2022年2月指導報告(保護者向け)

佐藤塾情報

この記事は佐藤塾に通う塾生・保護者様向けの内容になります。
日々の学習状況をご確認いただき、ご家庭でのお子さんとの会話にご活用ください。
※個別指導分についてはプライバシーの観点から掲載しておりません。
生徒の名前はイニシャルにしております。

小学6年生

2/3(木) 19:00~19:50

中学準備 英語

前回に引き続き一般動詞とbe動詞の区別の確認問題を中心に学習しました。それぞれの否定形、疑問文やそれの正しい応答表現など、大分整理がついてきた印象があります。

2/4㈮ 19:00〜19:50

中学準備 数学

前回に続いて、基準との差を考える問題を解説していきました。前回値を基準として表現されている問題では、基準とする値を どれか一つに固定し直す考えも必要になります。時差のような問題では基準を変えて表示できるようになりましょう。これができれば各国の時刻を求める問題が楽になります。

2/11㈮ 19:00〜19:50

中学準備 数学

素因数分解

素因数分解と最大公約数最小公倍数について解説しました。素因数分解した状態での共通部分が最大公約数で、各素因数ごとに次数の大きい方をかけていくと最小公倍数になります。素因数分解することで共通点や足りないものを探すイメージが持てると色々な変形ができるようになって便利です。

2/17(木) 19:00~19:50

中学準備 英語

中一の単語の意味確認を行ったり、簡単な日本語文から英語を作る練習をしてもらいました。I am a beseball playerのような文の代名詞を「You、He、She」等にかえるとBe動詞はどんな形になるのか、また否定形にするとどうなるのか。みんなで整理しながら続けました。

2/18㈮ 19:00〜19:50

中学準備 数学

倍数約数

ある自然数にできるだけ小さい自然数をかけて2乗のかたちを作る問題について解説しました。2乗を作るには素因数ごとに偶数乗を作るようにしましょう。そのために足りないものが必要な自然数です。割って2乗を作る問題でも同様の考え方ができたら最高です。

2/24(木) 19:00~19:50

中学準備 英語

単語の意味の確認や、今まで習ったBe動詞・一般動詞のまとめ問題などをやってもらいました。中学英語に向けた基礎知識は完璧に理解したとは言えなくても、早めに触れておくことは大事です。今後も英語学習頑張っていきましょう。



2/25㈮ 19:00〜19:50

中学準備 数学

正負の数まとめ 正負の数の四則計算から平均までのまとめ問題を演習しました。前日との差を基準との差に変えることはテストでも頻出なので何回でも復習しましょう。基礎計算自体についてはよくできているので、文章題から計算方法を導く練習をやっていきましょう。倍数約数についても復習をしていく予定です。

小学5年生

2/3㈭ 19:00〜19:55

小5 算数

周期

植木算と似ていますが、一定の周期のもとで規則性をもった問題の解説をしました。正方形に並べる問題の解法は何通りもありますが、わかりやすく考えて、他の問題にも通用するようにするためには同じものの繰り返しを見つけるようにすることです。それが4つあって1周しているなどが判断できれば、どれだけ大きい正方形でも簡単に計算できます。

2/10㈭ 19:00〜19:50

小5 算数

計算法則

主に分配法則について解説しました。分配法則を使って工夫した計算ができるようになると時間短縮にもなるし、計算ミスも減って一石二鳥です。ただし、暗記をしてはいけません。主に長方形の面積を利用することで分配法則が理解できます。そこまでの説明をできるようになりましょう。

2/17㈭ 19:00〜19:50

小5 算数

約数倍数

前回の分配法則の復習と、素数、素因数分解を用いた最大公約数最小公倍数の探し方を解説しました。共通部分を最大公約数、最大公約数に足りないものをかけたのが最小公倍数になります。知っている問題を何度も解くだけでなく、知らない問題を解くために知ってる問題からヒントを得ること、簡単な例で調べることをやってみましょう。

2/24㈭ 19:00〜19:50

小5 算数

単位

色々な単位の変換と、必要な計算について確認しました。世の中にはたくさんの単位で溢れています。長さや時間など同じものを表現するのにも色々な単位があります。状況に合わせて理解しやすく、計算しやすくするために単位の変換を行わなければなりません。割合の考えにも通じる部分があるので、具体例を上げながらたくさん練習しましょう。特に時計は10進法でないところに注意が必要です。

中学1年生

2/2㈬ 19:55〜20:45

中1 数学

テスト対策

直方体だけでなく、一部が切り取られた立体でもねじれの位置や垂直、平行を正確に書けるようにしておきましょう。裏が見えない多面体の頂点や辺の数も意外とミスが多い問題になります。見取り図や対称性を考えて焦らずに数えましょう。

2/2(水)20:50-21:40

中1 英語

■テスト対策(最終)

テスト範囲の現在進行形、過去形、過去進行形など全て確認していきました。

主語や疑問詞に要注意です。

Did-?で聞かれている文に、wasで答えてしまわないよう、しっかり確認してください。

ワークを3回進められた生徒さんはさすがに理解が深くなってきました。

2/3㈭ 20:50〜21:40

中1 数学

テスト対策 作図の復習をしましたが、距離が等しい点を見つけるための直線が何になるのか完璧でないようです。いろんな聞き方がされますが、垂直二等分線を描けといったような直接的な表現がされてなくても、その特徴や性質から何を描かせようとしているのか判断することを指導しました。

2/7㈪ 19:55-20:45

中1 英語

■教科書会話文

あなたは何の〇〇が好きですか?は、

あなたのお気に入りの〇〇は何ですか?

に書き換えができること、

a big fan of 〇〇で〇〇の大ファンである、ということなどを会話文から指導しました。

疑問文に答える問題で、

Is Riku’s favorite book difficult for him?

(リクのお気に入りの本は彼にとって難しいですか?)

という質問に対し、

Noのあとが詰まりました。 主語が何なのかということを見極めましょう。そしてそれを一言で表すと何なのかよく考えましょう。

2/9㈬ 19:55〜20:45

中1 数学

空間図形 図形の最終復習を行いました。だんだんと言葉で説明することが上手になってきました。そことかあれとか、つい使いたくなってしまいますが、記号と位置関係を正しく言葉で説明できることはとても重要です。それを文字にできれば誰にでも伝わる解答が作れます。すでに描いてある図を改めてノートに自分で描いてから問題を解くこともやってください。

2/9㈬ 20:50-21:40

中1 英語

■〜に見える

「嬉しそうに見えるね、何があったの?」「悲しそうだね、どうしたの?」

などの言い方を指導しました。

人 look A(形容詞)のAに入る部分として、

happy,sad,nervous,tired,bored,depressed,busy,angry,blueなどがありました。 主語によってlookなのかlooksなのかという見極めを一つずつ確認していきました。

2/10㈭ 20:50〜21:40

中1 数学

データの整理 主に平均値と中央値の違いについて解説しました。たくさんの〇〇値が登場しますが、全部説明できるようにしましょう。また、データの個数が偶数個と奇数個のときの中央値の求め方が違うことは必ず把握しておいてください。2年次の四分位数の理解に大きく影響します。

2/14㈪ 19:55-20:45

中1 英語

■未来形(Will)

今日から未来形に入りました。

「〜でしょう、〜するつもり」という使い方と、疑問文、答え方を指導しました。

未来を表す語句はtomorrowやtomorrow morning,next weekやthis eveningなどがあります。 will notの短縮形はwilln’tではなくwon’tと、少し変則ですのでしっかり覚えましょう。

2/16㈬ 19:55〜20:45

中1 数学

データの整理

前回の復習と、最頻値、度数分布表について解説しました。度数という言葉を聞き慣れないものとして拒否反応を起こさないようにしましょう。しっかりと意味が理解できれば難しい内容ではありません。度数分布表からは中央値や最小値、最大値は求まらないことに注意しましょう。

2/16㈬ 20:50-21:40

中1 英語

■未来形(be going to)

前回の未来形(will)と、今回の未来形(be going to)の違い、未来を表す語句を指導しました。

計画的な未来のことにはbe going toを使います。be動詞の文なので、疑問文や否定文はbe動詞ルールに沿うだけですのでそこの混乱は無さそうです。 二つの未来形を使いこなせるようにしていきましょう。

2/17㈭ 20:50〜21:40

中1 数学

データの整理

ヒストグラムと度数折れ線、相対度数について解説しました。視覚的に捉えやすくするものであり、2種類のヒストグラムを用意すれば傾向の比較を容易にできるようになることを説明しました。相対度数は全体に対するその階級の割合です。割合ということがわかればどんな計算かわかります。新しい用語がたくさんですが一個一個復習して意味を確かめていってください。

2/21㈪ 19:55-20:45

中1 英語

■未来形(Willとbe going to) 二つの未来形について理解を深めていきました。二つがごっちゃになってしまって、will going toにならないようにだけ気をつけることと、未来を表す単語を覚えましょう。主語が分かりやすくheやsheの場合はbe動詞に悩まないのですが、your motherになったときにbe動詞が何になるのか?という判別に時間がかかっています。別の言い方をすると何になるのかということ、その人物を思い浮かべてみることをヒントに慣れていきましょう。

2/23㈬ 19:55〜20:45

中1 数学

確率

確率の意味について確認しました。明確な定義自体を覚えるのも重要です。それと同時に自分の中で納得しやすいイメージを持つことも重要です。確率という言葉は初めて聞くような用語ではありませんし、今まで生きてきた中で使っていた確率という言葉と大きな差異はありません。あることがらの起こりやすさ、その程度であることを認識しておきましょう。

2/23㈬ 20:50-21:40

中1 英語

■会話文「何て言ったの?」

会話中に聞き取れない言葉が出てきたときにもう一度言って欲しいという言い方です。

What did you say?

Can you say that again?

Pardon me?

などで、もう一度言ってもらえます。 実際に使う機会があると良いですね。聞き返すのはよくあることなので、恥ずかしがらずに使いましょう!

2/24㈭ 20:50〜21:40

中1 数学

確率

実際に確率を調べることについて解説しました。サイコロを投げて3が出る確率はいくつかを調べたいとき、10回投げた場合と100回投げた場合ではどちらがより正確な確率になるのか、その理由も含めて解説しました。データの活用からの延長でもある内容なので、相対度数などの理解が必要であることも覚えておきましょう。

2/28㈪ 19:55-20:45

中1 英語

■会話文「〇〇してくれませんか?」

Can you-?を使い、何か頼むときの言い方とよく一緒に使われる動詞を学習しました。

窓を開ける、皿を洗う、洗濯をする、電気をつける&消す、電話に出るなどの生活に密着した動詞です。

Can you-?と同じ意味でWill you-?も使えることや、頼まれたときの承諾と断りの両方の答え方をよく覚えました。

for me:私に

with me:私と 区別して覚えましょう。

中学2年生(Aクラス)

2/2㈬19:00-19:50

中2 英語

■テスト対策(最終)

比較級と現在完了を中心に、テスト対策プリントで最終確認を行ないました。

beforeは現在完了ではどこに置くか、

alreadyやyetの使い方の最終チェック、

長文の読み方、thatは文中の何を指しているのか?日本語で説明しましょう、など実際のテストで出そうな内容を指導しました。 皆理解がとても良いです。テスト頑張ってきてください!

2/2㈬ 20:50〜21:40

中2A 数学

テスト対策 定理の逆と反例の確認はオッケーです。それを図形に利用する場合の条件の見つけ方、特に特別な平行四辺形についての選択を指導しました。等脚台形が反例として存在するパターンには注意しましょう。合同の証明は十分力は備わっているので、あとは引き出す速さだけです。

2/4㈮ 20:50〜21:40

中2A 数学

テスト対策 xy平面上での平行線と面積の復習をしました。四角形の面積を2等分する直線の式を求める手順は少し複雑です。四角形を同じ面積の三角形に等積変形し、その三角形を2等分するために底辺の中点を求めて、平行な直線から傾きを引っ張ってこなければなりません。単純な暗記で覚えるのは無理があるため、何がしたいのかを理解しましょう。

2/7㈪ 19:00- 19:50

中2 英語A

■模試解説

1月実施の模試結果返却と、内容の解説を行ないました。

so(とても)やvery much(非常に)は、否定文に入ると「そんなに(それほど)〜じゃない」の意になりますので、

it was not so longなら、それほど長くない

I don’t like catsなら、そんなに猫は好きじゃない

のように訳しましょう。

動名詞をよく理解できていました。

英作文も大変良くできました。 ぜひ結果をご家族で見て話し合ってください。

2/9㈬19:00-19:50

中2 英語

■模試解説

長文の解説を行ないました。前回の会話文と違い、長い物語を読んでいくようなものです。

stay atのあとには場所が来て「〇〇に滞在する」ですがstay withのあとには人名が入り、「〇〇の家に泊まる」という意味に変わります。

I was happy, too.

の書き換えとして

I was also happy.になる問題が出ました。 できていた人が多く、すばらしいです。単語のつづりミスはもったいないのでよくチェックしましょう。

2/9㈬ 20:50〜21:40

中2A 数学

模試解説

模試の前半部分の解き方と時間配分について解説しました。長岡高校普通科S判定を基準とすると、80点は取りたいです。どこの問題を何分で解けるようになりたいかを具体的に説明していきました。悩む場合の時間設定の上限も用意して、解けるのに時間がなくて取り組めなかった問題が無いようにすることが大事です。

2/11㈮ 20:50〜21:40

中2A 数学

模試解説 前回に続いて模試の大問5と6を解説しました。速度(傾き)の変わる1次関数の問題では、まずはしっかりとグラフを読みましょう。xとyがわからないまま問題を解くことはできません。次に必ず切片を置きましょう。0であっても切片を意識してください。最後の立体の問題で体積を求めるときは、その立体に名前をつけられない場合は名前がつけられる(体積の公式がある)立体に切り分けて考えるようにしましょう。

2/14㈪ 19:00- 19:50

中2 英語A

■教科書本文理解(中3)

中3の教科書の内容に入りました。

新出単熟語、英文の聞き取り、本文の1文ずつの意味確認と音読を行ないました。

1文ずつ、正確に訳すことを意識して行ないました。有名な英語の歌の紹介文でしたので、訳す前に少し歌を聞いてみました。「力強い歌詞」「友達を思い出させる」などが感覚的にも分かったようです。また、タイトルが歌われたときに「今、〇〇と言ってた!」と聞き取れていました。

2/16㈬19:00-19:50

中2 英語

■教科書本文理解(中3)

現在完了進行形が出てくる会話文を読み解きました。

現在完了との違い、また現在進行形との違い、現在完了進行形が持つ意味とニュアンスを解説しました。 現在完了進行形はこれまでもやって来て、まだこれからも続くイメージです。英作文にも使いやすい文法なので、理解できるよう繰り返していきます。

2/16㈬ 20:50〜21:40

中2A 数学

乗法公式 今回から3年の内容に入りました。分配法則の復習をしたうえで、乗法公式の成り立ちと便利な使い方を指導しました。いきなりはいこれ覚えてと言われても納得がなければ難しいです。長方形を描いて展開のルールが納得できるようにしましょう。因数分解を攻略するためにも乗法公式は必ず身につけなければなりません。

2/18㈮ 20:50〜21:40

中2A 数学

乗法公式 乗法公式の演習解説を進めていきました。色んな形の展開を練習して精度と速度を上げていきましょう。並び替えや置き換えを利用して乗法公式が使えるような形に変形することを身に着けましょう。地道な作業ですが、避けては通れない部分なのでコツコツと練習を続けてほしと思います。

2/21㈪ 19:00- 19:50

中2 英語A

■教科書本文理解(中3)

「スタンド・バイ・ミー」の曲紹介文を聞き取り、意味確認しました。

聞き取り能力がとても高いですし、文章の理解力も素晴らしいです。現在完了進行形についてはまだ深く理解が追いついていないので、今後繰り返していきます。

though(だけれども)が出てきましたので、混乱しがちになる似ている単語

thought, through, thorough, toughに触れました。似すぎている!と笑いながら興味を持って学んでくれました。

2/23㈬19:00-19:50

中2 英語

■教科書本文理解(中3)

避難訓練のリスニングと、おすすめを聞く場合の会話文を指導しました。

学校で言われている避難訓練の時の指示と、オーストラリアの英語での避難訓練の指示の共通点があるか探してみました。

物を取りに戻らない、荷物は置いていく、などの指示が日本と同じだということに気付きました。 会話文では、「東京に行くなら〇〇がオススメ」「〇〇には何度も言ってるけどとても良いよ」などの日常英会話を練習しました。

2/23㈬ 20:50〜21:40

中2A 数学

乗法公式

前回に続いて乗法公式の確認と練習を行いました。公式を覚えようとするだけでなく、実際にたくさん使ってみてください。置き換えを利用した問題も結局は乗法公式を使いたいから置き換えているということを意識しましょう。因数分解を使いこなせるようになるためにも乗法公式の反復練習は欠かせません。

2/25㈮ 20:50〜21:40

中2A 数学

乗法公式

乗法公式を利用した効率的な計算問題について解説しました。103×97などの、筆算でもめんどくさそうな問題は乗法公式を活用しましょう。100+3と100−3の掛け算ということがわかれば一気に計算が簡単になってくれます。どうやって工夫して楽に計算できるかを考えていきましょう。

2/28㈪ 19:00- 19:50

中2 英語A

■教科書本文理解(中3)

受け身形が出てくる本文の聞き取り、解説をしました。

〇〇します、という能動態の逆パターンで、

〇〇されます、という形で受動態とも呼ばれます。学校では受け身形という名前で教わるようですがどちらの言い方も覚えておいてください。

どこどこで使われます。こんな時に使われます。という2文のヒントでなんのことか当てるゲームは、みんなすぐに当てることができました。

It is used in the kitchen.It is used when you want hot water.

答え:kettle のような、クイズで楽しみながら受け身形を練習しました。

中学2年生(Bクラス)

2/1㈫ 19:00〜19:50

中2B 数学

テスト対策

二等辺三角形になるための条件、正三角形になるための条件、平行四辺形になるための条件のすべてを完璧にスムーズに引き出せるようにしましょう。覚えていてもまだまだ引き出すのに時間がかかっています。また、定義から証明できるようになればより実力として吸収できるようになります。テスト間近ですが演習量を稼いで最後までやり遂げましょう。

2/1㈫ 19:55〜20:45

中2B 英語

テスト対策

現在完了形の文法演習を復習しました。goneとbeenの意味の違いをはっきりさせておきましょう。現在まだ戻ってきていない、今ここにいない場合はごね

2/1㈫ 19:00〜19:50

中2B 数学

テスト対策

二等辺三角形になるための条件、正三角形になるための条件、平行四辺形になるための条件のすべてを完璧にスムーズに引き出せるようにしましょう。覚えていてもまだまだ引き出すのに時間がかかっています。また、定義から証明できるようになればより実力として吸収できるようになります。テスト間近ですが演習量を稼いで最後までやり遂げましょう。

2/1㈫ 19:55〜20:45

中2B 英語

テスト対策

現在完了形の文法演習を復習しました。goneとbeenの意味の違いをはっきりさせておきましょう。現在まだ戻ってきていない、今ここにいない場合はgone、すでに戻ってきている場合はbeenになります。その他にもhave workedとhave been workingにも用法の違いが見られます。今の状況がどうなのかといった点から用法が完了か継続か判断できます。

2/5㈯ 17:10〜18:00

中2B 数学

平面図形

図形分野の全体を通した復習として角度と多角形の問題から演習していきました。平行線を引いたり内角と外角の関係を用いたりすることの応用はよくできていました。図形が重なっていて見えにくい場合も、合同と等しいところのマークを図中に記録することで見えやすくなります。

2/5㈯ 18:10〜19:00

中2B 英語

現在完了形

現在完了形の継続用法が使われている長文読解にチャレンジしました。時制から時系列を抑えて、どういう順番で何が起きたかを把握しましょう。その時の主語は何を思ったのかも書かれているので時間軸をはっきりさせながら話の展開を追えるようになってください。主語と動詞から書いてあることを明確にした上で文脈を読み取りましょう。

2/8㈫ 19:00〜19:50

中2B 数学

平面図形

2直線が垂直であることを証明する問題では、直角三角形の合同を利用して、その鋭角と等しい角を見つけましょう。それらの和が90°になるので、隣り合わない外角も直角になります。垂直の証明といった問題は初見であっても、その中身は合同です。習っていないから解けないというのは大間違いであることを認識しましょう。

2/8㈫ 19:55〜20:45

現在完了形

前回に続いて会話文の長文を演習していきました。問題文に即した英作文中心の問題でした。質問文に対して本文の内容に合うように答えなければいけない問題では、当然正しい内容を答えなければなりませんが、時制には注意してください。過去形で聞かれていたら、本文が現在完了形で説明されていた内容でも、その過去の瞬間に対しての質問なので過去形で答えましょう。

2/11㈯ 17:10〜18:00

中2B 数学

平面図形

正方形や正三角形を利用した合同の証明は定期テストレベルなら十分通用するようになってきました。事柄の逆を答えてそれが常に成り立つかどうかの論理的な判断が問われる問題が意外と落とし穴です。なんとなく合ってそうと思うと非常に危険なのでかならず根拠を示すようにしましょう。

2/11㈯ 18:10〜19:00

中2B 英語

現在完了形

経験用法を用いた長文読解を進めていきました。継続と経験の違い、使われやすい単語確認はばっちりです。しかし、それを本文の内容把握に使う段階となるとまだまだ演習不足です。一文の意味を聞かれたときに主語を省略して答えようとすることがNGです。文法的に訳すことを意識してください。

2/15㈫ 19:00〜19:50

中2B 数学

平面図形

反復練習を繰り返すことで合同の証明もだいぶ力がついてきました。最初は心配だったけど、だんだんと合同が得意になってきたとまで言えるようになったので素晴らしいです。この感覚を他の教科や単元でも得られるように頑張っていきましょう。

2/15㈫ 19:55〜20:45

中2B 英語

現在完了形

完了用法を用いた長文読解を解説しました。ただの過去形と現在完了の完了用法の違いを明確にしなければなりません。いつの情報を求めているか、文脈や前後の文の時制から判断しましょう。1文1文それぞれを訳すのはいいですが、あくまでも大きな文章なので、文と文が繋がるように意識してください。

2/19㈯ 17:10〜18:00

中2B 数学

模試解説

大問1〜大問3までの解説を行いました。最初の小問集合でミスがあった人は必ずその単元の計算練習を復習してください。大問1と大問2で50点弱も取れます。実際の入試と内容に大きな差異はなく、模試で取れるかどうかがそのまま本番で取れるかどうか一番はっきりする部分でもあります。関数と連立方程式の文章題は解けるようにしておきましょう。

2/19㈯ 18:10〜19:00

中2B 英語

模試解説

大問1〜2の解説を行いました。リスニングは問題の選択肢を先に読んでおいて、何について問われそうか話題はなんだろうか予め予想を立てておきましょう。長文でも話の内容のヒントが問題文に書かれていたりもします。わからない単語があったことについては、わからなかったものはしょうがないので直ちに例文と発話をもって復習してください。

2/22㈫ 19:00〜19:50

中2B 数学

模試解説

大問4〜6の解説を行いました。現段階で各大問の最後の問題を解けるようになる必要はありません。もっと基礎的な部分の★バツを減らせるような復習をしていきましょう。(1)の問題は基礎内容なので計算ミスなく解けなければいけません。(2)以降で問題文の意図する誘導を考えられるようになることが課題です。

2/22㈫ 19:55〜20:45

中2B 英語

模試解説

大問3〜4の解説を行いました。複雑な文法は登場していません。まずは主語と動詞を見つけることが大事です。動詞の形にも気をつけましょう。今後どんどん必要な知識量は増えていきます。模試の★バツを使って広く復習しながら新しい文法も学んでいってください。

2/26㈯ 17:10〜18:00

中2B 数学

確率

1年次に学習した確率の定義の確認と、樹形図、余事象まで解説しました。起こりうるすべての確率を足すと1になります。1からある確率を引けばそうじゃない確率が求まるという余事象の考え方は絶対に使えるようになりましょう。基本として、全パターン調べることから始めましょう。

2/26㈯ 18:10〜19:00

中2B

長文読解 家族紹介についての長文読解を進めました。過去に起きたことは過去形ですが、習慣になっているものは現在形です。家族の一日の行動が紹介されているときは、その時系列を意識しながら読んでいきましょう。本文の内容と合っているものを選ぶ場合は、半分合ってるけど半分間違っている内容も選択肢にあるので、しっかりと全部読んで、部分的に違う箇所を具体的に明らかにしてください。

中学3年生

2/2㈬ 19:00〜19:50

中3 数学

H31年度解説

規則性の中に倍数や整数を考える必要がある問題では、それぞれの倍数の特徴を思い出しましょう。 空間図形は平面を抜き出して考えましょう。立体内部の点を表面に移動させて位置関係と高さを測る術を身につけられたら最高です。どんどん力がついてきています。残りの1か月全力で走り続けてください。

2/2㈬19:55-20:45

中3 英語

■熟語テスト

■入試過去問(会話文)

今回は過去問の正解率が高く、全員8割〜できた人は9割以上取れています。 一文ごとにこのthemは人を指しているのか、なんの事柄を指しているのか明確にしながら訳していくように意識しましょう。

2/4㈮19:00-19:50

中3 英語

■熟語テスト

■入試過去問

入試過去問は一文が長い文が多用されていて、正しく訳して理解するのに時間がかかっていました。

どんなに長い文でも、短く節で区切ってスラッシュリーディングしていく癖付けをしましょう。

熟語のテストをずっと継続していますので、たいていの長文はよく読めるようになってきています。

2/4㈮ 19:55〜20:45

中3 数学

R2年度

大問2と3でミスがあると点数が大きく下がってしまっています。ここで悪い方に差をつけられてしまうと苦しい戦いを余儀なくされます。時間配分は少しずつ改善されていますが、どうしても関数に時間が取られがちな上、正答率も良くないです。他にできる問題があるなら必ずそれは解かなければならいといった意思を持ってほしいです。

2/5㈯ 15:10〜17:00

中3 理科

R2年度

すでに初見ではないためかなり得点は高くなっています。逆にそろそろ複数回チャレンジの過去問は100点にできるようにしましょう。間違えた問題の答えを覚えるのではなく間違えた理由を覚えましょう。蒸散量の計算問題では、茎からの蒸散量を考慮することを忘れないでください。地震はほぼ出題されないでしょうが、知識量もそんなに必要ではないので軽く復習はしてください。

2/8㈬ 19:00〜19:50

中3 数学

R2年度解説 規則性の一般化の重要性を解説しました。例が複数図示されている場合がほとんどなので、そこからパーツごとに規則性を見つけていくようにしましょう。空間図形は誘導が必ず存在します。誘導を活かせるような平面を見つけましょう。点と直線、点と平面の距離は空間の中にあるものをそのまま計算しようとしないで、一つの平面に落とし込むように見てあげることがポイントです。

2/9㈬ 19:00〜19:50

中3 数学

R2年度解説

規則性の一般化の重要性を解説しました。例が複数図示されている場合がほとんどなので、そこからパーツごとに規則性を見つけていくようにしましょう。空間図形は誘導が必ず存在します。誘導を活かせるような平面を見つけましょう。点と直線、点と平面の距離は空間の中にあるものをそのまま計算しようとしないで、一つの平面に落とし込むように見てあげることがポイントです。

2/9㈬19:55-20:45

中3 英語

■熟語テスト

■入試過去問

1文が長いのでうまく訳せなかった文章を、少しずつ区切って読み解いて行きました。1文の中にも関係代名詞だったりmake A Bの形だったりA of Bの形だったりが、複数入っていることもあります。

例えば今回一番長かった1文としては、

Some Japanese designers thought that something was necessary to show people who didn’t know the Japanese language how to go to the places they wanted to visit.

という文です。

どこで区切れば読みやすいか、分かりますか?

2/11㈮19:00-19:50

中3 英語

■熟語テスト

■文法テスト

中1〜中3までの文法要項を網羅したまとめテストで定着度を確認しました。

毎週の熟語テストの成果もあり、90点以上が4人、うち100点1人、99点1人、低くても8割ほど取れています。

色々な文法や熟語を本当によく身に着けてきていると感じます。受験まであと3週間、さらに抜け漏れをなくして定着を目指していきましょう。

2/11㈮ 19:55〜20:45

中3 数学

過去問大問1

大問1を連続で4年分チャレンジしてもらいました。各8分の制限時間を設けました。最初はギリギリだったり見直しまで気が回らなかったりしていましたが、4回目ともなればかなり意識の視野が広くなって時間的余裕もできていました。ここでは絶対に満点を取るという強い意志がはっきりと芽生えてきました。

2/12㈯ 15:10〜17:00

中3 理科

公立入試対策 選択問題と計算問題の難易度の高い兵庫県の過去問にチャレンジしました。選択問題を甘く見て本番で足元を掬われないようにしましょう。必要な知識が同じでも、言い換えや関連の付け方で正答率は大きく変わってきます。同じ問題新潟の過去問にもあったと思えたかどうかが分かれ目です。問題文から解答まで線で繋がった思考を意識しましょう。

2/16㈬ 19:00〜19:50

中3 数学

過去問大問1 前回と合わせて計10年分の大問1を8分チャレンジしました。これをやったことで確実に時間的余裕も心の余裕も生まれてきました。本番まで残り2週間となりましたが、日に日に焦るのではなく、日に日に自信がついていけるようできることを確認していきましょう。あとちょっと、最後の一踏ん張りです。

2/16㈬19:55-20:45

中3 英語

■熟語テスト

■入試過去問

長文を読み解きました。

笑うことの心身への影響の話です。

smileとlaughはどう違うか、関係代名詞を用いた文ではどのように訳すか、very muchは否定文では「非常に」ではなく「それほどではない」に変わること、make A Bやteach A Bの形、熟語などを取り上げて解説しました。 全体的によく読めていましたし、時間配分も良かったです。テーマにもよるのですが今回のように読みやすいテーマだと正解率がすごく良いです。もし難しいテーマが来たとしても、入ってくる文法事項はそれほど差異がないので落ち着いて読みましょう。

2/18㈮19:00-19:50

中3 英語

■模試解説

模試の長文一つを解説しました。

一つの文に登場人物が複数出てくるような文章では、それらを一つずつ明らかにして混乱しないように読み解きました。

look A, feel A, seem Aなどの訳し方、不定詞、動名詞の訳し方などに気をつけて1文ずつの解説と、模試のとき間違えた問題の解き直しを行ないました。

これまで時間をかけて熟語をたくさん覚えてきました。長文もよく読めるようになってきています。

2/18㈮ 19:55〜20:45

中3 数学

模試解説

最後の模試解説を行いました。作図の正答率がかなり低かったのですが、つまりは鏡光の反射の問題であると伝えれば解けていました。平均点が下がっても今まで解説してきたポイントを抑えれば、少なくとも70点を下回ることはありません。あと少し、問題文を自分の知っている言葉に言い換える練習をしていきましょう。

2/19㈯ 15:10〜17:00

中3 理科

公立入試対策 長野県過去問に挑戦しました。難易度は新潟県と同程度です。問題数と文量がやや多く、適切に読み取ることが求められますが、しっかり読めれば理解は難しくありません。点数を安定させるためにはまっすぐな問題をまっすぐ解くことです。そのための知識の復習を最後に総ざらいしてください。

2/23㈬ 19:00〜19:50

中3 数学

R3年度過去問

去年の過去問を50分丸々使って本番のようにチャレンジしました。出題形式に変更があっても焦らずに本質を見抜けるようにしましょう。大問数が変わったりしてた場合でも、まず全部の問題を確認することからはじめれば時間配分も適切に対応できます。

2/23㈬19:55-20:45

中3 英語

■令和三年度入試過去問

昨年度の入試過去問をリスニングも含め全て通しで解きました。時間が足りないということは無かったのがまず良かったです。

次に、リスニングの正答率が安定していました。

会話文、長文については高配点である問で部分点になってしまっています。

次回詳しく解説します。

2/25㈮19:00-19:50

中3 英語

■過去問解説、英作文指導

前回解いた入試過去問の解説を行ないました。高配点の問はぜひ部分点ではなく完答で得点していただきたいです。そのために、どこをどう訳せば良かったのかを指導し、皆よく理解しました。

英作文では、小難しいことは言わずに、聞かれていることに対しての答えになっているか、具体的なエピソードを入れる、便利なits 〇〇 for me to doをどんどん使っていく。などをポイントに指導しました。

入試前の英語の授業は最後です。 皆、驚くほど英語力がつきました。入試は落ち着いて実力を発揮してきてください。応援しています。

2/25㈮ 19:55〜20:45

中3 数学

R3年度解説

一部難化した問題がありましたが、目標は100点を取ることではなく合格点を取ることです。長岡高校を目安として80点取れれば合格点として十分と言える問題でした。80点をクリアするためには難化した問題の攻略は必須ではありません。今まで言い続けてきた解ける問題をしっかりと正答にすること、形式が変わっても必要知識は変わらないことを確かめてください。

2/26㈯ 15:10〜17:00

中3 理科

R3年度過去問

最後の最後、去年の問題に挑みました。今までの授業の中で大切なこと、必須なことは全部伝え切りました。本番までの残り時間は広く浅く網羅的に基礎知識とその使い方を確認してください。問題文の文量が増えても焦らずに内容把握に努めましょう。本番なんとかやってやると意気込むよりは普段通りを意識してください。

タイトルとURLをコピーしました