新潟県高校入試国語攻略について

新潟県高校入試

この記事は3分で読めます。

夏期講習特別講座「国語」の振り返り

8月12日に国語の特別講座が実施されました。

毎回のことですが、国語は一番人気で参加者が毎回多いです。

それだけ国語に関心のある子が多いのだと思います。

文章読解が苦手な子は年々増えている印象で、文部科学省の学力調査でも読解力の如実な低下が問題視されています。

原先生の授業では文章を読むときのポイントをわかりやすく論理的に解説してくれるので、子どもたちもよく頷いていました。

金沢大学院まで国語を専門として研究し、その後石川県の進学校の先生としても活躍されていた原先生の授業は、同じ講師である我々から見てもとても分かりやすく、舌を巻くほどでした。

原先生は石川県の進学塾でも長く指導されており。

教え子からは毎年東京大学・京都大学・大阪大学などの高偏差値大学進学が輩出されており、まさに受験国語のスペシャリストと言っていい先生です。

原先生自作の問題集

新潟県高校入試の国語

以前も書きましたが、新潟県高校入試は国語だけ突出して難易度が高いことで有名です。

新潟県公立高校入試「国語」で高得点を取るためのテクニック~第2回新潟県統一模試 国語を解説しながら学ぼう~

こちらになぜ新潟県高校入試の国語が難しいのかとその攻略法について解説していますので、よろしければご覧ください。

去年まで国語は私が担当していましたが、私より適任である原先生が来てくださったので担当をバトンタッチしました。

新潟県高校入試は英数理社はしっかり勉強すれば満点を取ることも難しくありませんが、国語は適切な指導者に習わないと正直高得点はかなり難しいと思います。

日常的に活字に多く触れる習慣があり、かつ文章を書ける子じゃないと80点以上は難しいです。

厄介なことは専門家に習ってショートカットするのも受験では重要なテクニックです。これは国語だけでなくほかの英数理社にも言えることで、知っているのと知らないのでは雲泥の差が出てしまうのが受験です。

このブログで積極的に受験に関する重要な情報を発信してはいますが、まだまだ伝えきれていないことがほとんどです。塾生の皆さんは日々先生のポロっと漏らした言葉にも重要なヒントが隠れていることを意識して授業は全集中で臨んでください。

タイトルとURLをコピーしました