本気になれる、居場所がある

子どもたち1人1人に講師全員で向き合います

 「先生、数学の点数上がったよ!」

 「第一志望に合格できました!」

 子どもたちの喜ぶ顔が私たちの原動力です。

         佐藤塾長岡本校教室長 清水

友だち追加

佐藤塾の実績

2023年度 東中学校 学年1位

2022年度 東北中学校 学年1位

2021年度 今町中学校(見附市) 学年1位・2位・3位

卒業生たち・保護者の声

Aさん 長岡高校理数科

僕は中3の夏に佐藤塾に入りました。

入ったころの志望校は向陵高校でしたが、ある日塾長に「君なら長岡高校に行ける」と言われました。絶対に向陵高校に行きたいというわけではなかったので、いっそのこと上を目指そうと思って志望校を長岡高校理数科に変えました。

それから長岡高校合格に向けて一生懸命勉強しました。

塾に入ったころは向陵高校に入れるかどうかわからないほどでしたが、10月くらいには大手高校に行けるくらいになりました。

そして、1月からスパートをかけ、ほぼ毎日塾に行くようにしました。

その結果、念願の長岡高校理数科に入ることができました。

なぜ僕がここまで頑張ることができたのか。それは勉強に意欲をもったからです。

講師の方の教え方がとてもわかりやすかったのもありますが、自分から積極的に勉強し、それを楽しむことができたからです。

この佐藤塾に入って勉強の楽しさを知ることができました。

今でもこの塾でよかったと思っています。

Aさんの保護者様の声

家で勉強する習慣もなく、毎日ゲームをする時間も長かったですが、友達の紹介で佐藤塾に入塾しました。

塾長をはじめ講師の先生方のアドバイスを頂き、入塾してまず本人が変わった事は、目標が持て、やる気と自信が持てた事です。

「必ず、第一志望の高校に合格する!」と決めて、頑張っていました。

本人の能力に合わせて学習カリキュラムのアドバイスを頂き、授業を進めて行き、おかげさまで第一志望の高校に合格することができました。

高校生になった今も、第一希望の大学合格を次の目標に毎日頑張って通塾しています。

先生方には、学習面はもちろん、本人と親の心の支えになって頂いて、とても感謝しています。

又、色々なイベントもあり、雰囲気のよい、楽しい塾だと思います。

自分を信じ、家族が支えた成功体験

夏期講座から入塾したAさん

入塾して数ヶ月が経ち、定期テスト2週間前にAさんに「5教科の目標合計点は?」と聞いた。「500点!!」と真剣な顔。結果は500点ではなかったけれど・・・驚いた。

また、当初志望校を聞いた。「○○高校。」 そうか・・しかし数学の実力が素晴らしかったので、「長岡高校にしよう。君にぴったりの学校だよ。」と伝えた。冬にまた同じ質問をすると「長岡高校。」と変わっていた。3月、長岡高校合格。お母さんから感動の電話。見事。

Aさんのお母さんもずっとAさんのことを信じて続けていた。送迎や手作りのお弁当、細やかな気遣いで支え続けたお母さんとともに勝ち取った第一志望校合格。家族の協力があった。

友だち追加

卒業生たち・保護者の声

Bさん 見附高校普通科

まず、私がこの塾に入ったきっかけは、友人からの紹介です。

それまで私は、ある理由がきっかけで半年間不登校でした。

また、この半年間でなまけぐせがつき、勉強なんて全然しませんでした。

しかし、夏期講習がきっかけで変わりました。それまで、1日1時間すら勉強していなかった私が、朝の9時から夜の9時まで勉強するように変わりました。

それも日曜日を除き毎日。

これがきっかけで大幅に学力UPし、自分に自信がつき、夏休み明け、半年ぶりに学校にも登校できるようになりました。

また、担任の先生からは、明徳か英知高校を最後までススメられ、私の行きたい高校の名前を言うと、まず「厳しい」と最後まで言われ続けました。

しかし、最後まであきらめず、毎日塾に通い続け、見事に第一志望校に合格することが出来ました。

これも全部、いままで支え続けてくれた親や塾長、各講師方のおかげです。

やる気があり、最後まであきらめなければ夏からでも十分間に合います。

頑張りましょう。

Bさんの保護者様の声

以前通っていた塾では成績も上がらず、本人も最後の方はヤル気がなく小6から通っていた塾を私も渋々中3に上がる前に辞めさせてしまいました。
その頃不登校になってしまい、勉強も全然せず家でゲームばかりしていて、本人は受験生の自覚もなく、せめて高校には行って欲しい私だけが焦り、「高いけど家庭教師しかないかな…。」とパンフレットを取り寄せたり色々探したりしていた矢先に息子の友人から誘いがあり、本人も行ってみたいと言ったのが佐藤塾に通い始めたきっかけです。
もう中3の夏休みでした。
正直友達と一緒だと喋ってばかりで勉強に集中出来るのか少し不安もありましたが家にいてゲームをする時間が少しでも減らせればという思いもあったし、何より自分から通いたいとヤル気を出してくれた事が嬉しかったです。
夏期講習で毎日通い、幸い夏休み明けから学校にも行けるようになり、佐藤塾に通った事でヤル気スイッチが入ったのかなと思います。
担任からは息子の行きたい志望校は厳しいと最後まで言われました。
しかしそれでも本人は最後の最後まで志望校を変えず、心配する周りをよそに、「絶対に受かるから!」と信念を持ち、必死に勉強し、雨の日も雪の日も毎日塾に通い続け見事合格する事が出来ました。
私は喜びのあまり、真っ先に塾長に電話しました。
あの喜びは一生忘れる事はありません。
本当によく頑張ったと思います。
ヤル気を出すのに早い遅いは関係ないんだなと思いました。
諦めずにやりきって成果を出した息子を誇りに思います。
佐藤塾に誘ってくれた友人をはじめ、親身になってくれて子供のヤル気を最大限に引き出してくれる塾長や講師の方々には心から感謝しております。
当初は受験が終わったら辞めさせるつもりでいましたが、本人がまだ通いたいと今現在もお世話になっております。

母と息子の共同作業

夏期講座から入塾したBさん

 当初はあまり長い時間は学習に集中できないようだった。「少しずつでいいから長く集中できるようにしていこう。あせらなくてもいい。みんなそうだから。」と伝えた。「はい。」その返事の素直さに可能性をみた。そして夏期講座終了数日前には朝9時から夜9時まで集中できるようになっていた。

学校の始まる前日、「明日から学校だね。どうだろうか。明日から心機一転。新しい気持ちで学校に行ってみないか?」少し考えたBさんは「はい!」と素直な返事。 翌日からBさんの更なる第一歩が始まった。そして入試当日までやり通した。

 秋頃、志望校を聞いた。「△△高校。」・・・様々な条件を考えるとかなり難しい。「そうか。」

高校入試直前になっても!?!「志望校は△△高校!!」 そして見事合格。Bさん「奇跡が起こった。」

 発表当日Bさんのお母さんからの合格の電話。電話の向こうから感動が伝わってきた。お母さんは最後までBさんを信じ続けた。ずっと「不合格でもいいんです。あの子のこと最後まで信じてあげます。」と言い続けた。お母さんと一緒に勝ち取った第一志望校合格。

家族の協力があった。

【人は自分で自分の可能性をつぶしてしまう。しかし、自分を信じ、努力すると可能性が広がる。夢はかなう。】

AさんBさんの二人が実行することで教えてくれた。ありがとう。

そういえば、塾ではよそ見しないで集中する姿が二人に共通していたな。塾で教えていると、こんな素敵なことに立ち会える。

この塾に通っているみんなとこんな感動を分かち合える。

                                             塾長 佐藤

友だち追加

佐藤塾チャンネル