中学1年生の最初のテスト結果が3年間の成績?

受験対策

この記事は3分で読めます。

中学1年生の最初のテストが勝負

先日附属長岡中の受験が終わり、受験生たちは一息ついたころだと思います。

しかし、ここで勉強をやめるのは大変危険です。

なぜなら中学1年生の最初のテスト結果で3年間の成績がほとんど決まってしまうからです。

面白い話なのですが、毎年6月にある中学1年生の最初の中間テストの結果が3年間の成績とほとんど同じになるというデータがあります。

もちろん、途中から下がってしまう子もいますが、逆に最初のテストが奮わず、中3になってから盛り返してくるというケースはほとんどありません。

もちろん、途中から成績が上がるケースもあります。

あくまで自然体でいた場合、という意味になります。

学校の授業に部活、そして習い事

小学生までと違い授業時間も長くなりますし、部活動も始まります。

新しい人間関係も始まり中学1年生になりたての頃は環境の変化についていくだけでも大変でしょう。

しかし、そこで勉強時間を増やせなければテストの成績は下がる一方になってしまいます。

なぜなら中学校での学習量は小学校よりずっと多いからです。

小学生まで1日1時間勉強していた人も、さらにもう1.5時間は増やしたいところです。

実際、私自身がそうでした。

小学6年生までの成績は良かったのですが、中学1年生になるタイミングで塾をやめ、その後どんどん落ちていき、わからないところが増え、学習意欲が低下し、取り返しがつかないところまで成績が低迷しました。

中学3年生の夏、いよいよまずいと悟った親が某集団指導塾に私を入れ、同時に個別指導塾にも通わされました。しかし、その成果もむなしく、私はボロボロの内申点学力で高校受験を受けることになりました。

その不調は高校生活でも続き、いよいよ進退窮まって勉強に打ち込みだしたのは浪人してからでした。(ほとんど学力が備わっていない状態で短期間での逆転合格、サクセスストーリーのようにも聞こえるかも知れませんが、地獄の11か月だったので人には同じ思いはしてほしくないです)

過去の自分にアドバイスできるなら、中学は入ってからが本番なので気を抜くなと言ってやりたいですが、ゲームに夢中だった私は聞く耳を持たなかったと思います。

私のあほ!

附属中に入ったときの成績は120人中60~70位くらいでしたが、秋になるころには100位以下に落ち込んでいました。

450点取れればそうそう成績は落ちない

私自身の反省もあり、塾生の子たちには節目節目に休むことはあっても、勉強を止めるべきではないと繰り返し伝えてきました。

今年、中3で受験生の子。東北中学校で学年1位になったことのある子が最初のテストで取った点数は481点でした。

その後、点数の上下は多少ありますが、おおよそその成績を現在までキープできています。小学4年生の頃から通ってくれていますが、素晴らしい成長です。

小学校から通ってくれていた子には中学1年生の重要性については繰り返し伝えてきています。

素直な子はそのアドバイスをよく聞き、3年間危うげなく好成績をキープしています。

不思議なもので、一度450点以上を取ると、次も450点以上が取れます。

人口衛星が地球の軌道に乗り続けているように、一定のレベルまで上がるとそうそう落ちてこないのです。(完全な安全圏は470点以上です)

ならば早い段階で450点以上にたどり着けば、その後も安定するので、中学1年生の段階で好成績を取れるよう努力した方が良いのです。中学時代の私のように中3の夏から(特に親が)焦っても遅いし、期待できる学力アップの幅はずっと狭いのです。

教育投資は早い方がコスパが良い(by佐藤亮子さん)

私のブログでたびたび名前が出てくる佐藤亮子さんですが、教育投資は早い方がコスパが良いと言っています。

実際、これは私自身の経験にも重なる話です。

浪人時代の私は年間百何十万円もかけて塾に通わせてもらいました。結果、志望校に合格できたからよかったですが、18歳を過ぎてからの教育投資は高くつきました。

虫歯や病気の治療と同じく、勉強も早期(課題・問題)発見、早期治療が効果的なのです。遅くなれば遅くなるほど効果は期待できなくなっていきます。

中学受験しない人は今から中学1年生の勉強をしよう!

すでに小6の塾生たちには中1のテキストを配り始めています。

今から中1の内容を学べばそれだけライバルたちに先んじることができるからです。そのリードが精神的ゆとりを生み、その後の成績に良い影響を与えてくれます。

春期講習では毎年恒例の「内申点の取り方講座」もやり、内申点の仕組みや取り方についても解説します。その中で先取りの有効性についても解説しますが、できるなら今から中学の内容に取り組みましょう。(都心の小学生は中学3年生の内容まで終わらせています)

皆が油断している今が最大のチャンスです。人が休んでいるときにこそ、勉強できれば優位に立てます。

未来への投資は早い方が効果的です。

これは何も小学6年生に限りません。

どの学年の人も、今何をするべきか、先々について考えてみてはいかかでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました