

9/28㈫ 20:50〜21:40
共通試験 数学
模試復習
駿台マーク模試の復習解説をしました。全体的に計算量自体は多くなかったです。計算ミスがどの単元でどれくらいの頻度で起きるかを数えてあげることが時間配分の決め方の参考になります。厳しい時間の中で7〜8割が取れるようになりつつあります。初見問題でもこれくらいを目指していきましょう。

9/29㈬ 18:00-18:50
共通テスト リスニング
新しい予想問題の通しリスニングを行ないました。
60-70点くらいです。もうあと一歩も二歩も欲しいところです。
特に大問5、6はテーマも聞き慣れなかったりするとどんどんついていけなくなるのでいろんな分野の単語を身に着けていく必要があります。
次回から解説に入ります。

9/30(木)12:10~15:00
2次対策 数学

▼内容
いくつかの大学入試過去問・・・円(図形と方程式)
▼コメント
問題を解ける頻度が増えてきたようです。少しずつであっても、進んでいることが実感できるとモチベーションに繋がります。

9/30㈭ 19:55〜20:45
共通試験 数学
1A2B
大問数を増やして70点満点で演習を行いました。解く順番と時間配分をより細かく意識することができました。どこに時間がかかっていて、どの計算が特に苦手なのかがどんどんわかってきています。より抽象的な部分の弱点を補うような意識が大切です。

タイトルとURLをコピーしました